トップページ > 子宮時間 > 冷えにくい体づくり > 温活は「温罨法(オンアンポウ)」の禁忌を知っておきたい!

温活は「温罨法(オンアンポウ)」の禁忌を知っておきたい!

温活は「温罨法(オンアンポウ)」の禁忌を知っておきたい!

女性の健康に対して「冷え」は絶対禁忌とされています。
しかし、「下半身を冷やさないこと」「体温調節するように心がけること」など、誰かから注意されても本人に冷えからダメージを得ている自覚がなければ、その必要性はなかなか実感できないものです。

冷えは女性にとって、生殖機能を喪失する危険をはらんでいます。
主に体温を失う経路は、手足などの末端から身体の中心部へと移動し、再び末端へと進行すると考えるといいでしょう。

冷え症にはさまざまなタイプがあるので一概に言い切れませんが、末端に冷えが起これば脳が指令を出して毛細血管を収縮させます。
そうして血流をコントロールし、中心部の体温を保持しようとするのです。

しかし、血行が悪くなると冷えは末端に留まらずに体幹へと進行します。
さらに体温を閉じ込めるべく手足では血流が制限され、冷えが悪化する。
このようにして体温は失われていき、最悪の場合には低体温症や基礎体温そのものの低下を招く、これが単純な仕組みです。

末端冷え症、内蔵型冷え症、下半身型冷え性、のぼせるタイプの冷え症など、見た目の症状もさまざまですが、基礎体温に影響が現れるまでに進行した冷え症は不妊症リスクを向上させる可能性があります。

同時に生理痛を増悪させ、月経障害を引き起こす可能性も知られており、だからこそ女性にとって冷えは絶対禁忌なのです。
もしこれまで身体が冷たくても気にせずに過ごしていた女性は、今からぜひ体温について考えてください。

温罨法(おんあんぽう=温活)とは

温罨法(おんあんぽう=温活)とは

近年、不妊治療や妊活というキーワードがホットワードに上るようになってから、「子宮温活」という健康法が知られるようになりました。
温活とは古くから日本に存在する「温罨法」という健康法から発展したものであり、内外からのアプローチによって体温を上げる取り組みを意味します。

■温罨法
身体を温める薬、暖かい薬、温水などによって身体を温める湿布法、治療法のこと

■温活
ハーブ、アロマ、マッサージ、蒸気蒸し、アーユルヴェーダおよびその他の方法により基礎体温向上を目指す健康法

もちろん、身体を温めたからと言って健康問題や不妊リスクをすべて解消できるわけではありません。
それでもなお基礎体温を向上させるメリットは大きいために多くの女性に向けて温活が勧められているのですが、温活および温罨法が禁忌とされる女性がいるので注意が必要です。

ただ単に身体を温める。
それだけの健康法ではありますが、脳腫瘍やてんかん、熱性けいれん、子宮筋腫が疑われる方には症状の悪化を招く危険性があるのです。

例えば温泉の入浴で脳血管障害リスクが高まるように、温めるだけで増悪する病気症状があることだけは、温活(温罨法)の具体的手法の数々をリサーチする前に知っておく必要があるでしょう。

しかし、現在(2016年2月)の時点では民間療法(統合医療)の一分野としての温活には医学的見地から提示された禁忌の規定が存在しません。
治療中の方には「温活が既往症悪化のリスクを伴うかもしれない」としか注意のしようがない状況です。
健康のためのアプローチとしての温活には、まずは通っている病院で医師に相談することをおすすめします。

関連記事:基本の冷え対策(食事・お風呂編)
年代により発症しやすさが違う女性特有の病気~備えは万全ですか?
不妊症を予防したい女性におすすめ! 不妊の種類と「温活」の話
普通のお風呂と違う!! 冷え性対策に「泡風呂」がいいって知ってた?

ライタープロフィール

円谷円谷ミナミ
基本的に斜めの姿勢で世の中を見つめるフリーライター。
性的思考はボーダーレス。ただし多少女性に甘い。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)(沈思黙考・無言実行)
”秘すれば華”を人生を通して実現する方法を模索している。
乙女の窓辺~女性にまつわる、うわさの検証~の四コマ連載中