トップページ > 子宮時間 > 冷えにくい体づくり > 保湿だけじゃない! 女性にうれしいココナッツオイルの効用

保湿だけじゃない! 女性にうれしいココナッツオイルの効用

保湿だけじゃない! 女性にうれしいココナッツオイルの効用

モデル、女優、タレントの多くが愛用する健康美容アイテムに「バージンココナッッツオイル」があります。

ココナッツオイルとは文字通りココヤシから採取された油のことですが、一般に流通するココナッツオイルは「ヤシ油」もしくは「パーム油」と言って、抽出時に溶剤を使用したり、あるいは製品化の過程で精製したりするために健康効果はほぼ望めません。

むしろ、長鎖脂肪酸に置き換わっている部分が多いので動脈硬化や肥満症のリスクが高まるでしょう。
女性に人気なのは、「バージンココナッツオイル」として区別されている特別なココナッツオイルです。
オーガニック認定を受けたバージンココナッツオイルならば、以下の効用を期待できます。

ココナッツオイルのうれしい効果

ココナッツオイルのうれしい効果

ダイエット効果

ココナッツオイルの主成分である中鎖脂肪酸は肝臓で素早く分解されて身体に蓄積しにくい成分です。

その上身体に蓄積した体脂肪を分解時に燃焼させてくれる効果があり、運動を伴わないダイエット方法としてココナッツオイルの飲用が推奨されています。

まったく生活習慣を変えずにバージンココナッツオイルの飲用を足しただけで数キロ瘠せたというケースもあるようです。

冷え症の改善

冷え症にもさまざまなタイプがあり、その分類法も思考形態によって一定しません。

しかし、全身的な機能低下型の冷え症が存在することだけは共通しており、そのような冷え症に対してバージンココナッツオイルは効果的だと考えられます。

基礎代謝の低下は甲状腺機能の低下を意味するのですが、バージンココナッツオイルの中鎖脂肪酸はエネルギーの摂取と燃焼のサイクルを整え、代謝を向上させ、甲状腺機能を改善してくれるのです。

結果として血行不良や基礎代謝の低下からくる冷え症を解消に近付けてくれるでしょう。

抗酸化作用

抗酸化作用とは、つまり老化予防のことです。
細胞の酸化こそが老化を意味しますので、酸化を促す活性酸素の除去は健康美容を意識する女性にとって重要な課題となるでしょう。

バージンココナッツオイルには「ケトン体」と呼ばれる成分が含まれているのですが、これが活性酸素の除去に役立つのです。

ケトン体を含む食品を積極的に摂って健康体重を目指す手法を「ケトン体ダイエット」と言い、ハリウッド俳優や有名タレントの間でも信頼されるようになりました。

認知症予防

認知症のメカニズムはまだ全容解明に至っていませんが、ケトン体が脳の活動を亢進してくれることが分かっています。

ココナッツオイルには体内で優先的にケトン体に変換される中鎖脂肪酸が含まれているので、脳にエネルギーを供給して機能を改善してくれるのです。

ただし、アルツハイマーの予防、改善を目的としたバージンココナッツオイルの摂取量はダイエットなどの場合よりも多少多くなります。

1回あたり、大さじ1~2杯を摂取。これを1日に3回行ってください。
まだまだ認知症にはほど遠いという方にも有効な健康法です。

緑内障予防

緑内障などの眼病には、眼にかかっている圧力が大きく関係しています。
そのため眼圧のみが注目されがちですが、ココナッツオイルの緑内障予防への有効性を考える中では「緑内障酸化ストレスが、バージンココナッツオイルのケトン体によって軽減されて負担が軽くなり、眼病の症状改善に役立つのでは」という仮説が立てられました。

緑内障予防の効果とメカニズムに対してはまだまだ研究が不十分な状態ですが、バージンココナッツオイルによる緑内障予防、改善効果は期待を持っていいレベルと考えていいでしょう。

口腔環境改善

バージンココナッツオイルには母乳と同じラウリン酸が豊富に含まれているため、大さじ1杯程度を口に含んで10分程度口をゆすげば、それだけで歯周病予防や虫歯予防になるほどの抗菌効果を期待できます。
口内炎などの炎症が起きやすい方はぜひ試してみて下さい。

これらの効果は主に食品として摂取した場合に得られるものです。
外用では抗炎症作用、抗菌作用、保湿作用などで、火傷や創傷の薬として利用されてきた歴史を持ちます。

また、日中に塗布すれば紫外線を20%カットする力があるので、日焼け止め代わりの美容アイテムとしても重宝されてきました。

ココナッツオイルによる抗菌作用は非常に強力で、性感染症予防、膣カンジダの対応薬としても世界的な信頼を寄せられています。

ぜひさまざまな活用方法でココナッツオイルを取り入れてみて下さい。

関連記事:【女性のために】外用薬としてのココナツオイル
熱を冷まして!ココナッツオイルと女性の健康
【ココナッツオイルの使い方】ココナッツオイルを楽しむ食事のあれこれ
【ココナッツオイルの使い方】体潤うココナッツオイルアレンジ

ライタープロフィール

円谷円谷ミナミ
基本的に斜めの姿勢で世の中を見つめるフリーライター。
性的思考はボーダーレス。ただし多少女性に甘い。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)(沈思黙考・無言実行)
”秘すれば華”を人生を通して実現する方法を模索している。
乙女の窓辺~女性にまつわる、うわさの検証~の四コマ連載中