トップページ > 妊娠活動 > 妊活が必要な時、原因は女性だけなのか

妊活が必要な時、原因は女性だけなのか

shutterstock_156331484

不妊治療にまつわる研究が現代のように進む以前の日本や世界では、夫婦に子供が産まれないのは女性の責任だとされていました。
中には女性不妊であるケースも確かにあったでしょう。
しかしそれがすべてだったわけがありません。
男性と女性が同じ人類である以上、女性と同じだけの確率で「男性不妊」が存在しているのは間違いないでしょう。

しかし、夫婦となってから不妊が疑われる状況になった時、自ら男性不妊の可能性を見据えて検査に赴く男性はほとんどいないのが現実です。
例え男性側に原因があったとしても不妊治療を厭い、検査にすら協力しないという「夫」も少なくはないのです。
非常に残念なことですが、「不妊」という事象に対する国民的な知識不足や、男性の繊細なプライドや虚栄心がそうさせるのだろうと推測します。

実際の数字でどれだけの男性が「男性不妊」を抱えているかと言うと、48%が男性不妊を抱えている、という世界保健機構による調査報告が参考になります。
不妊治療に当たる夫婦のうち、女性のみが不妊の原因を抱えているのが41%、男性の実が24%、男女ともに問題があるというのが24%で、残りの11%は原因不明なのだそうです。

この「原因不明」の割合には、夫婦双方かあるいは一方が検査を拒否して原因を特定できなかったという数字も含まれています。
検査を受ければ必ず治療を受けて成果を出せるというわけではありません。
しかし、実際問題として検査なくして不妊治療は始まりません。

男性不妊の原因で最大多数のものとは

妊娠が難しくなる男性不妊にも先天的なものと後天的なものがあります。
原因や症状によっては完全不妊ということもありますが、もちろん不妊治療の効果を期待できる方も少なくないのです。
男性不妊の検査には以下のようなものがあります。

■ 男性不妊の検査
精液検査
精液中の精子密度と運動率を調べる検査です。
精子の中には運動しているもの、していないものがあり、精子の数が多くても運動率が低ければ妊娠の可能性は引く憂くなります。

染色体検査
染色体異常の有無を調べる採血検査です。

ホルモン検査
FSH、LH、テストステロン値を調べて精巣の機能を確認する検査です。

抗精子抗体
血液中に精子を殺す抗体があるかどうかを調べる検査です。

Y染色体検査
Y染色体上に無精子症関連領域があるので、遺伝的欠失の有無を確認する検査です。

AMH
アンチミューラリアンホルモンと言う物質が男性不妊にかかわる生殖細胞の指標と考えられており、この数値で男性不妊の可能性を調べる検査です。

感染症関連検査
B型肝炎(HBs抗原)、C型肝炎(HCV抗体)、エイズ(HIV抗体)、梅毒(RPR法、TPHA法)によって感染症の有無を調べます

近年では男性不妊外来という専門の診療科を設けているクリニックも出来ています。
不妊を疑われる症状がある男性には深刻な病気が潜んでいる可能性があり、時として命の危険にさらされることにもなりかねません。

女性が不妊の検査を受けるのが辛いのと同じように男性にもためらいや不安があるとは思いますが、あいまいなままにしておくのは自殺行為のようなものです。
不妊なのか、だとしたら不妊の原因は何なのか。
検査で答えを出す勇気を持ってください。

関連記事:男女で違うこともある!妊娠前の生活改善
男性不妊の原因になる「おたふく」について知っておこう
女性も知っておきたい、男性の不妊検査について
男性不妊の種類を知ろう。どこまで不妊治療は有効なの?

ライタープロフィール

円谷

円谷ミナミ
基本的に斜めの姿勢で世の中を見つめるフリーライター。
性的思考はボーダーレス。ただし多少女性に甘い。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)(沈思黙考・無言実行)
”秘すれば華”を人生を通して実現する方法を模索している。
乙女の窓辺~女性にまつわる、うわさの検証~の四コマ連載中