トップページ > 子宮時間 > 冷えにくい体づくり > 冷え症で身体はどう変わる?体温1度で失われるもの

冷え症で身体はどう変わる?体温1度で失われるもの

shutterstock_113165923
身体の不調が起こった時にはとりあえず暖かくして休むというのが一般的な対応でしょう。
それは、人間の身体が体温によって機能を維持し、病気の原因菌などと戦っているからです。
温かい体を守る事は免疫力や代謝機能を保つ意味をもちますが、冷え症などで体温が失われるとその分だけ生命活動を続ける活力は低下して行きます。

多くの場合、冷え症は自覚のないまま進行し、知らない内にがんなどの素因を形成してしまうのです。
体温が1℃下がった時、人がいったい何を失っているのかを知れば、冷えを放置することが恐ろしい事なのだとご理解頂けるでしょう。

免疫、代謝、体温1℃で何がどのように変わるのか

体温が1℃失われた時、人の身体の中では大きな変化が起こっています。
しかし、残念ながら外見からその兆候を読み取るのは容易ではありません。

■体温が1℃下がった時に失われるもの

・免疫力が37%低下

・基礎代謝が12%低下

・体内酵素の働きが50%低下

これだけ機能が低下すると、水分の排出効率が下がって身体のあちらこちらに浮腫(むくみ)が起こり、それを解消できない内にまた老廃物が蓄積して行きます。
より太りやすく、痩せにくく、不調が起こった時にも回復しにくくなっていくでしょう。
その結果起こりやすくなる症状がこちらです。

・がん

・慢性疲労症候群

・腎臓病

・慢性リンパ性白血病

・肝炎

・痴呆症

・自閉症

・糖尿病

・ダウン症

・膠原病

・腫瘍

・心臓病

・インフルエンザ

・結核

・エイズ

・月経障害

・便秘

・体力低下

・不妊症

体温の低下が進んで平均的に35℃程度で推移するようになると、今度はガン細胞が活性化してしまいます。
体温1℃で37%という幅で失われた免疫力では、加速したガン細胞の活性に追い付けません。
がん発症率が急激に上昇することになります。
しかし、逆に体温を上げる工夫が功を奏すれば、これらの病気を遠ざけられるのです。

・35.0℃:がん細胞活性化

・35.5℃:震え・排泄障害・アレルギー症状

・36.5℃:健康体温

・37.0℃:体内酵素が活性化

・37.5℃:菌やウィルスに強くなる

・38.0℃:寒さに強い動物の平均体温

・39.3℃:がん細胞が死滅する

もちろん人間には適正体温があります。
いくらがん細胞が死滅するからと異常な発熱を起こせば細胞は傷つき、何らかの障害が残る可能性も否定できません。
健康体温の範囲内で体温を上げるように心がけて下さい。

参考として、50年前の日本人の平均体温は36.9℃だったそうです。

低体温障害になる境界線と平熱

女性が健康管理を行うためには、基礎体温表を付ける必要があります。
常日頃の体温の変化を把握する事で、いつ体調が変わったのかを判断できるようになるでしょう。

以前は起き抜けに体温を測るのが常識とされていましたが、近年では起きたタイミングに関わらず、時間を決めて測る方法が推奨されています。
目安としては午前10時前後が理想的なようです。

定時で測定し、記録した体温の平均が36.6℃程度であれば理想体温です。
35.5℃で低体温、34℃で生命活動の持続が難しくなり、身体が自由に動かせなくなっていきます。

そして33℃になると、幻覚などの症状があらわれる正に死の瀬戸際に踏み込んだ状態になります。
その状態が続くと脳への酸素供給量が著しく低下しますので、例え治療できたとしても後遺症に苦しむことになるでしょう。

日常生活の中でこれほどの低体温に陥る可能性はそうそうありません。
しかし、近年では女性の平均体温が35℃台に低下しつつあり、36℃以上の健康体温の割合が減少していると言います。
がん患者は多くが35℃台の低体温で、血液中に含まれる酸素量が少ない点が共通しているそうです。

ぜひ健康体温36.6℃を目指して、体質改善に取り組んでいただきたいと思います。

関連記事:低体温はNG!基礎体温を理想の36.6℃に上げる方法
【10月】そろそろ冷え症? 霜が降る季節……「寒露」の過ごし方
冷え症、血行不良を引き起こすストレスを解消する方法
冷え症に関するアンケート・女性編女性は約8割が冷え性って本当!?

ライタープロフィール

円谷

円谷ミナミ
基本的に斜めの姿勢で世の中を見つめるフリーライター。
性的思考はボーダーレス。ただし多少女性に甘い。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)(沈思黙考・無言実行)
”秘すれば華”を人生を通して実現する方法を模索している。
乙女の窓辺~女性にまつわる、うわさの検証~の四コマ連載中