トップページ > 子宮時間 > 冷えにくい体づくり > ゲルマニウム温浴とは? 熱い夏に温浴するメリットはあるのか

ゲルマニウム温浴とは? 熱い夏に温浴するメリットはあるのか

ゲルマニウム温浴とは? 熱い夏に温浴するメリットはあるのか

・ゲルマニウム温浴とはどのようなもの?
・どんな効果があるの?
・夏にもおすすめなの?

夏になるとどうしても活力や意欲が低下し、食欲不振からさまざまな症状を呈する方が増えます。
いわゆる「夏バテ」の状態ですが、そうなると免疫力の低下や活力の減退などの問題が芋づる式にやってきて、夏が過ぎ去った頃にはすっかり体調を崩してしまう。そういうケースが少なくありません。

女性の健康を「冷え性」「生理痛」「不定愁訴」「妊娠しやすい体づくり」から考えるとき、夏バテは大変なリスクを孕んでいます。

暑い中でも内臓型冷え性は起こりますし、そうなれば内臓の冷えに連動して生理痛や不定愁訴が増え、「妊娠しやすい身体づくり」に逆行する事態に陥るでしょう。
かといって、冬場のような冷え性対策では熱中症になってしまいますよね。

夏バテは対症療法よりも事前の予防や体力づくり、疲労の連鎖を食い止める工夫が大事です。
そこで、女性に人気が高い「ゲルマニウム温浴」に注目して夏バテ対策としての価値を検証してみました。

ゲルマニウム温浴の基本的な効能と夏バテ対策としての意義

ゲルマニウム温浴の基本的な効能と夏バテ対策としての意義

■ゲルマニウム温浴の効果・効能
・そもそも「ゲルマニウム温浴」とは

ゲルマニウム温浴とは温泉などと異なり、手足だけをゲルマニウム溶液に浸すものです。
溶液の温度は42度から43度。
半身浴の適温より少し高い程度のお湯です。
トリートメントにかかる時間はおよそ20分。

効果に個人差があるので、あまりにも暑がる方の場合は短くなる可能性もあります。
有機ゲルマニウムの粉末を溶かしているため、浸した手足からゲルマニウムが浸透してデトックス効果などをもたらすのだとか。

・ゲルマニウム温浴の効果
1・デトックス効果

発汗促進、新陳代謝の活発化効果があるため、滞留していた毒素の排出に役立ちます。
発汗とともに尿や便などの排出も促し、蓄積した老廃物を一挙に押し流す作用があるのです。

2・ダイエット効果
滞留毒素はさらなる巡りの悪化を呼びます。デトックスによって栄養分の循環、吸収率が高まって身体の機能が強化されるため、余剰エネルギーの定着(肥満)を防ぐのです。
これがゲルマニウム温浴による「脂肪燃焼効果」として知られています。

3・アンチエイジング効果
細胞レベルで活性化するので、肌、筋肉、内臓のアンチエイジングに役立つのだとか。
これは近年女性の間で話題となっている「卵子の老化」予防にもいい影響があると思われます。

4・冷え性改善効果
手足から全身の細胞に働きかけるゲルマニウム温浴は、各種冷え性の改善に役立ちます。
ただし、器質的要因による冷え性がある場合には適用されないことがあるので利用前に相談してください。

結論・ゲルマニウム温浴は「夏バテ」に効果あり!

ゲルマニウム温浴は単なる温浴とは一線を画す健康法です。
身体の基本的な働きを強化するので、夏に低下した新陳代謝や免疫力を高めるにはうってつけ。
夏バテ解消の一手として充分に効果を期待できるでしょう。

また、夏にはぼたぼたと汗が流れてぼんやりするという方がよくいらっしゃいますが、それは熱中症の症状のひとつです。

熱中症になりやすい方は体力が減退している証拠ですから、こうした健康法で滞留毒素の問題を解消し、巡りを整えるだけでもかなり元気を取り戻しやすくなるはず。
暑い夏にも「ゲルマニウム温浴」は意義があるのか?
この疑問に対しては「おすすめ!」と回答させていただきたいと思います。

特に毎月ホルモンバランスが大きく変動する女性の場合、もともとの「耐久力」が低いと夏バテ、秋バテを引き起こしやすくなるのです。

卵子の老化が不妊症に結びつくこと、妊娠可能限界年齢を引き下げてしまうことが知られるようになった昨今では、夏バテや秋バテが女性機能に与える影響力もよく注意されるようになりました。

夏バテ、秋バテは身体の老化を促進し、女性の不妊症リスクを高めるでしょう。
血管を弱らせ、血液の状態をも悪化させるので、血管障害などそのほかの病気リスクにもつながりかねません。

暑い夏、夏バテから不健康のスパイラルに飲み込まれそうな女性は、ぜひゲルマニウム温浴を試してみてください。

関連記事:重炭酸浴って何? パートナーと一緒に試してみたい効果とは
夏が近づくと体調を崩しやすくなる理由
普通のお風呂と違う!! 冷え性対策に「泡風呂」がいいって知ってた?
男性の夏バテを予防したい! 精力減退を防ぐ? 半身浴

ライタープロフィール

円谷円谷ミナミ
基本的に斜めの姿勢で世の中を見つめるフリーライター。
性的思考はボーダーレス。ただし多少女性に甘い。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)(沈思黙考・無言実行)
”秘すれば華”を人生を通して実現する方法を模索している。
乙女の窓辺~女性にまつわる、うわさの検証~の四コマ連載中