トップページ > 妊娠活動 > 【漢方の定義】妊活に漢方を!そもそも漢方ってなに?

【漢方の定義】妊活に漢方を!そもそも漢方ってなに?

【漢方の定義】妊活に漢方を!そもそも漢方ってなに?

風邪や肩こりに対する効果を謳ってよいと厚生労働省に認可されている「葛根湯」など、日本人にとっても漢方薬は非常になじみ深い薬品です。
血行促進や体調不良、疲労に効くという種類もあるため妊活や不妊治療に用いることを推奨する傾向がありますが、そもそも「漢方薬」とは何であるのか、その定義を説明できる方はどれほどいらっしゃるでしょうか。

大陸からやってきた「漢方」の定義を考える

「漢方」とは何なのかを考える時、ふと身の回りを見回してみると、日本のドラッグストアでも様々な漢方らしき医薬品が販売されていることに気付きます。
しかしそれらはすべてが漢方薬と言うわけではありません。

ドラッグストアで販売されている医薬品には、日本の伝統的な民間薬、家伝薬、いわゆる生薬を用いた天然物抽出剤があり、さらにサプリメントに該当する栄養補助食品が混同される形で「漢方薬」と認識されがちなのだとか。

これは、日本の民間薬、家伝薬があまり知られていないことや、効果を謳った薬品のように見える栄養補助食品や天然物抽出剤があふれているために起こること、と考えられます。

正しい漢方薬とは、簡単に言うなれば「生薬を処方に基づいて組み合わせて構成したもの」です。

つまり「東洋医学に内包される病理学的、薬理学的理論によって生薬を運用したもの」と定義づけることが出来ます。
生薬とは「動物・植物・鉱物を原料とする単一の医薬品」であり、これを単独で用いてもそれは漢方薬と言う事にはなりません。
現在日本に流通している健康食品の多くにこの単一の「生薬」が取り入れられており、それもまた漢方薬と栄養補助食品の境目をあいまいにする一因となっているのでしょう。

生薬における各種の効能を目的に応じてかけ合わせる事で、漢方薬は多様な病気や怪我に対応してきました。
多くの症状で結果を蓄積した結果として、現在の東洋医学が形成されています。

現代の日本における「漢方薬」はどういう存在?

現在、各国で漢方薬は呼称が異なります。
中国では「中薬」朝鮮半島では「高麗薬」大韓民国では「韓薬」もしくは「韓方」であり、伝統的な処方に則って伝えられているようです。

しかし鎖国によってガラパゴス化が進んだ日本では独自の発展を見せ、名称は「漢方薬」のままでありながら、現在に至っては大陸とはかけ離れた組み合わせで処方が行われるようになったのだとか。

昭和35年に施行された「医薬品医療機器等法」いわゆる薬事法に対応するために漢方薬の成分分析が進み、結果として日本の漢方薬を独自の水準に押し上げることになりました。

「妊活」に取り入れたい「漢方薬」

西洋ハーブと同じように、生薬にもまた妊娠の禁忌があります。
一般に妊活に取り入れるべき、と言われる漢方薬をご紹介しましょう。

・当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)
・桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)
・加味逍遥散(カミショウヨウサン)
・婦宝当帰膠(フホウトウキコウ)
・温経湯(ウンケイトウ)
・補中益気湯(ホチュウエッキトウ)
・芎帰調血飲第一加減 (キュウキチョウケツインダイイチカゲン)
・六味丸(ロクミガン)
・八味地黄丸(ハチミジオウガン)
・杞菊地黄丸(コギクジオウガン)
・紫河車(シカシャ)
・桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)
・田七人参(デンシチニンジン)

※効果一覧へ 
妊活・不妊治療と縁が深い漢方の話

それぞれ目的や体質ごとに使い分けるようにして下さい。

関連記事:妊活・不妊治療と縁が深い漢方の話
妊活が必要な時、原因は女性だけなのか
不妊治療の漢方薬を体験したい! 需要拡大で海外弾丸ツアーも企画!?
不妊症改善の漢方薬、どんな効果があるのか知りたい!

ライタープロフィール

円谷

円谷ミナミ
基本的に斜めの姿勢で世の中を見つめるフリーライター。
性的思考はボーダーレス。ただし多少女性に甘い。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)(沈思黙考・無言実行)
”秘すれば華”を人生を通して実現する方法を模索している。
乙女の窓辺~女性にまつわる、うわさの検証~の四コマ連載中