トップページ > 子宮時間 > 冷えにくい体づくり > 真夏のストレス「節電」が免疫機能を低下させるかもしれない

真夏のストレス「節電」が免疫機能を低下させるかもしれない

shutterstock_211527001

男女ともに言えることですが、心身の元気は「体温」によって保たれています。
つまり、体温が低下すればそれだけ疾病トラブルの危険性が増えるのです。

そのため、かつては病ではないとして医学の対応外だと考えられてきた「冷え症」も、対応が必要な症状だと理解されるようになりました。

本来恒常性を持っている人間の体温調節機能が変調をきたし、一定の温度を保てなくなる「冷え症」には様々な原因があるのですが、特に注意したいのが季節性の要因です。

夏には「夏の冷え症」がある

気温が下がる冬場に身体が冷えるのは当然ですが、温度も湿度も上昇するにも季節性の冷えをもたらす要素があります。
代表的なものが、クーラーと水分の過剰摂取、そして冷たい飲食物です。

近年では省エネルギーが推奨されるようになり、施設によってはコストカットも兼ねて空調を控えている場合もあるでしょう。
しかし、いまだに多くの企業では過剰なほどにクーラーを稼働させています。

一般企業で働く人員の過半数を男性が占めており、男性は女性に比べて暑さに弱い性質を持っています。
より多数が適温と感じる温度設定にクーラーを設定すると、自然と女性には「冷え過ぎ」な環境が出来上がるという訳です。

とはいえ男性の中でもやはり温度に対する感受性には個体差があり、すべての男性にとって適温と感じられるわけではないようです。
中には女性のように冷え症に陥る男性もいます。

節電時代の古くて新しい「夏の冷え症」とは

クーラーの効き過ぎによる体温低下には、春秋ものの上着やひざ掛け、ネックウォーマーやレッグウォーマーを活用して保温したり、温かい飲み物を選んだりすればある程度対策出来ます。
近年新たに起こっている問題は、節電によって長時間真夏の過酷な環境下で過ごさなければならないケースで起こる免疫機能低下でしょう。

もともと日本の夏は非常に不快指数が高く、環境ストレスが過大になる季節です。
空調機器が開発され、普及してからは夏場にも快適な室温で過ごせるようになりましたが、節電の加速によって長時間真夏の気温に耐え続けた結果、冷たい飲み物や食べ物を選ぶ機会が増えて内臓から冷えてしまう方が増えています。

クーラーによる冷えは身体の表面から内臓へ、内臓から末端へ、そして再び内臓へと進行し悪化して行きます。
身体の最も内側に抱え込まれている内臓は、本来ならば最後まで温度を失う事はありません。
この場合は内臓が冷えるのは症状が進行した段階です。

しかし、冷たい飲食物で直接的に身体が冷える時には、最初に内臓が温度を失ってしまいます。
内臓の温度が低下すれば代謝も免疫力も低下しますので、非常に危険な状態だと考えて下さい。

空調設備が一般住宅にまで普及する以前の日本では、このように内臓から冷えるタイプの症状が中心でした。
節電時代の到来によって、過去に置き去られたこのタイプの冷えが再び注目されるようになったのです。

「節電反動冷え」を予防して身体を冷えから守ろう

通常の末端から進行する冷え症であっても、内臓に進行すれば子宮や卵巣の機能低下を引き起こしかねません。

内臓から始まる「節電反動冷え」は、代謝の低下、免疫機能の低下、内臓機能の弱体化、夏バテ、不眠、むくみ、そして、やはり婦人科系器官の品質低下をもたらします。
夏風邪などの流行病を拾いやすくもなるでしょう。
夏場に寝付くと長患いになりがちですので、予防の意味も込めて「節電反動冷え」の対策を行うようにおすすめします。

節電反動冷えの予防策

反動冷えを予防するには、まず暑さによるストレスの影響を軽減する工夫が欠かせません。
第一に暑さに対する抵抗力をつけることが重要です。

・飲み物は10度以上の温度で飲むこと

・昼食の際に温かい飲み物を飲むこと

・夜には湯船につかって身体を温めること

・眠る時に関節周りを冷やさないようにすること

夏場になってが荒れてきたり、生理痛がひどくなって来たり、胃腸虚弱が現れたりした場合にはすでに冷えが起きているサインですので、ぜひこれらの対策を行って身体をいたわってあげて下さい。

関連記事:夏冷えによる生理痛に気をつけよう! 暑い夏に忍び寄る冷えの影響
夏の運動不足は不妊治療の大敵! 夏バテ予防と夏の運動のポイントを押さえておこう
夏の女性と「冷え症」上手に付き合う方法とは?
夏バテ対策になる「シャワー」の使い方を知りたい!根深い内臓の冷えにも有効!?

ライタープロフィール

円谷

円谷ミナミ
基本的に斜めの姿勢で世の中を見つめるフリーライター。
性的思考はボーダーレス。ただし多少女性に甘い。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)(沈思黙考・無言実行)
”秘すれば華”を人生を通して実現する方法を模索している。
乙女の窓辺~女性にまつわる、うわさの検証~の四コマ連載中