トップページ > 子宮時間 > 冷えにくい体づくり > 女性ホルモンの影響!? 女性は「歯周病」になりやすいって知ってた?

女性ホルモンの影響!? 女性は「歯周病」になりやすいって知ってた?

女性ホルモンの影響!? 女性は「歯周病」になりやすいって知ってた?

・女性ホルモンを栄養源にする歯周病の原因菌がある
・歯周病リスクが高まるタイミングに注意したい
・思春期、妊娠中、更年期などに歯周病リスクは高まる

女性は男性よりも歯周病リスクが高いと言われています。理由は単純。
歯周病を引き起こす原因菌の中には「女性ホルモン」を餌にするものがあるのです。
女性ホルモンは女性特有の性ホルモンのこと。
ですからこのために女性は男性よりも歯周病になりやすく、注意が必要というわけです。

女性ホルモンの影響で歯周病になりやすくなる。
そう言うと女性ホルモンの分泌量が増えた時に歯周病が現れるのではないかと思いますよね?
でも、実は歯周病リスクが高くなるタイミングは「女性ホルモンのバランスが崩れた時」なのです。

つまりはまだまだ生理周期が整わない思春期。ホルモンバランスが激変する妊娠中。
そして女性ホルモンの分泌量が急激に減少する更年期。この3つのタイミングにしっかり注意してください。

女性は生理前に「歯がむずむず」する人も多いらしい

女性は生理前に「歯がむずむず」する人も多いらしい

女性ホルモンのバランスが変動するタイミングと言えば生理前もそうですよね。
実際、月経前症候群(PMS)の症状の一環として「歯のムズムズ」「歯の痛み」が現れる方もかなりの人数になるのだとか。
どうして歯がムズムズするのかというと、ホルモンバランスが崩れて抵抗力が弱ること。

そして、女性ホルモンを餌にする歯周病菌が増えることが原因だと言います。
女性ホルモンは血管を通して女性の身体の端々まで行き届いていますから、子宮や卵巣から離れた口腔もまた影響下にあるのは当然です。

女性の歯周病リスクが高い理由は納得できたとしても、その状況を放置するわけにはいきませんよね。
歯は一生の財産ですし、歯の喪失に至る可能性がある環境をそのままにして不快感を我慢していても、何ら解決にはつながらないのですから。

女性ホルモンの影響を乗り越えて歯周病を撃退する!

歯周病になりやすい女性が歯周病にならないようにするには?
以下のように取り組みましょう。

1.歯磨きを丁寧にする
口腔ケアをしっかり丁寧に行うようにしてください。
歯茎が過敏になって女性ホルモンが増えている時こそ、しっかり歯磨きしてプラークコントロールを心がけるのです。

歯茎を磨くのではなく、隙間、歯の表面にこびりつく汚れ、そしてバイオフィルムを破壊した上で、薬用歯磨きの殺菌効果を届けるようにするといいでしょう。
出先でも昼休みなどに軽く歯磨きをすることをおすすめします。

2.歯ブラシを柔らかいものにする
女性ホルモンの影響下にある時、歯肉は非常に敏感になっています。
歯ブラシが固いと余計なダメージや傷を負わせかねないので、先細タイプなど柔らかい歯ブラシを試してみてください。

3.正しいブラッシングの方法を学ぶ
どんなに丁寧に磨いていても、磨き残しがあっては台無し。
そこで、隅々までしっかり歯磨きできるように正しいブラッシング方法を学んでください。医師に相談すると早いですよ。

4.よく眠り、よく食べ、無理なく動く
生理前などに女性ホルモンの影響が強く出るのは基礎体力が減退しているサインとも考えられます。
よく眠り、よく食べ、つらくない範囲でウォーキングや散歩を行い、体力の向上を図りましょう。

一見すると当たり前のように思えるかもしれませんが、「当たり前」のことこそ継続したり、きっちり手抜きせずに習慣づけしたりすることが難しいのです。
ぜひ自分が歯周病でないかチェックして、早期発見、早期ケアを心がけていただきたいと思います。

関連記事:女性ホルモンはなぜ子宮や卵巣の機能を操作できるのか
保湿だけじゃない! 女性にうれしいココナッツオイルの効用
アロマを活用して女性ホルモンのバランスを整える
「肉食女子」は、ホルモンバランスの乱れによるオス化が原因!?

ライタープロフィール

円谷円谷ミナミ
基本的に斜めの姿勢で世の中を見つめるフリーライター。
性的思考はボーダーレス。ただし多少女性に甘い。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)(沈思黙考・無言実行)
”秘すれば華”を人生を通して実現する方法を模索している。
乙女の窓辺~女性にまつわる、うわさの検証~の四コマ連載中