トップページ > 婦人科 > 婦人科検診 > 薬を飲むだけじゃない! 月経の辛さを緩和する方法とは

薬を飲むだけじゃない! 月経の辛さを緩和する方法とは

shutterstock_241644682
こんにちは、ライターの佐原です。
PMSやPMDD、月経困難症などの、月経にまつわる様々な症状には、服薬で対処するのが基本です。

月経にまつわるトラブルや不快な症状は、そもそも我慢しなければいけないものではありませんし、それらのトラブルは少なくない場合で、生活に支障を来すレベルの症状であったりもするのです。

我慢や、気の持ちようや、ちょっとした日々の工夫などでどうこうできるものでもありません。
とはいえ月経と付き合っていくにあたっては、身体のベースを日頃から整えておくことで、薬をただ服用するだけである場合と比べ、より症状をやわらげることができるようになる場合もあります。

月経の辛さを緩和する生活習慣・1:食生活

食事を取る際には、バランスよく栄養を摂ることに加え、「規則正しい食事の時間を持つ」ことを意識してみてください。

仕事・家事・育児・介護などに追われていると、ついつい、自分の食事のことは後回しにしがちです。

けれど、決まった時間に食事をとる習慣は、とても大切です。
積極的に摂りたい栄養素としては、ビタミンとミネラルがあげられます。
野菜・海藻類・豆類などに多く含まれています。

また月経期間中は特に、カフェインやアルコール、刺激物などを控えた方が症状が軽くなる、という方は少なくないようです。

月経の辛さを緩和する生活習慣・2:身体を動かす習慣をつける

ジムに通う、毎朝ジョギングをする……などのレベルとなってしまうと、「とてもじゃないけど無理!」と感じてしまう方も多いかと思います。

そのような場合、まずはラジオ体操を行ってみるのでもよいでしょう。
散歩や、お風呂上りのストレッチなどもおすすめです。

もし、もう少し運動を行うことのできる時間をとれるようであれば、水泳やウォーキングなどの全身運動を行うようにしてみて下さい。

激しいスポーツである必要はありません。
全身を動かし、血行をよくすること、また気分転換できることが大切なのです。

月経の辛さを緩和する生活習慣・3:リラックスできる時間を作る

忙しければ忙しいほど、後回しにされてしまうのが「何もしない」「リラックス」の時間ですが、本当はそんな時ほど、心も身体もゆるやかにできるような時間が必要です。
リラックスの方法は様々です。

ハーブティーを飲むのもいいですし、エステやマッサージに出かけるのもよいでしょう。
どのようなものがよいのかは人それぞれです。
自分はどのようなものでリラックスできるのか、まずはそれを知ることが大切です。

月経の辛さを緩和させるには、まずはひとりで我慢せず、医師に相談し、適切な治療方針を持つことが大切です。

けれど日々の生活を整えることは、月経の辛さ緩和だけでなく、自身のトータルヘルスを考える上でも大切なことです。
自分を甘やかし、いたわってあげられる癖をつけましょう。

関連記事:生理にまつわる症状は種類分けして考える
生理痛がつらくて困っている女性はまず「緩和」から始めよう
辛すぎる月経を楽にする検査と治療法って?
薬に頼らない生理痛緩和方法

ライタープロフィール

佐原チハル_プロフィール写真佐原チハル
性に関わるユースワーカーを経てフリーライターに。
ノンセクシュアルでXジェンダー。ハニーと二人三脚で子育てに奮闘中。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)大好きなBL妄想で、日々腐女子力に磨きをかけている。