トップページ > 妊娠活動 > 「男性の妊活」って、何をするの?

「男性の妊活」って、何をするの?

shutterstock_212637457

妊活といえば「女性がするもの」というイメージを持っている人は少なくありません。
たしかに、実際に妊娠できるのは女性だけです。

けれど女性が妊娠するためには、男性の存在もまた欠かすことはできません。
そのため最近では、男性でも「妊活」をしている人がいるというのです。
そこで今回は、男性の妊活についてご紹介してみたいと思います。

男性の妊活・1;妊娠の仕組みを知る

ひとくちに「妊活」と言っても、その内容は様々です。
食生活や生活習慣の改善などが行われている場合が多いようですが、まず必要なのは、男女とも「妊娠の仕組みを知る」ことです。

妊活に必要なのは、たとえば精子・卵子の寿命や、排卵日を測定する方法など、昔学校で習ったような内容から、もう一歩進んだ知識です。

女性だけでなく、男性もこれを知ることで、たとえば(泥酔などして)セックスが不可能な状態で帰って来てはいけない数日間があるのだ……というようなことを、自ら認識できるようになります。

男性の妊活・2;規則正しい生活を心がける

規則正しい生活を送るメリットは、体の調子を整えるだけではありません。
パートナーとのセックスのタイミングをはかり、行為自体にゆとりを持つためにも必要なものです。
妊活や不妊治療を始めると「義務感のせいで、セックスが楽しくなくなった」という感想を抱く人が増えます。

そうならないためにも、心の余裕を持って行為に臨めるようにしたいですよね。
またストレスは、精子の運動量に悪影響を及ぼすとも言われていますので、その点にも気をつけたいところです。

男性の妊活・3;禁煙する

喫煙は精子に悪影響を与えます。
喫煙している男性「喫煙しない人よりも10〜17%、精子量が減少する」「精子の運動量が減少する」などと言われているのは有名です。赤ちゃんに先天的なトラブルを与えてしまう可能性があるとも言われています。

なお、禁煙は少なくとも妊娠を目指す3ヶ月前から行うことが望ましいとされています。
精子は毎日作られているのですが、実は、作られた精子が射精できるまでの準備には3ヶ月ほどかかるのです。

パートナーが妊娠できたあかつきには、結局は男性も禁煙は必須になります。
男性も女性同様、妊娠を目指す段階からタバコをやめられることが理想的です。

男性が「妊活」としてできることはたくさんあります。
現状を正しく知るため、不妊治療のファーストステップである精子の検査を行ってみるのもよいでしょう。

けれど一番大切なのは、男女ともに「妊活しているパートナーを1人にしない」ことです。
妊活は、不妊治療ほど医学的なコントロールの下で行われるものではありません。

そのため「妊娠した」という形以外には成果が見えない上に、「努力」の際限がなく、追い詰められてしまう人も多いものです。
だからこそ、ひとりにしないことが大切なのです。

そして「がんばりすぎなくていい」「子どもがなくても自分たちは幸せだ」と、お互いに伝え、思いあえるようなパートナーシップを築くことが必要なのです。

関連記事:意外とやってる!男性の妊活で気をつけるべき生活習慣3つ
野菜食が不妊を招く!?現代を生きるリスクを知ろう
夫を不妊治療に協力させるには?
まさか旦那の大好物も!?妊活中の男性がNGな食事3つ

ライタープロフィール

佐原チハル_プロフィール写真

佐原チハル
性に関わるユースワーカーを経てフリーライターに。
ノンセクシュアルでXジェンダー。ハニーと二人三脚で子育てに奮闘中。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)大好きなBL妄想で、日々腐女子力に磨きをかけている。