トップページ > 子宮時間 > 冷えにくい体づくり > 秋バテによる冷え性には、どう対処すればいいの?

秋バテによる冷え性には、どう対処すればいいの?

秋バテによる冷え性には、どう対処すればいいの?

秋バテと冷え性の関係をご存知ですか?

今年は一段と酷暑になるとの予報で、猛烈に暑い夏を乗り越える覚悟が求められていますが、皆さん、そのための準備はできているでしょうか。
そして今年は、夏の暑さが一段落してからも気が抜けませんよ。
それというのも、酷暑の年には夏バテ以上に注意しないといけない「秋バテ」が控えているからです。

夏バテに比べて、まだ知名度が高くない秋バテですが、実際に医療の現場でも、秋バテに悩む人が年々急増している切実な実態があるようです。
このコラムをお読み方の中にも、ただ単に秋バテという言葉を知らなかっただけで、実は秋バテ経験済みという、秋バテの潜在患者もいらっしゃるかもしれませんね。

ところで、夏バテと秋バテの違いってご存知ですか?
世の中にクーラーが普及するようになって以来蔓延している冷房病やら、夏の生活習慣によって体が冷えて発症する夏冷えや内臓冷えが社会問題になるようになって、それらも含めて夏バテと大まかに定義されているケースを見かけることも多くなりましたが、本来、夏バテとはただ単純に暑さのせいで体調がおかしくなったり食欲がなくなったりすることで、お年寄りや子供など体力が弱い人や、胃腸など内臓機能が強くない人がなることが多い、いわゆる暑気当たり現象のことを指します。

それにひきかえ秋バテの場合は、体力の度合いや内臓の強さとは関係なく、誰でもなる可能性があります。
というのも、実は秋バテは、夏に冷房病、夏冷えや内臓冷えを起こしていた人が、体を冷やす夏の悪習慣を放置し続けてその症状が長期化&深刻化した結果、冷え切った体のままで秋を迎えたことが原因で起きているケースがほとんどだからなのです。

こんな風に見てくると、秋バテ対策としては、冷房病や夏冷え対策と同じ対処法を取れば良いということは明らかですよね。

秋バテによる冷え性には、どう対処すればいいの?

現実問題として、秋バテになるとどんな症状に悩まされるのでしょうか。

・だるくてやる気が起きない
・食欲がなく、胃が重い
・ちゃんと寝てるつもりなのに眠くてしょうがない
・眠いのに寝られない
・ひどい肩こりや頭痛に悩まされる
・めまい、立ちくらみがする
・風邪をひきやすく、ひくとなかなか治らない

以上のような秋バテの症状が複数当てはまるようならば、たとえ自覚症状に乏しくても、秋バテになってしまっている可能性大といえます。

秋バテになる主な原因は、クーラーで体を冷やしすぎたり、温度差が激しい環境にしばしば身を置くことによる自律神経の乱れ、または、冷たい飲食物の摂りすぎによる内臓冷えとされています。

すべての元凶は冷えにある、と断言できるのです。
ということは逆に言えば、秋に冷え性対策をしっかり行いさえすれば、秋バテの予防や改善につながるということでもありますよね。

一般的な冷え性対策に関しては、このキュアリのサイト内でもたくさんの記事が載っていますので、そちらも大いに参考にしていただいて、ここでは秋バテならではの冷え性対策に絞って見ていくことにしましょう。

秋バテの主な原因が判明したところで、秋バテを防ぐには体を温めること、自律神経の働きを正常化すること、この2点が肝心ということはなんとなくお分かりいただけていると思います。

自律神経系は、交感神経と副交感神経の微妙なバランスによって制御されていて、体が冷えると自律神経系の働きが鈍くなりますので、とにかく体を冷やさないことが秋バテにならないための一番の肝といえそうです。

体を冷やす夏の悪習慣を断ち切り、体を冷やさない生活習慣に切り替えることが、秋になってからの急務といえるでしょう。

体を温めるためには、まずは口に入れるものから見直してみましょう。
飲み物は冷えたものをできるだけ避けるのはもちろん、秋になると涼しくなってくるので、なるべく温かいものを飲むようにすると良いでしょう。

旬の野菜も、体を冷やす夏野菜と比べると、秋から冬に旬を迎える野菜の中には、カボチャやサツマイモなど、体を温める作用を持つものが多くあります。

同じように体を温める効果がある、ネギや生姜、ニンニクといった香味野菜や、胡椒やカレー粉などのスパイスなども駆使して、体が芯から温まる料理を毎日の食卓に乗せられると良いですね。

特に秋は、夏バテ疲れが抜け切れていないこともあり、疲労が溜まっていたりしますので、疲労回復効果が期待できるビタミンB1をたくさん含む豚肉、大豆や昆布などの食材を多めに摂るようにすれば、秋バテ撃退効果大ですよ。

秋になって涼しくなってきても、オフィスなどでは冷房が夏真っ盛りの頃と変わらない温度設定になっていることもあったりして、必要以上に冷房が効きすぎているような場合もあります。

また、秋になると朝晩が予想以上に冷え込んだりすることもあって、残業帰りや飲み会帰りで遅くなった時に、冷気によって風邪をひいてしまうなんてことも無きにしも非ずです。

秋は夏とは違って、日中の気温と朝晩の気温との温度差が大きい日も多いですから、簡単に体温調整できるものを用意しておく必要があります。
寒いと感じた時にはすぐ羽織れる上着や、首に巻けるストールなどを常に携帯しておくと心強いでしょう。

スポーツの秋といわれるだけあって、秋は体を動かすのにはベストなシーズンでもあります。日中はまだまだ残暑が厳しくても、真夏の時期と比べると秋の朝晩はずいぶんと過ごし易いものです。

そういった涼しい時間帯を利用して、体を動かしてみましょう。
運動することで自律神経の働きも整いますし、筋肉量がアップして代謝が上がり、自ら熱を作り出せる体造りができれば、冷え性も改善できます。

体を動かすことで血行が良くなれば、 体内に溜まっていた疲労物質を流してくれますので、秋バテ予防になると共に、しつこく居座る夏バテを払拭することもできるでしょう。
また、汗をかくことでストレス発散にもなりますので、良い事づくめです。

身体の冷えを改善するためには、なんといっても、体の血液の70%が集まる下半身を温めるのが一番効果的といえるでしょう。
筋肉を温めると温浴効果がさらに高まるそうなので、大きい筋肉がある太ももやお腹を温めると効率良く冷えを解消することができます。
お風呂に浸かるのがいいことは分かっていても、残暑が残る初秋などは、サッとシャワーで済ませたいというのが本音かもしれません。

そんな時には、38度程度のぬるめの湯に、クールタイプの入浴剤を入れて入浴してみましょう。
普段よりも心持ち長めに湯に浸かるようにし、しっかりと時間をかけて体の深部を温めて軽く汗を流すと、しつこい倦怠感もほぐれていくことでしょう。

秋バテの主な症状のひとつである肩コリや頭痛も、このようにジンワリと体を温めることで軽くなったり解消できたりします。
温浴でも取りきれないしつこい肩コリの場合には、肩甲骨回しエクササイズも合わせて行うと、より効果的です。

秋といえば、食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋と、興味がつきることがなく面白いシーズンです。
夏冷えがこじれた秋バテによる体調不良でダウンしたまま秋を過ごすなんて、ほんとにもったいない!さら秋は、楽しいイベントが盛りだくさんの冬に備えて、体調を万全に整えておきたい準備期間のシーズンでもあります。
秋から冬にかけての魅力あふれるシーズンを全力で楽しめるように、秋の冷え症対策は万全にしておきたいものですね。

関連記事:夏冷えによる生理痛に気をつけよう! 暑い夏に忍び寄る冷えの影響
不定愁訴は季節の変わり目に症状が増える!? 夏から秋に多いお悩みとは
暑くてもやっぱり冬へ向かう季節……秋の冷え性は夏と違う!
9月の歳時記……女性の健康のためにやっておきたいこと

ライタープロフィール

TOMO
長く海外生活を経験し、国際情勢に精通。美食&美酒、ファッション、旅をこよなく愛する。
現在は東京在住。翻訳家&ライターとしても活躍中。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)
知的好奇心を持ち続けて日々を生きること。