トップページ > 妊娠活動 > 妊活中の食事は美味しく楽しく簡単に♪

妊活中の食事は美味しく楽しく簡単に♪

妊活中の食事は美味しく楽しく簡単に♪
こんにちは、ライターの凛音です。
妊活中は規則正しい生活と適度な運動、できるだけストレスのない状態を保つことが最良とされています。

そんな中、食事も気を付けたいポイント。
栄養バランスはもちろん、安心できる食材で体を冷やさないものを食べるようにするのがよいとされていますが、もう1つ精神的な部分も注目したいところ。
大切な食生活にストレスはかけたくないですよね。

そこで妊活中のストレスフリーな食事の仕方についてご紹介します。

ストレスのない食事で美味しく食べよう!

妊活中の食事の仕方は以下の3つのポイントが大切です。

1.負担をかけすぎない

妊活中にいいとされる食材や栄養素にこだわりすぎて、毎日の献立に悩んでしまったり、30品目食べなければ!と買いこんで食費がかさみ家計に負担がかけてしまったり、たくさんの料理を作って時間がかかり疲れてしまったり…。

食事に対するこだわりによって、結果的にストレスになってしまっては本末転倒です。
ときには食べたいものを食べてもよいですし、料理に手を抜いても大丈夫。
その方が精神的に体にとっていいときもあります。

また、上手に時短テクニックを使って食事への負担を少なくすることもオススメ。
例えば、食材が特売のときに買いこんで冷凍保存にしたり、前日の鍋やしゃぶしゃぶの残ったスープを雑炊、味噌汁にして二次使用するなど、栄養を摂りつつ時短を心がける工夫をするといいでしょう。

2.美味しいと思って食べる

「食べること」は人間にとって生きるためにしなければならない本能の1つでもありますが、だからこそ人生の楽しみと言っても過言ではありません。

特に、女性は「美味しいと思うことに幸せを感じるという人が男性の2倍近くいたというアンケート結果もあるほど、食事を楽しむことでストレスを解消できるのです。
食事は常に「美味しい」と思って食べることを意識してみましょう。

もちろん、そのためには美味しい食事を摂ることがベターですが、いつもと変わらない食事だったとしても「美味しい」と口に出すことで少しでもストレスが軽減されますよ。

3.定期的にパートナーと特別な食事をする

妊活を始めると、夫婦ともども意識が「妊娠する」ということを最優先に考えがちに。
パートナーにも「いい精子ができるように」といってスタミナ抜群のものや、精力のつきそうな変わった食材を使った料理を出し続けていると辟易してしまうかも。

ときには妊活のことを考えずに、2人でグルメなデートに出かけて食べたいものを食べましょう!
月に一度くらいのペースでいいので、頑張った2人へのご褒美にちょっと特別な食事デートをします。

食事だけでなく、コミュニケーションアップやストレス解消にもなり、帰宅してから素敵なセックスもできるかもしれませんよ!
妊活中はストレスで夫婦の仲が不安定になりがちです。
幸せな食事で夫婦関係も良好に保ちましょう。

食事は毎日のこと。
仕事や家事に追われていると、どうしても疲れてしまう日もあります。
上手に自分の体とストレスとのバランスを取り、負担のない食生活を心がけましょう。

関連記事:妊活は母体全身のケアから始めよう!
妊活を始めるなら知っておきたい食事のこと
妊婦さんの食事におすすめの夏の料理
栄養価が3倍!?妊活中こそ旬のものを食べよう!

ライタープロフィール

凜音

凛音(りんね)
セクシャルコラムニスト
セクシャルコスメショップでの経験から、大人の恋愛やセックスに関するコラムを執筆。
フリーペーパー「Bex」にて女子力アップコラム連載中(名古屋限定)。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)鏡の前で自然な笑顔作りの研究