トップページ > 子宮時間 > 冷えにくい体づくり > 温活のポイント3つ!足の冷えは冷える前に!

温活のポイント3つ!足の冷えは冷える前に!

こんにちは、ライターの凛音です。
寒い日が続きますが、冷え対策は万全ですか!?

心臓から一番離れている足は体の中で一番冷えやすい場所。
体の血液のほとんどが下半身に集中しているため、冷えていると血流が悪くなり全身に悪影響を及ぼすこともあります。
ですが、逆にいうと足の冷えをしっかり防げば、体全体を効率よく温められるということ。

まずは足から集中的に温めることが重要なのです!

冷えを感じる前に温めて!

冷え対策

寒いな、と感じたときには冷えは始まっています。
触ってひやっとするようであれば、すぐにカイロや湯たんぽ、あれば足湯などで温めましょう。
冷やさないためには、常に保温を意識することが大切。
日常で取り入れたい足の冷えを簡単に防ぐ方法を3つご紹介します。

1.常に履物を身につける

当たり前ですが、やはり裸足に近ければ冷えやすくなります。
一番簡単に防ぐ方法として、履物を利用しましょう。
靴下やレッグウォーマーを常に使用し、しっかり保温をしてください。

ここで気を付けたいのは、きつく締めつけないこと。
血行が悪くなって逆効果になりますので、靴下の重ね履きをする場合は注意しましょう。
何枚履いても冷える方は、カイロで足首やふくらはぎのツボを温めると効果的です。

2.マッサージをする

血流が悪くなると冷えやすくなりますので、血液の流れは常に意識したいもの。
血行を促進するには、マッサージが有効です。先端から太ももへゆっくり揉みほぐすイメージでマッサージします。
お風呂の中で行うとより効果的ですよ!
マッサージだけでなく、足まわりの筋肉を使う運動も血行をよくして冷えを防ぎますので、
積極的に歩いたりストレッチを行うようにするとよいですね。

3.体を温める食材を食べる

体の内側から温める方法です。根菜や、ネギなどの香りの強い野菜は体を温めるといわれていますので、
積極的に食べるとよいでしょう。また食べ方も重要で、スープや煮物など温かい状態で食べる方が体を冷やしにくいです。

どうしても冷たいものが食べたいときは、温かいお茶やスープを一緒に摂るように心がけましょう。
冷たい飲み物もキンキンに冷やさず、できれば常温で飲むようにするとよいですね。

女性にとって、冷えは大敵。
冷えによって子宮周りの血行が悪くなると生理痛がひどくなったりしますし、
全身の血流不良によって顔色や肌の調子にも違いが出てきます。
内側も見た目も美しいはつらつとした女性でいるためにも、冷えをしっかり防いで真の美人を目指しましょう!

関連記事:温活は「温罨法(オンアンポウ)」の禁忌を知っておきたい!
体を温める食べ物で子宮を温め!温活の食べ物とは?
子宮力を上げる肉体改造は下半身から始めよう
キュアリで知りたい! 女性にうれしい健康法まとめ

ライタープロフィール

凜音

凛音(りんね)
セクシャルコラムニスト
セクシャルコスメショップでの経験から、大人の恋愛やセックスに関するコラムを執筆。
フリーペーパー「Bex」にて女子力アップコラム連載中(名古屋限定)。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)鏡の前で自然な笑顔作りの研究