トップページ > 子宮時間 > 布ナプキンで冷え、生理痛改善 > 緊急時、災害時の生理はどうする?

緊急時、災害時の生理はどうする?

布ナプキンそのもののメリットについては、キュアリでもお伝えはしてますが緊急時の生理、「あれっこんな時に突然生理!?」や不正出血など。
女性の方でのあるあるネタですと急な生理にあい、下着やスカートを汚してしまった方もいるかと思います。

今回は、そんな緊急時の生理や災害時の生理で布ナプキンが活用できることをお伝えしたいと思います。

災害時の生理に役立てる布の存在

災害

東日本大震災直後、被災地ではナプキンが不足していたと言われております。

私もその当時、東京の渋谷にいましたが東京のコンビニでさえあらゆるものが棚から無くなっており、異様な光景にびっくりしたことを覚えています。
そういった状況でものが無くなることを実感しているだけに災害時の生理時の生理用品がすぐに無くなる、ということは想像できます。

キュアリでインタビューさせてもらった布ナプキンを販売するtouta.さんでは、「緊急時にこそ肌に温かな布ナプキンを」という思いで、東日本大震災時に日本助産師会の協力のもと布ナプキンをお送りしたそうです。

ただでさえ心穏やかでない震災という状況の中で、生理によってよりイライラや不安がつのる…そんな時、布をあてて少しでも心を落ち着かせてもらえることにつながったら、そんな思いがあったのでしょうか。

布ナプキンを販売されるところがよく仰っているのが布ナプキンじゃなきゃだめということでは無いということです。

布ナプキンということにこだわらずに、布ナプキンだと漏れたり持ち歩きが嫌だという方には、状況に応じて布ナプキンと紙ナプキンを使い分けてよいと私も思います。

それでも、災害時では紙ナプキンを持っているとも限らないので身近な布をナプキン代わりに活用できるようになっておくことがとても役に立つのではないでしょうか。
シャツやハンドタオル、ハンカチなどを切ってたり、折ったりで布ナプキンになることがtouta.のユーゴさんの本に詳しく書かれています。

そして、布ナプキンの使い方や使った人の感想、布ナプキンの作り方までイラスト入りで書かれており、生理についてとても考えさせられた本でした。

【布ナプキン こころ、からだ、軽くなる 】

布ナプキンで生理痛を緩げる-780×320

関連記事:布ナプキンの効果、洗い方は?
生理だけじゃない布ナプキンを使うメリット
生理のかぶれ、かゆみに布ナプキンが良い理由
【体験】お尻が冷たい…布ナプキンを使ってみた

ライタープロフィール

NAS

NAS
キュアリサイトを運用中。
女性自身がデリケートゾーンにもっと関心をもってもらうため
情報を集めユーザーにとって役立てる情報をと願う。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)言葉遣い・振る舞い