トップページ > 子宮時間 > 冷えにくい体づくり > 男性の夏バテを予防したい! 精力減退を防ぐ? 半身浴

男性の夏バテを予防したい! 精力減退を防ぐ? 半身浴

男性の夏バテを予防したい! 精力減退を防ぐ? 半身浴

・男性の夏バテは精子の受精能力を低下させる!?
・夏バテ対策には男性にも「半身浴」がおすすめ
・半身浴は温度によって効果が異なるので注意したい

夏には男性も夏バテする方が多いですよね。
妊活カップル、妊活夫婦にとっては、男女どちらかが夏バテになるだけでも妊娠の成功率が下がってしまうので、できるだけ避けたい要素です。
とはいえただ「気を付けよう」「頑張ろう」と思っても、年々厳しくなる酷暑を無事に乗り切るのは難しいでしょう。

そこで、男性の精力減退を防ぎ、夏の活力低下や夏バテを予防する方法として「半身浴」をおすすめしたいと思います。

女性にとっては自律神経を整える身体に優しい入浴法としてすでに定番となっています。
しかし、男性からして見ればそれほどなじみがあるとは言えないはず。
夏場の男性の健康維持、体力の回復に対して「半身浴」がどのように役立つのかご紹介します。

半身浴は夏にこそおすすめ! もちろん男性にも効果があります

半身浴は夏にこそおすすめ! もちろん男性にも効果があります

男性にも効果があるというより、人間であるならすべからく半身浴にメリットがあると考えられます。

というのも、人間の身体は下半身の方が上半身よりも温度が低く、その差は約6度もあるのだとか。もちろん個人差は必ずありますから、不思議だなと思った方は実際に測定してみるといいでしょう。

このために夏場のクーラー病では下半身冷えが起こりやすく、男女ともに下腹部を中心としてめぐりに支障をきたすようになるのです。

消化器系から自覚できる不調が出てくるのも夏バテの特徴。
腔内に張り巡らされた血管はつながっていますから、下半身に顕著に怒った冷えはまず胃腸へと猛威を振るいます。

半身浴はこの部分に対しても作用し、夏バテの悪化を食い止めるストッパーになってくれるはずです。

意識的に操作できない不随意の領域、内臓の蠕動運動や、副交感神経と交感神経のバランス操作といったいわゆる「無意識の領域」に対して、半身浴は半ば強制的にリセットする力を持ちます。

■主な半身浴の効果
・冷え性改善
・疲労回復
・不眠の解消
・免疫力向上
・リラックス効果
・肌トラブルの解消
・代謝向上
・発汗促進
・デトックス
…etc

夏の半身浴については40度で15分程度が理想という説があります。
基本は38度から40度の範囲で、と言われていますから、違和感のない自分に最適な温度をさぐりさぐり挑戦してみるといいでしょう。

温度がぬるいほど副交感神経を優位に働かせ、筋肉のこわばりを解きほぐしてリラックスしやすくなります。

低すぎても夏風邪の元になってしまいますので、最低でも37度は確保したいところ。
ただし、42度を超えると今度は交感神経優位になって身体を緊張させてしまうので、適温調整には注意なさってくださいね。

関連記事:冷房病に注意! 夏バテ&夏冷えしないためのクーラーの使い方
真夏のストレス「節電」が免疫機能を低下させるかもしれない
夏の危険を回避しよう!熱中症の種類と対策
低気圧や台風は女性の体調に影響をもたらすの?

ライタープロフィール

円谷円谷ミナミ
基本的に斜めの姿勢で世の中を見つめるフリーライター。
性的思考はボーダーレス。ただし多少女性に甘い。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)(沈思黙考・無言実行)
”秘すれば華”を人生を通して実現する方法を模索している。
乙女の窓辺~女性にまつわる、うわさの検証~の四コマ連載中