トップページ > 婦人科 > 生理、おりものからのサイン > 【生理痛対策】今痛い! その時の対処法を知ろう

【生理痛対策】今痛い! その時の対処法を知ろう

【生理痛対策】今痛い! その時の対処法を知ろう

生理痛が今まさにツライ!
そういう時にはまず即効性のある痛み軽減方法を取り入れましょう。
具体的には以下のような方法があります。

1・痛み止めを服用する
2・仙骨を外側から温める
3・おへそを温める
4・痛み止めのツボを押す
5・下腹部を温める
6・腰を温める
7・足の裏を温める
8・ハーブティーを飲む

身体は温まると緩みます。余計な力が抜けるので、子宮にかかる負荷が減り、また、リラックス効果で血流も促進されると言うわけです。
温める部位は、自分でどれが適しているのか探り探り試してみてください。

痛みが出た状況が身体を温められる条件だったとしたら、まずは「仙骨」を試すことをおすすめします。
仙骨は骨盤の一部で、尾骨の上にあり、背骨と骨盤をつなぐ重要な場所です。

お尻の割れ目の上部と言えば分かりやすいでしょうか。
お尻を割れ目から上にたどっていくと、とがった尾骨に当たります。
仙骨はその上にある平たい三角の骨です。

仙骨には仙骨神経嚢があって、骨盤内に神経網を張り巡らせています。
仙骨を温めれば骨盤内(子宮・卵巣)だけでなく全身のストレス緩和につながるので、原因の分からない生理痛にも有効であると考えられます。

おへそ、下腹部を直接温める場合は、「ほんのりと温かい」と感じる程度の温度がじんわりと伝わるようにしてください。
急激に温めると危険です。

足裏に関しては、マッサージと並行してしっかり温めても構いません。
自律神経のバランスを整えてくれるでしょう。
緊張を解きほぐして痛みを軽減し、血行改善に役立つはずです。

生理痛を緩和してくれるハーブ

生理痛を緩和してくれるハーブ

・カモミール
・アンゼリカ
・セージ
・チェストベリー
・キャットニップ
・パートリッジベリー
・マトリカリア(フェーバーヒュー)
・ヤロウ
・ラズベリーリーフ
・レモンバーム
・ローズ
・ローズヒップ
・セントジョンズワート
・ジンジャー
・サフラワー

いずれも血行改善や鎮静作用があるハーブです。
特に人気が高いカモミールは、清涼感のあるリンゴのような甘い香りで心身両面を癒してくれます。

エッセンシャルオイルでも効果が期待できるので、カモミールのオイルをごく少量垂らした温湿布もぜひ試してみてください。

とはいえ、自宅の外では温湿布の用意もままなりません。
生理痛改善のためのハーブは、基本的にはハーブティーとしての運用をおすすめします。

生理痛を素早く止めるには薬の服用もイイ?

生理痛はプロスタグランジンというホルモン物質の分泌過剰が原因だと言われています。
なぜプロスタグランジンが過剰になるのか、そのメカニズムを知れば上記に紹介した対処法がおすすめできる理由も見えてくるはずです。

月経前、黄体ホルモン(プロゲステロン)の働きで1センチ近くに増殖した子宮内膜は、妊娠しなかった場合不要となって排出されます。
子宮がそのために収縮するのですが、冷えなどの影響で固くなっていると子宮口がうまく開かなかったり、剥落した子宮内膜がスムーズに押し出されなかったりして、収縮が強くなるのです。

すると子宮はプロスタグランジンを放出して血管を拡張し、血の巡りを回復しようとします。
このプロスタグランジンこそが痛みの原因物質であり、痛み止めは基本的にこのプロスタグランジンの働きを阻害して痛みを感じなくさせます。

痛み止めは血行を改善したり、子宮のこわばりを解消したりするものではありません。むしろより一層の血行不良を招くことから、あくまで緊急避難的な措置に過ぎないと考えてください。

それでもなお生理痛に対して痛み止めが処方されるのにはいくつかの理由があります。
痛みによって骨盤内のストレスが増える
痛みによる緊張で血行不良が悪化する
痛みが痛みを悪化させる悪循環が予想される

つまり、一時的に痛みを解消し、その間に根本的な痛みの原因に対処する。
痛み止めはその時間稼ぎとしての意味を持つのです。
子宮が固ければ固いほどより強い収縮が起こり、痛みは悪化するでしょう。

子宮を温めること。
血液をサラサラにして流れをスムーズにすること。
リラックスして余計な緊張を取り除くこと。
生理痛がひどい場合には痛み止めも十分価値があります。

ですが、最終的には子宮の状態改善が最大の対策なのです。
痛み止めを服用しても痛みの原因そのものはなくならないのだと認識して、地道なケアに取り組むことをおすすめします。

関連記事:ツライ生理痛に今すぐ対策したい! 痛みを和らげる3つのアイデア
生理痛に関するアンケート 生理痛がつらくても「どうしていいかわからない」女性たちへ
ゼラニウムとラベンダー、生理痛対策にどちらがいいの?
タイミング最悪~!生理中の旅行を楽しめる方法3つ

ライタープロフィール

円谷円谷ミナミ
基本的に斜めの姿勢で世の中を見つめるフリーライター。
性的思考はボーダーレス。ただし多少女性に甘い。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)(沈思黙考・無言実行)
”秘すれば華”を人生を通して実現する方法を模索している。
乙女の窓辺~女性にまつわる、うわさの検証~の四コマ連載中