トップページ > コミュニケ―ション > セックスを楽しむ > 感じる体位は「膣」が決める?

感じる体位は「膣」が決める?

shutterstock_149111510

こんにちは、ライターの佐原です。
誰かと性行為をするとき、安心であるか・安全であるかと同様、「快感を得られるかどうか」はとても大きなポイントになってきますね。

快感を得られるポイントには個人差があるのですが、実は膣で快感を得られる人の中にも、膣別でまたパターンがあるのです。

感じやすい膣・感じにくい膣があるの?

膣には種類がありますが、「感じやすい膣」「感じにくい膣」がある、というわけではありません。
もともと、全ての女性が膣で感じられるというわけではなく、感じる・オーガズムを得られるポイントとしては「膣派」「クリトリス派」「その他」にわかれることが多いです。
膣派とクリトリス派が代表的ではありますが、「その他」も多岐にわたります。

けれど、自分の膣の形質にあった体位で性行為に臨めば、これまでは「感じたことがない」「クリトリス派だと思っていた」というような人でも、膣で感じられるようになるかもしれないのです。

膣の種類にはどんなものがあるの?

性行為での快感の得方に違いが出てくる理由は、膣の「角度」にあります。
お腹の前の方に傾いているタイプを「前傾」、おしりの方に傾いているタイプを「後傾」と言います。
前傾と後傾で、どちらがいい・悪いということはありません。

また、どちらであれば快感を得られる・得られないといった違いもありません。
ポイントは、挿入の角度にあるのです。

挿入の角度を調整するポイント

角度を調整する際のポイントとなってくるのが「フィット感」です。
ぴったりとフィットすればするほど、より刺激を受け取りやすく、また苦痛を感じることが少なくなります。

もし角度があっておらず、ズレや隙間などができてしまっていると、突かれる場所にむりが生じて痛みを感じたり、隙間に毛などを巻き込んでしまって痛い思いをしたりすることがあります。

「感じやすい体位」を見つけるためにできること

「前傾の人は●●」「後傾の人は●●」のように、必ず感じられる体位を定めることは、残念ながらできません。
なぜならば、前傾であれ後傾であれ、角度には大きな個人差があるからです。
自分たちが感じやすい体位は、結局は自分たちで見つけるしかありません。
そのためには、「いろいろな体位に挑戦してみる」「クッションなどを上手に利用する」ことが必要です。

同じ体位でも少し角度を変えただけでグッと快感を得られることがあります。
クッションなどを使えば、無理に力を入れたり、無理な体位になってしまったりすることを防げます。
バスタオルや枕を使うのでもよいですね。

感じる体位を見つけるまでの時間は、もしかしたらとてももどかしく感じられるかもしれません。
けれどその時間を楽しむことができれば、パートナーとの仲は、きっとより深いものになるでしょう。
少しずつ、楽しみながら、二人だけの体位とポイントを探してみてください。

関連記事

感じる体の動かし方 ~後背位(バック)編~
女性が楽しめる体の動かし方 ~騎乗位編~
連載第7夜:オーガズムに達しやすい自分の体位は?
キュアリの連載をまとめてみよう! 女性のための感じるセックス講座

ライタープロフィール

佐原チハル_プロフィール写真

佐原チハル
性に関わるユースワーカーを経てフリーライターに。
ノンセクシュアルでXジェンダー。ハニーと二人三脚で子育てに奮闘中。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)大好きなBL妄想で、日々腐女子力に磨きをかけている。