トップページ > 子宮時間 > 冷え、体質改善をしてくれるお店 > 暑い夏、いつの間にか女性の身体を蝕む「冷え」の影響

暑い夏、いつの間にか女性の身体を蝕む「冷え」の影響

女性にとって「冷え」は万年病!?夏の「冷え」を知ろう!

shutterstock_207773023
夏の日本は世界でも有数の不快指数を誇ります。
そのため、オフィスや商店ではついついクーラーの温度を下げがちです。
加えて常にドライ機能を稼働させている所も少なくないでしょう。

男性の場合は機能的にも熱に弱いので、そういった環境でも快適に過ごせるかもしれません。
しかし、女性の場合はそれらが恐ろしく危険な条件となります。

男性の比重が大きな仕事場では、特に空調管理は男性優位なものとなります。
蓄積する冷えは、我慢すればいいというものではないのです。

体に冷えの影響を溜めこみ、我慢を続ければ何が起こるのか、どのようなリスクがあって、それからどうなってしまうのか。
なんとなく調子が悪いけれど、原因が判らないという方も多いでしょう。
もしかしたら夏の「冷え」を知ることで、その正体が判るかも知れませんよ。

まずは夏の「冷え」について知ることから始めてみませんか?
冷え性改善の「エミリア」の濱さんにお話を伺いました。
ぜひご参考になさって下さい。

夏は「冷え」だけじゃない!?女性にとっての「危険」

-夏の環境が女性にもたらす影響を教えて下さい-

夏の悩みといえばまず思い浮かぶのが「冷房病」外気温と室内温との差で自律神経が乱れ、胃腸や代謝の機能低下によりより冷えを酷くさせます。
夏の暑さは「ストレス」のひとつです。

ストレスというと人間関係や仕事や家庭の悩みなど心的ストレスを考えがちですが、人は外的ストレスも受けています。
ストレスがかかることで交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、身体に影響をおよぼすのです。

夏の暑さを乗り切ろうと冷たい物を食べたり飲んだりする機会も増えるでしょう。
胃腸からくる冷えと共に、冷房による体外からの冷え、汗が出て行かず、また、薄着による冷えの進行で代謝も悪くなって行きます。

熱帯夜は寝不足に直結し、睡眠を確保しようと一晩中冷房をつければそれもまた「冷え」を助長する悪循環となるのです。

冷房の冷えが原因で夏場は生理痛がひどくなったり、腹痛を起こす経験をした方も多いのではないでしょうか。

私が昔、冷えが酷い時は、夏場は特にスーパーに買物に行くのも憂鬱でした。
特に生鮮食品売り場の前はなるべく通りたく無かったものです。
そんな状態なのに室温で過ごすと必ず具合が悪くなりました。
それだけ身体が冷えきっていて温度に対応できなくなっていたのです。

このように重度の冷え症になると、肩こり、腕のしびれ、頭痛、腹痛、食欲不振、便秘、だるさ、むくみ、など身体のあちこちに症状が出てきます。

鎮痛剤等を常用し過ぎれば、これもまた身体の冷えにつながるので、薬より身体を温め血行を良くする方が健康的なのです。
冷えを「自覚していない」または「甘く見ている」と将来的には病気に繋がりかねません。

これだけは知っておきたい!夏の「冷え」基本対策

-最も基本となる、これだけでもやっておきたい!という対策を教えて下さい-

ぜひ基本として知っておいていただきたい対策としては、「栄養のある食事」「適度な運動」
「身体を冷房にさらさない工夫」
が大切だと考えます。

食事:冷たい飲み物を控えて白湯や温かいお茶を摂る食欲が無くても栄養バランスを考えた食事を摂る
(カロリー摂取と栄養は違います)

運動:朝や夕方少し気温が下がった時に手を大きく振ることを意識しながら歩く
(大きな筋肉(僧帽筋・腕の筋肉・太ももの筋肉・ふくらはぎ)を意識的に動かすと効率よく熱を作ることができます)

服装:外出の際は一枚羽織るものを持って行きましょう
首元に1枚スカーフがあるだけで身体への冷えの影響が変わります。

また、おしゃれも大切ですが、冷え症の人は特に腰回りを冷やさないように気をつけましょう。
下腹部からソケイ部にかけては腸、婦人科系の臓器があり、また太い血管が下肢に流れるところなので注意が必要なのです。

キュアリより

「エミリア」濱さんは、ご自身が冷えによる苦しみを体験なさったからこそ、
女性の心身に寄り添った健康への取り組みをなさっているのだとキュアリは思います。

今回伺った「夏の冷え対策」はベーシックなものですが、これまで何ら対策をなさっていなかったという方には十分な工夫となるのではないでしょうか。

「自分は大丈夫」という思いが、将来の不安の元となります。
ぜひ今のうちに、ご自分の身体を大切にする工夫を始めて下さい。
キュアリは全力で女性の皆様を応援しております!
濱さん、ありがとうございました。

今回伺った内容は、次回【夏の女性を守る「代謝を上げるスパイス」の話】に続きます。
もしご興味おありでしたら、ぜひご覧ください!

関連記事:夏の女性を守る「代謝を上げるスパイス」の話
肌荒れと冷え性の根本は同じ!冷え改善のオンセラとは?
内臓の冷えがニキビとして現れる
低体温の改善を冷え症改善サロンへ聞きました!

サロン情報

hamaemi


エミリア

東京都練馬区関町南4-14-32-701

 

<冷え症改善 温熱療法オンセラボディケア>
・全身ケア(60分)10,000円
<オンセラフェイシャルエステ>
シミ・シワ改善コース(60分)12,000円
美白コース(70分)15,000円
スペシャルコース(80分)25,000円

インド料理・スパイスの講座も行っております。

インド料理・スパイスの講座