トップページ > 子宮時間 > 子宮の健康とサイン > 下腹部が痛い。その時何が起こっているのか ②婦人科系の病気

下腹部が痛い。その時何が起こっているのか ②婦人科系の病気

下腹部が痛い。その時何が起こっているのか②婦人科系の病気

女性にとって下腹部の痛みは毎月やってくるなじみ深いものかもしれません。
しかし、時にその痛みは病気の兆候を示すことがあります。

婦人科系の病気は女性にとって非常に深刻な問題ですので、診察を受ける必要性に気付くためにも、どのような病気が下腹部の痛みを引き起こすのか知っておく必要があるでしょう。

前回に引き続き、婦人科系の病気をご紹介します。

下腹部に痛みを生じさせる婦人科系疾患

卵管炎

前回ご紹介した子宮付属器炎のひとつで、子宮と卵巣をつなぐ卵管に細菌感染などが起こって炎症が起きる症状の名称です。

炎症の悪化は卵管の閉塞を招きますので、痛みやその他のサインが現れた時は婦人科を受診して下さい。

おりものの増加、性交痛、下腹部痛、お腹全体に響くような腹痛、発熱と、炎症が悪化し、範囲が広がるごとにサインも進んで行きます。
発熱を伴う場合は骨盤腹膜炎に発展している可能性があります。

骨盤腹膜炎

子宮や卵巣を守る骨盤腹膜に炎症が起こった状態の事で、基本は感染症が原因です。
性行為による感染が多く、性感染症との関連性が強いとされています。

しかし、子宮内膜炎やその他の婦人科系臓器の炎症はすべて進展した時に骨盤腹膜炎へとつながっていきますので、一概に性行為による感染ばかりが所以とは言い切れないでしょう。

子宮や卵巣、卵管から炎症が腹膜に浸潤した場合、状況は良いとは言えません。
痛みも激しいはずです。
ためらわずに婦人科、産婦人科を頼るようにして下さい。

着床痛

病気ではありませんが、妊娠超初期に明確な痛みを感じる方がいらっしゃるようです。
通称着床痛と言われていますが、どのようなケースで着床痛が起こるのかは解明されていません。

妊活中の方で、もしかして?
と思った方はかかりつけの病院でチェックなさるといいでしょう。

痛みがあっても問題ないケースとは

下腹部が痛い。その時何が起こっているのか②婦人科系の病気

下腹部に痛みを感じていても、特に病気ではないというケースもあります。
例えば、痛み止めがなくても我慢できるじんわりとした重みや、そこはかとない痛み。

あるいは、「いつもの痛みだな」と思える感覚があれば、それは突然起こった症状によるものではありません。

常に痛み止めを必要とするほどの苦痛、吐き気、悪心。
腰などに飛び火する「常にない」感覚があれば、それは普段から抱えているものではありませんから、診察を受ける必要があるでしょう。

つまり重要なのは、普段から自分の身体がどうなっているか、いつもどのタイミングでどのような感覚を得ているかを覚えておくことです。

体調の変化を記憶して、正常の範囲から飛び出してしまった時に素早く察知するようにしましょう。
自分で自分の身体をどれだけ知っておくかが先々の健康を決するのです。

もちろんすべての病気がそのようなアンテナにかかるものではありませんし、突発的に起こるどうしようもない病気も確かに存在します。

ですが、女性の罹患率が高い症例の中には早期対応で完治する物も少なくないのです。
少しでもリスクを軽減し、不安を取り除く努力を惜しまないようにして下さい。

関連記事:下腹部が痛い。その時何が起こっているのか③婦人科以外の病気
下腹部が痛い。その時何が起こっているのか④まとめ
あ、痛い!「その時」何科を受診すればいいの?
婦人科専門ドックではどんな検査を行うのか

ライタープロフィール

円谷円谷ミナミ
基本的に斜めの姿勢で世の中を見つめるフリーライター。
性的思考はボーダーレス。ただし多少女性に甘い。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)(沈思黙考・無言実行)
”秘すれば華”を人生を通して実現する方法を模索している。
乙女の窓辺~女性にまつわる、うわさの検証~の四コマ連載中