トップページ > 妊娠活動 > 飲んだらできない?!妊活中のお酒の嗜み方とは?

飲んだらできない?!妊活中のお酒の嗜み方とは?

shutterstock_145442725

こんにちは、ライターの凛音です。
アルコールは昔から妊婦には悪いものとされています。
アルコールによる胎児への影響を考えると、当たり前のことなのですが、まだできていない妊活期の場合も、やはりお酒はあまりよいとされていません。
そこで今回は、妊活中のお酒の嗜み方について考えてみました。

お酒は妊娠の確率を下げる可能性が!

そもそも、お酒はなぜ妊婦に飲ませてはいけないのかというと、二日酔いの原因でもあるアセトアルデヒドという有害物質が分泌され、胎児の遺伝子を壊してしまう可能性があるから。

少なくても妊娠して無事に出産するまでは、摂取を控えた方がよいとされています。
ではこれを踏まえて、妊活でお酒を飲んではいけない理由についてみていきましょう。
主に以下の3つが挙げられます。

・妊娠していることに気づかず飲んで、胎児への影響があると危険だから

・体を冷やすから

・ホルモンバランスが乱れるから

排卵日にセックスした後も、しばらくは妊娠しているかの判断ができません。
次の生理が来てようやくわかることなので、それまでは妊娠の可能性があるのです。
妊娠初期は赤ちゃんの基礎ができる大切な時期ですので、できてるかわからなくても、やはりお酒は避けた方がよさそうです。

また、アルコールは体を冷やしたり、ホルモンバランスを乱す作用があるので、妊娠自体の確率を下げてしまう可能性が。
大量に摂取するのはできるだけ控えた方が、妊娠しやすい体づくりのためにはよいのです。

どうしても飲みたいときはリセット期に!

どうしてもお酒が飲みたいときは、確実に妊娠していないといえる生理中に、少量飲むようにしましょう。
生理の量が多い時期はお酒を飲むと体調を崩しやすい場合があるので、量が減ってきた4日目以降に飲むことをオススメします。

考え方として、妊活中のストレスで、お酒が飲めないことで悶々とするならば、少量飲んでスッキリすることも一つの手です。
時にはパートナーと外食してお酒を嗜むのもリフレッシュになるでしょう。
時期を選んで、ちびちび嗜む程度であれば大きな問題はありません。

ただし、アルコールでストレス解消することを習慣化させてしまうと、妊娠してからの我慢が辛くなりますし、場合によってはアルコール依存症になってしまうことも。
そうなる前に別のストレス解消法を見つけて、お酒は出産後(母乳の場合は授乳後)に飲むようにしてくださいね。

関連記事:女性とお酒と健康と
タバコやアルコール、カフェインはどうして悪いのか
夫のお酒も禁止?妊活夫婦の上手なお酒の飲み方
妊娠したらやめる…は遅い!妊活と喫煙の怖い話

ライタープロフィール

凜音

凛音(りんね)
セクシャルコラムニスト
セクシャルコスメショップでの経験から、大人の恋愛やセックスに関するコラムを執筆。
フリーペーパー「Bex」にて女子力アップコラム連載中(名古屋限定)。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)鏡の前で自然な笑顔作りの研究