トップページ > 婦人科 > 生理、おりものからのサイン > 月経前症候群(PMS)の吐き気には、どう対処する?

月経前症候群(PMS)の吐き気には、どう対処する?

月経前症候群(PMS)の吐き気には、どう対処する?

だんだんと世間の認知度が上がってきた感がある、月経前症候群(PMS)。
イライラ、胸の張り、肌荒れ、ムクミ、頭痛や腰痛など、PMSの症状は人によって様々ですが、生理前になるとなぜか分からないけど吐き気がして気持ち悪くなるという症状でお悩みの方が意外に多いようなのです。

乗り物酔いした時に感じるような気持ち悪さや、目がグルグル回るような目眩をおぼえたり、胃がムカムカしたりと、感じ方は人それぞれで、ひどい吐き気とどうつきあっていけばいいのかが分からず、そのまま長年放置している人もたくさんいるようです。

今回は、なぜ生理前に吐き気をもよおし易くなるのか、その理由と、どうしたら吐き気を起こさないで済むのかや、なくせないまでも吐き気を緩和する対処法などについて見ていきたいと思います。

すでにご存知かもしれませんが、PMSの症状はホルモンバランスの乱れによって引き起こされます。
PMSの症状が重い人と軽い人がいるのはなぜかというと、女性ホルモンの働き方やバランスには個人差があるので、PMSの症状にも個人差が出てくるということなのです。

PMSの症状のなかでも、吐き気の場合は、生理前に多く分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響を強く受けて発症するといわれています。
水分を保持する性格が強いプロゲステロンが、平衡感覚をコントロールする内耳に水分を溜め込んでしまうことで目眩を感じやすくなり、クラクラして気持ち悪いのが吐き気につながるようなこともあるようです。

また生理前になると、生理を起こさせるための局所的ホルモンであるプロスタグランジンが分泌されますが、このプロスタグランジンは子宮だけでなく胃腸にも影響を与えるため、吐き気を引き起こしてしまうようです。

そして、このプロスタグランジンの作用はとても強いために、プロスタグランジンをいかに抑制するかがPMSによる吐き気をなくすための肝とも言われています。

PMSによる吐き気の症状が短期間で治らない場合、なにも食べる気になれなくて慢性的な食欲不振になったり、嫌な匂いを伴うげっぷが出やすくなったり、そのような様々な不快感が続くによって精神的にイライラしたりと、症状が長引けば長引くほど、だんだんと悪循環に陥っていきがちです。

長引けばそれだけ体への負担は大きくなってきますので、なるべく早めに対処したいものです。PMSの吐き気を緩和するためには、体内でプロスタグランジンを過剰に作らせない必要がありますが、作られてしまったプロスタグランジンを抑制するための応急処置的方法と、もともとの体質から改善していって、吐き気に悩まないで済むようにするための抜本的改善策と、両方同時に進めていくことができれば、吐き気はずいぶんと楽になっていくはずです。

即効性重視なら、なによりも医薬品に頼ってしまうのがてっとり早いです。
本当は、食事や運動によってPMSが改善できるのが体にとってはベストですが、いま現在苦しんでいる症状をすぐに止めることも、体へのダメージを最小限に止めるという意味で、必要な処置といえます。

市販の抗プロスタグランジン鎮痛剤で対処するのが一番簡単な方法ですが、PMSの症状が出る日数がかなり多く、薬の服用が長期に及んでしまうような人の場合には、自己判断で市販薬をダラダラと服用するのは体のためにも良くありませんし、体質や症状の微妙な違いなどによって薬の効果の出方が違ってくることもあります。
自己判断での薬の服用はなるべく避け、医師や薬剤師と相談のうえ、対処していくのが良いでしょう。

本来の目的とは若干違う用途ではありますが、低用量ピルを服用すれば、ホルモンバランスが安定しますので、PMSの症状はほとんどなくなります。

けれど、ピルの副作用も完全には否定はできませんし、ピルによってPMSとは別の嘔吐感を感じる場合もあるようですので、ここではピルの服用を、そういう解決手段もある、という程度の紹介に留めておこうと思います。

また、医薬品ほどの即効性は期待できないかもしれませんが、ショウガにも吐き気感じなくさせる効能があるそうですので、吐き気を感じたらすぐに、温かい生姜湯やショウガ紅茶などを飲んでみるのもお勧めです。

ただ、本当の希望としては、その場しのぎの応急処置を繰り返すよりも、薬に頼らないで根本から体質改善できるといいですよね。過剰に発生したプロスタグランジンによる吐き気に苦しまないために、まず大事に考えてほしいのが、体を冷やさないこと。

なぜなら、身体が冷えて血行が悪くなると、子宮を収縮させて生理を起こす力が弱まるため、身体は子宮の収縮をより強くするためにプロスタグランジンを過剰に分泌して、無理矢理にでも血液を体外へ押し出そうとするからです。

女性の身体にとっては冷えが大敵であることは、このキュアリ内のコラムでも度々言ってきましたが、今回、PMSの吐き気対策でも、冷え性対策が不可欠ということですね。
冷え症対策については、このサイト内でも様々な方法が紹介されていますので、そちらを参考になさって、色々な方法で温活にトライしてみてください。

また、漢方の力を借りて体質改善を行えば、時間はかかるかもしれませんが、不快な吐き気を軽くしたり、吐き気自体をなくしたりすることも可能なようです。
制吐効果のある半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)や当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などの漢方薬がオススメです。

ただし、漢方薬には即効性がなく、時間をかけてジワリジワリと体の状態を改善していく気持ち的時間的な余裕を持つことが必要ですよ。

月経前症候群(PMS)の吐き気には、どう対処する?

ところで、要注意なのが、PMSによる吐き気だと思い込んでいて、まったく別の原因によって引き起こされた吐き気の場合。
毎月のようにPMSで吐き気を感じていると、それに慣れてしまって異変に気付きにくいですし、PMSの吐き気の症状との違いが判りづらく誤解が生じ易いという問題もありますので、判別方法を知っておくとなにかと便利でしょう。

まず、妊娠初期症状としての吐き気との違いをみていきましょう。
吐き気そのものの症状としては、両者ほとんど区別できない感じらしいのですが、一番分かり易いのが、PMSの吐き気は生理が来さえすればピタリと止まるという事実です。

体温の変化でも区別を付けることができ、体温が下がる気配があればPMS、高温期が続くようであれば妊娠の可能性があります。妊娠初期の吐き気は、炊きたてのご飯の香りにウっと吐き気をもよおす、などという風に、特定の匂いに敏感になることが多いとも言われています。

いずれにせよ、ハッキリしない事であれこれと悩むよりも、心当たりがある場合には、妊娠検査薬を使って白黒付けてしまうのが一番おすすめです。
検査薬の種類にもよりますが、受精したと予測される日から2週間目以降であれば、ほぼ確実な結果が出るようです。

次に、更年期障害での吐き気との違いについて。PMSというと、若い世代だけ関係あることのように感じている人も多いかもしれませんが、PMSは閉経する50代頃まであるのが事実なようです。

最近は、早い人では40歳前後から始まると言われる更年期ですが、更年期による吐き気とPMSによる吐き気、ともにホルモンによって引き起こされる症状なだけに、明確な違いを見分けることは難しそうですよね。

実際の見分け方ですが、PMSによる吐き気は生理が来ればストップするのに引き換え、更年期障害による吐き気の場合には、生理周期とはまったく関係なく起きます。
というのも、更年期障害による吐き気は、卵巣機能の低下によるエストロゲンの減少によって引き起こされているからです。

大豆に含まれるイソフラボンは、体内で女性ホルモンの過不足をバランスよく調整してくれる女性の味方ですので、大豆製品をまめに摂取するように心がければ、更年期障害もPMSにも、どちらの場合にも対処できるということになりますよね。
毎日の食卓に大豆製品を取り入れるようにして、ハツラツとした快適な日々が送れると良いですね。

関連記事:ツライ生理痛に今すぐ対策したい! 痛みを和らげる3つのアイデア
「生理痛の症状」はどこまで含まれるのか
あなたのトラブルも病気かも? PMS・PMDD、月経困難症とは
PMSの症状がある場合、自分にあった緩和を

ライタープロフィール

TOMO
長く海外生活を経験し、国際情勢に精通。美食&美酒、ファッション、旅をこよなく愛する。
現在は東京在住。翻訳家&ライターとしても活躍中。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き) 知的好奇心を持ち続けて日々を生きること。