トップページ > 子宮時間 > 冷えにくい体づくり > 現代女性の健康問題は議論するより対策すべし!

現代女性の健康問題は議論するより対策すべし!

【冷え症とよもぎ】女性とよもぎの関係を考える

現代人の健康問題を紐解こうとしたとき、歴史的な生活様式の変化から議論に的になりがちです。
もちろんそのように根源的な要因を解き明かすことも大切ですが、現時点で身体に痛みや不安を抱えている方が目の前にいたとして、歴史的な背景の話は必要でしょうか?

緊急的にであっても痛みや不安を解消する方法を求めている段階では、過去にさかのぼって「原因」を確認する考察にはほとんど価値がありません。
過去に視野を広げて生活の改善点を探るには、精神的、体力的な余裕が求められるのです。

今、問題視されている現代女性の健康不安について、代表的なものをまとめてみましょう。

現代女性の健康不安まとめ

現代女性の健康不安まとめ

低体温

現代女性は平均的に体温が低く、低体温に至る方が少なくありません。
瘠せていることを美の基準とする現代の過剰なダイエットがその原因となっているケースが多いようです。

理想的な基礎体温36.6℃に対して、35℃台で推移している女性が増えており、これががんの罹患率上昇に影響しているという意見もあります。

実際に35℃台の体温ではがん細胞が増殖しやすいので、健康維持のためには基礎体温を上げる工夫が必要だと思って下さい。

生活習慣病

何気ない生活習慣が健康を蝕んでいるケースがあります。
身体を締め付けるファッション、夜遅くの食事、睡眠不足、寒さや暑さを我慢しすぎることなど、思いがけない要因で身体に血行不良やむくみが起こり、毒素をため込んでしまいがちです。

目を酷使するような生活も脳の機能低下につながり、生命活動を司る自律神経のバランスを崩す可能性があります。

ストレスによる心身症

現代はストレス社会とも呼ばれ、誰もが何かしらのストレスを抱えているはずです。
しかし、だからと言ってストレスがある状態が普通だと思わないようにしましょう。

ストレスは継続すれば必ず血行不良、体温低下につながります。
こまめなストレス解消を心がけて下さい。

運動不足

忙しくて運動できないという社会人は多いですが、そういった方は必ず筋力不足に陥っているものです。
筋肉は代謝を高く維持するために必要な器官なので、その分量が減ることは即ち代謝の低下、つまり体温低下に直結します。

筋力の低下はさらに骨格のゆがみをもたらしかねませんので、骨盤のゆがみにまでつながるかもしれません。

骨盤のゆがみは不妊症の遠因となることが判っていますので、女性としての健康維持には持続的な一定の運動が必要だと言っていいでしょう。

栄養素の偏り

現代の食事習慣は内容が非常に偏っています。
健康志向がよほど強い方でもなければ必須栄養素すら網羅できていません。

特に日本人は塩分の過剰摂取、カルシウムなどのミネラル不足が問題視されており、将来的に骨粗鬆症などのリスクが高くなっているようです。

また、食品に含まれる人工甘味料などの化学物質や保存料が健康に悪影響をもたらすことが明らかになっています。

女性がこの世に生を受けた時、すでに卵巣の中には「卵子」として成長する予定の母細胞が存在しています。
からだの成長と共に母細胞は卵子に成長する準備を整え、受精できる状態を作り上げます。

本来ならば初経の訪れとともに女性は母になる機能を発揮し始めるのですが、現代においては多くのカップルが「本来の機能」に恵まれていません。

その割合は国内に限定すれば10組に1組、あるいは5組に1組とも言われ、不妊治療を必要とする人口は増え続けている状況です。

医療機関で不妊症と診断される人口の内、約半数は男性にも要因があるというデータがあります。
しかしその場合であっても女性側の機能に全く問題がないとは限らず、不妊症の割合の中でどれだけの人数が女性不妊で占められているのかよく判っていないというのが実態です。
ただひとつ、絶対的な不妊症人口が確実に増えている事だけは間違いないでしょう。

現代女性の抱える健康不安のどれが不妊症に繋がっても不思議はないと考え、出来ることから対策を始めるようにおすすめします。

関連記事心身ともに異常がないのに妊娠できないのは、子宮力低下が原因かも!?
冷え症、血行不良を引き起こすストレスを解消する方法
女性の健康を守りたい! 今考えたい心のこと
キュアリで知りたい! 女性にうれしい健康法まとめ

ライタープロフィール

円谷円谷ミナミ
基本的に斜めの姿勢で世の中を見つめるフリーライター。
性的思考はボーダーレス。ただし多少女性に甘い。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)(沈思黙考・無言実行)
”秘すれば華”を人生を通して実現する方法を模索している。
乙女の窓辺~女性にまつわる、うわさの検証~の四コマ連載中