トップページ > 子宮時間 > 冷えにくい体づくり > 低体温の改善を冷え症改善サロンへ聞きました!

低体温の改善を冷え症改善サロンへ聞きました!

冷え症改善サロンエミリアの濱さんに基礎体温について、そして女性で少なくないと言われている低体温についてのご意見を伺いました。

低体温が引き起こすものとは?

低体温

-低体温が体にとってよくない理由は何かありますでしょうか?-

まず、基礎体温で分かることは…
①排卵の有無
②毎月のパターンから排卵日が予測できる
③黄体機能不全の有無
④不正出血の原因の有無が分かる

等が上げられます。

基礎体温は外気温、睡眠時間、体調、前日飲酒の有無など様々な理由で変動します。
ですから朝起きて直ぐ基礎体温計で測定し記録します。

正常な基礎体温は低温期と高温期に別れその温度差は0.3℃以上あることが望ましいとされています。

妊娠を望んでいる方はもちろん、自分の月経サイクル、ホルモンの変化など婦人科系の病気予防のためにも基礎体温は理想的な状態であることが望ましいのです。

反対に基礎体温が乱れているとか、低体温であればお医者様に相談するきっかけになりますし、毎日基礎体温を測っていると診察時にお医者様に相談しやすいです。

低体温は基礎代謝の低下、免疫力の低下、体内酵素の低下等を引き起こしますし、がん細胞は35℃を最も好むと言われています。

以上のことなどから、ご自身の基礎体温を測って身体の状態を知っていることはとても大切なことです。

下半身を冷やさない

-低体温を改善するためのアドバイスをお願い致します。-

最近は冷え、冷え症、低体温の女性が増えています。

若いうちは「お洒落するには寒さは我慢」する方もみかけますが、女性の身体はとてもデリケートです。
ストレスからくる自律神経の乱れが月経不順に繋がったり、冷えて血行が悪くなることで生理痛がひどくなったり、イライラ感などにも繋がります。
妊娠を希望される方は身体が冷えていると妊娠しにくい、妊娠を維持しにくいとも考えられています。

基礎体温を上げる、低体温の改善には「身体を温める」ことが大切です。

①外側から温める
=着るものに気を配る(手首、足首、首まわりを暖かくしておく)

②食生活の改善
=栄養バランスのとれた食事、生物などより温かい物をとる

③適度な運動
=ウォーキングや室内で出来る軽い運動をする

④質の良い睡眠
=朝日を浴びる。夜更かしをしない

⑤ストレスの発散をする
=好きな映画などを観て笑う、涙する(感情を開放する)

などを心がけてみてください。

また「(腰から下の)下半身は冷やさない!」ようにしましょう。
基礎体温の乱れ、低体温を改善するには身体を温めて血流を良くすることをめざしましょう。

身体と心はつながっていますので、自律神経のバランスが整っているとホルモンバランスも整っていきます。
まずはご自身の生活習慣の見直しから始めて見てください。

当サロンでは婦人科系のお悩みがある方は温熱療法オンセラで臍まわり、下腹部、尾骶骨まわりを温め、ストレスを抱えている方は背骨の両脇から背中全体を温めながらほぐす施術をしています。

関連記事:肌荒れと冷え性の根本は同じ!冷え改善のオンセラとは?
内臓の冷えがニキビとして現れる
低体温?理想の基礎体温表に近づくために工夫を始めましょう
夏の女性を守る「代謝を上げるスパイス」の話

サロン情報

濱恵美

エミリア
東京都練馬区関町南4-14-32-701

 

<冷え症改善 温熱療法オンセラボディケア>
・全身ケア(60分)10,000円

<オンセラフェイシャルエステ>
シミ・シワ改善コース(60分)12,000円
美白コース(70分)15,000円
スペシャルコース(80分)25,000円

インド料理・スパイスの講座も行っております。

インド料理・スパイスの講座