トップページ > 子宮時間 > 冷えにくい体づくり > 夏・暑い季節にオススメのスポーツで「強い身体」を作ろう!

夏・暑い季節にオススメのスポーツで「強い身体」を作ろう!

夏・暑い季節にオススメのスポーツで「強い身体」を作ろう!

こんにちは、佐原チハルです。
“健康維持”のためには、体を動かすこと、運動が大切です。
けれど暑い季節は、ただ立っている・座っているだけでも消耗するもの。
ただでさえ運動は、行おうと思ってもなかなか実行しにくいものですが、暑い季節ではなおさらです。

そこで今回は、夏・暑い季節でも楽しめるスポーツと、楽しむためのポイントをご紹介してみたいと思います。

1、夏の醍醐味は、やはり「水泳」!

水泳は、本来的には季節を問わずオススメできる、運動効果の高いスポーツです。
水中運動ですから、日頃の陸上生活では使われない筋肉が鍛えられます。全身運動ですし、心肺機能も鍛えられます。
膝や腰を痛めている人でも、(本格的な競技レベルでなければ)軽めの負担で取り組むことができます。

水中では浮力がはたらくため、陸上運動よりも下半身への負荷を軽減できるのです。
その一方で全身にかかる負荷は、水中は陸上以上です。
たとえ“立っているだけ”でも、水圧が負荷をかけてくれるのです。
水泳はダイエット向きのスポーツでもあるのですね。

さらに、水中は外界の雑音が遮断されているので、自分と向き合いたい、静かな環境で体を動かしてストレス発散したい、という場合にもオススメできます。
水泳が特に夏向きである理由は「プールと自宅間の移動で風邪などを引く可能性が冬よりも低い」「熱中症になりにくいスポーツである」の2点です。

物理的には後者が特に重要ですが、「行き帰りが寒くない」というのは、水泳を行う際のモチベーションの維持にはとても大きなポイントになります。
「水泳に興味がある」という場合は、冬よりも夏に始めてみるのがオススメですよ。

2、木陰道のハイキング

木陰道のハイキング

ハイキングとは、“山道などを歩く”スポーツです。
散歩のような軽めのものから、登山やトレッキングなどと呼ばれるような本格的なものまでを含んでいます。

今回オススメしたいのは、「少し息が上がって疲れるけど、無理なく自分のペースで楽しめる」程度のハイキングです。
ハイキングは、水泳と同じ“有酸素運動”。有酸素運動とは、筋肉を動かすために酸素が必要とされるスポーツのことです。
健康にいいのはもちろんのこと、ダイエット・シェイプアップにも効果的です。

場所を選ぶ必要はありますが、日本でも「日陰であれば夏でも涼しい」場所は多数あります。
そんな山道を、季節を感じられる蝉の声など聞きながら歩くのは、ストレス発散にもなります。

それを完全に自分のペースで行えるのが、ハイキングのよいところですね。
本格的、とまではいかないハイキングであれば、装備にもそれほどお金はかかりません

3、夏のスポーツ、最大の注意は「熱中症」!

夏の日差しや暑さは、体に深刻なダメージを与えることがあります。
熱中症では、毎年残念ながら死者も出ていますし、救急車で運ばれた・倒れた・深刻な症状になりかけた、という話を身近で聞く機会のあった人も多いでしょう。

身の安全を守るためにも、屋外スポーツはできる限り避けましょう。屋内であっても、空調が十分に聞いていないような場所のときには注意が必要です。
たとえば、2010年に熱中症で亡くなった方の45%は、屋内での発症だったそうです。屋内であっても油断はできません。
市民体育館などは、温度管理も公的な基準で定められ行われています。利用料も安価であることが多いですので、運動場所として手軽です。

また熱中症対策として、最近注目されている“経口補水液”について、知識を確認しておくと安心です。
「通常時の水分補給には適さない」「凍らせての持ち運びは厳禁」など、注意しておきたい点もありますので、正しく使えるように準備しておきましょう。

安全に気をつけて行うことさえできれば、スポーツは、生活をとても豊かにしてくれるものになりえます。
上手に付き合っていきたいですね。

関連記事:季節に合わせて適切な量の水分補給をしよう
夏の運動不足は不妊治療の大敵! 夏バテ予防と夏の運動のポイントを押さえておこう
忙しくても大丈夫! さっと作れる“夏バテ料理”とは?
夏の暑さを私たちはどうやって感じ取っているのか? 熱中症を防ごう!

ライタープロフィール

佐原チハル_プロフィール写真

佐原チハル
性に関わるユースワーカーを経てフリーライターに。
ノンセクシュアルでXジェンダー。ハニーと二人三脚で子育てに奮闘中。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)大好きなBL妄想で、日々腐女子力に磨きをかけている。