トップページ > 子宮時間 > 子宮の健康とサイン > 男女で違うこともある!妊娠前の生活改善

男女で違うこともある!妊娠前の生活改善

すべてを守るのは大変かもしれませんが、ひとつひとつ取り組んでいく事で少しずつ妊娠しやすい健康な体に近付いていくのではないでしょうか。願いを込めて、その一部をまとめてみました!

ぜひ生活改善の参考になさって下さい。

全身の血行をよくすること

妊娠のための生活改善

血流の鈍化は、女性に取っても男性に取っても不妊の原因となりうる要素です。
日頃から次のような事に気を付けましょう。

・ 衣類
ジーンズ、タイトスカート、ガードル、ブリーフ、ボクサーパンツなど、身体を締め付ける服装を避けましょう。

・ 姿勢
同じ姿勢を続けないようにする。姿勢のバランスを整え、正しい姿勢を保てるようにする。
長時間の運転やデスクワークには、時間を決めて体を動かすように心がけること。

・ 運動
適度な運動で体を動かすように心がける事。筋肉を刺激すると血流は改善されます。

・自転車こぎ
仰向けになって足を天井に向けて持ち上げ、自転車をこぐように動かす。
息が切れたら休憩をはさみましょう。

・腹筋
膝を軽く曲げて立てて行うと腰痛の防止になります。最初は10回程度からでも構いません。
無理なく続けて下さい。

・足先ブラブラ運動
仰向けに手足を伸ばして転がり、足先をブラブラさせる。下半身の緊張を解してくれます。

・開脚柔軟
足を前方に投げ出して座り、開脚します。その状態から出来るだけ状態を前に倒していきましょう。
無理に伸ばさないように根気よく続ける事が大切です。

温度管理

不妊の原因となるのは、女性は冷え、男性は暖め過ぎです。
温度が高くなりすぎると男性の精巣は機能が激しく低下します。
共通する適温という物はなかなか見つからない物ですので、体温を保持するための対策が必需となります。

・ 男性はこたつを避ける
こたつは長時間にわたって直接的な加熱を続ける暖房器具です。
性機能低下を特に招きやすい事が知られていますので、避けた方がいいでしょう。

・ 女性は夏の防寒具を用意
夏のオフィスなどは必要以上に冷えると女性には感じられると思いますが、
なんと男性に取ってはあれが適温なのです。春秋ものの上着やひざ掛け
レッグウォーマーなどをオフィス用に用意しておくのがおすすめです。

体重管理

痩せすぎや太り過ぎもまた不妊を引き起こしやすいと言われています。
ホルモンバランスの崩れが卵巣機能の低下を招くのです。適正体重のBMIは18.5から25です。

これ以上でも未満でも排卵誘発剤などの治療に対する感受性が下がる傾向がありますので、注意して下さい。

嗜好品

女性の喫煙者には不妊傾向があります。
これはタバコに含まれるニコチンが血管に働きかけて血流を阻害する為に起こる血行障害が原因で、例え妊娠しても流産や早産を引き起こしやすいという影響が考えられます。
また、胎児発育障害との関係性も濃厚です。

男性においては精子の異常や勃起不全などを引き起こしますので、健康や家族計画を考えるならばなるべく早期にやめたほうがいいでしょう。
飲酒に関しても、過度の摂取は性機能や性欲の減衰を招きます。

栄養

栄養バランスが健康に大きな役割を果たす事は有名ですが、妊娠しやすい身体づくりのためには、妊娠能力を高めるとされている食品を摂るように心がけたい物です。
それぞれの栄養群を豊富に含む食品が下記の物です。
・ ビタミンA
レバー・卵黄・のり・にんじん・ほうれんそう・かぼちゃ
・ ビタミンB1、2
豚肉・レバー・ヤツメウナギ・卵黄・納豆
・ ビタミンB12
レバー・チーズ・牡蠣・アサリ・サンマ
・ ビタミンE
小麦胚芽・ブロッコリー・大豆類・マーガリン
・ 必須アミノ酸
魚介類・肉類・乳製品・納豆・豆腐

衛生

生理用品でタンポンを使う方がいらっしゃいますが、不妊の見地からすれば避けた方が良いアイテムです。
膣口をふさいでしまうために経血の逆流の要因となる事が考えられるからです。
経血が腹腔内に逆流すると子宮内膜症などを引き起こすと考えられています。
生理の際にはナプキンを利用するようにしましょう。

入浴

毎日の入浴は血行促進やストレスの解消に重要な物です。
ただし、お湯の温度は40度のぬるめを目安にしましょう。

あまりにも熱い温度の入浴は心臓に負担をかけますし、特に男性不妊の原因になりうる危険行為です。

ストレス

趣味や娯楽は生活の必需とは言えないかもしれませんが、健康面から考えれば食事と同じように欠かせないものなのです。

楽しい会話、趣味に没頭したり、何でも構いません。心を開放する時間を持ってください。
睡眠時間の確保も需要ですよ。

性交

7日間以上の禁欲は精子の受精能力を低下させてしまいます。
医師の指導に従ってタイミングよく排卵日前後に性交を行う事も、妊娠のためには必要な取り組みです。計画的に行うようにして下さい。

関連記事:不妊鍼灸・不妊整体の効果は?治療院はどう選ぶ?
冷え症に関するアンケート・女性編女性は約8割が冷え性って本当!?
生理痛を悪化させる原因がある! うっかりやってない? 生活習慣
キュアリのおすすめ、女性向け冷え性対策・中級編

ライタープロフィール

円谷

円谷ミナミ
基本的に斜めの姿勢で世の中を見つめるフリーライター。
性的思考はボーダーレス。ただし多少女性に甘い。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)(沈思黙考・無言実行)
”秘すれば華”を人生を通して実現する方法を模索している。