トップページ > 子宮時間 > 冷えにくい体づくり > 夏冷えによる生理痛に気をつけよう! 暑い夏に忍び寄る冷えの影響

夏冷えによる生理痛に気をつけよう! 暑い夏に忍び寄る冷えの影響

夏冷えによる生理痛に気をつけよう! 暑い夏に忍び寄る冷えの影響

夏の暑さがここ数年、年を追うごとに増していっていると感じている読者の方も多いのではないでしょうか。
今年の夏はまた一段と猛暑の兆しで、こんなに暑ければさすがに冷えとは縁遠いと思いがちですが、実際のところ、猛暑になればなるほど夏冷えに悩む女性が増加するという真逆の現象が起こっているというのです。

その理由は、ちょっと冷静になって考えてみれば一目瞭然です。
暑い夏に、みなさんはどんな行動をとることが多いでしょうか?

夏にはキンキンに冷えた飲み物がとても美味しく感じられ、喉も渇くので水分をたくさん摂りますよね。
食べるものにしたって、アイスクリームなど凍った食べ物や、体を冷やす作用があるといわれる旬の夏野菜をたくさん食べがちです。

外出時などは、靴下やストッキングなんて我慢して履いていられないので、素足にサンダル履きが多くなったりします。
家でもオフィスでも、外の暑さとは無縁の涼しい環境が整っていますし、体を動かすと汗をかいて不快なので、涼しい室内にこもりっきりで長時間ジっとしていたりします。

また、習慣的に毎晩お風呂に浸かってから寝るようにしているという人も、猛暑が続いているような盛夏には、シャワーでサっと汗を流してお終いにしてしまうことも多いですよね。

こういった夏の行動は、誰でも行っている夏の日常のひとコマとして、特に問題があるようには思えないかもしれませんが、実際にはいま挙げたすべての行動が夏冷えを引き起こす原因になっているのです。

こうした夏の習慣は、手足を冷やすのはもちろんのこと、内臓など体の中心部をも冷やしてしまいがちで、一つ一つの行動での冷えはそれほどではなくても、大抵は無自覚のままに体を冷やす行動を重ねてしまっていることが多いため、気付いた時には深刻な夏冷えとなって、生理痛など様々な不調を引き起こしてしまっているという事態も珍しくないのです。

女性の体にとって、冷えはいろんな意味で大敵なのですが、夏冷えによって血行不良になりホルモンバランスが乱れるので、婦人科系の問題が起こりやすくなります。

いつもは生理痛なんかないのに、夏だけ生理痛が起きてしまう場合や、夏の生理痛が特別にひどくて悩んでいるというようなケースでは、その生理痛を解消または軽減するため、夏冷えをなくすことをまず第一に考えなければいけません。

それでは、暑い時期ならではの夏冷えは、どんなことに気をつければ解消できるのでしょうか。
具体例を挙げてみていきましょう。

夏冷えを招く要因を解消する具体的なポイントを把握しよう

夏冷えを招く要因を解消する具体的なポイントを把握しよう

まず、飲み物はなるべく常温以上の温度で取るようにしましょう。
暑くて喉が渇くからといって無制限に水分補給をしていては、過剰な水分が体外に放出されないまま、体を冷やすことになってしまいますので気をつけましょう。

また、水の飲みすぎは、東洋医学でいうところの水毒になる恐れもありますので、水分補給はほどほどが良いでしょう。
水分過多になると顔や足のムクミにもつながりますので、体を温めてリンパの流れをスムーズにし、不要な水分を体外に排出してあげるようにしましょう。

夏には特に美味しく感じられるナスやトマト、キュウリなどの夏野菜ですが、たとえ加熱しても体を冷やす作用は失われませんので、夏野菜の食べ過ぎにも要注意です。

そうは言っても、旬の野菜の美味しさは格別ですし、夏野菜をたくさん食べたいという人は、体を温める作用を持つゴボウなどの根野菜と一緒に食べると、温冷作用がいく分相殺されるのでオススメです。

ファッションについても、なるべく肌の露出は少なめにし、体を必要以上に冷やさないようにしたいものです。暑い時には素足にサンダル履きでお出かけしたくなりますが、足は体全体の中でも一番冷え易い部位ですので、ストッキングやフットカバーで保護してあげるように心がけましょう。

冷房の効いた室内で長時間過ごした場合、自覚症状がなくても体は冬以上に冷えてしまっていることもあります。
そんな場合には、物理的に外から体を温めてあげるのが効果的です。

お風呂にゆっくり浸って体の芯まで温めてあげると、エアコンの冷気によって優勢になっていた交感神経の緊張がほぐれ、副交感神経の働きが高まることで、心身ともにリラックスした状態に回復できます。

お風呂と言っても、なにも熱いお湯に浸からなければ効果がないわけではなくて、体温より2度ほど温かいくらいの温度で十分なのです。
ぬるめのお風呂に入る場合には、炭酸風呂にしてみると、血行がより促進されるので温浴効果がアップしますよ。
炭酸風呂専用の入浴剤は市販品だけでも何種類もありますし、ドラックストアで重曹とクエン酸が手に入れば、安価で自家製炭酸入浴剤が作れます。
作り方はとても簡単ですので、興味がある方はネットで検索してみてください。

また、暑いのにお風呂なんか無理という人には、体の局部だけ温めてあげるという手段も効果があります。
お腹や腰を暖めることで、冷え性の緩和に効果が出るといわれていますので、それらの部位にカイロを貼るなどしてみると良いでしょう。

「私の体は冷えとは無縁だから大丈夫」という自信満々な人は、ためしに素手でお腹に触れてみてください。
もしも、手のひらの温度よりもお腹の体温が冷たいと感じたなら、不本意かもしれませんが、あなたの体は芯から冷えているということになります。

おへその下から指4本分の位置にある「丹田」と言われるツボの辺りをカイロで温めてあげると、体の芯からジックリと温めることができます。
丹田を温めることで、内臓からしっかりと温めることができ、交感神経を刺激しますので、基礎代謝をグンと高めることができます。

また 、生理痛がひどい人にオススメなのが、背中側の、お尻の割れ目の始まり辺りにある骨である「仙骨」のあたりをカイロで温める手法。
この仙骨周辺にはたくさんの血管が走っているので、そこを温めるのは内臓や体全体を効率的に温めることにつながり、とても効果的なのです。

それ以外にも、万人ウケしない手法かもしれませんが、下着を着けた状態で股に直接カイロを貼ると、生理痛が解消されやすいという話も聞きますので、百聞は一見に如かず、ちょっぴり破廉恥な感じがするかもしれませんが、ダメもとでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

夏から秋へ、蓄積する空調ダメージを自覚したい

意外と知られていないのが、冷房による室内外の温度差によって、体は想像以上にダメージを受けるということ。
短時間に急激な温度差に体が晒されると、自立神経のバランスが崩れ、体温調整ができなくなるので、さらなる夏冷えを引き起こすという、なんとも悲惨な悪循環に陥りがちです。

クーラーが効いている場所にいる時は、上衣を羽織ったり温かい飲み物を飲むなど寒さ対策をしっかりするようにして、体が感じる寒暖差が1日を通してあまりない毎日が送れるよう、夏の間は特に気をつけて日々過ごしてみましょう。

そして、クーラーは使わない扇風機派の人も、扇風機の使い方には注意が必要です。
猛暑の場合には、どうしても扇風機だけだと暑く感じてしまい、風向き一定のまま 、風量MAXで風を直に体に当ててしまっているケースもままあるかと思いますが、風を直接体に当て続けると、室温の風でさえも体を確実に冷やします。

それではせっかく扇風機を使っても、メリットが薄れてしまうことになりかねませんので、扇風機を使う場合には、風向きは首振りに設定して、風を循環させるようにしましょう。

夏冷えによる生理痛で苦しまなくて済むように、今年の夏は日々の習慣を見直すことから始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事:冷房病に注意! 夏バテ&夏冷えしないためのクーラーの使い方
夏の冷え症が夏バテと肌荒れを連れてくる!
夏の暑さを私たちはどうやって感じ取っているのか? 熱中症を防ごう!
低気圧や台風は女性の体調に影響をもたらすの?

ライタープロフィール

TOMO
長く海外生活を経験し、国際情勢に精通。美食&美酒、ファッション、旅をこよなく愛する。
現在は東京在住。翻訳家&ライターとしても活躍中。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)
知的好奇心を持ち続けて日々を生きること。