トップページ > 妊娠活動 > 40歳を超えてもできる?不妊治療のリミットとは

40歳を超えてもできる?不妊治療のリミットとは

40歳を超えてもできる?不妊治療のリミットとは
こんにちは、ライターの凛音です。
妊娠・出産できる年齢というのは明確なボーダーラインがないのですが、閉経前のおおよそ40代半ばくらいがリミットの目安になっているようです。
ですが、50代で妊娠する方も実際にいらっしゃいますし、排卵が続いている以上、必ずしも無理というわけではありません。

とはいえ、永遠に不妊治療を続けて妊娠の望みに賭けるというのも現実的ではないですよね。
不妊治療のリミットは何歳なのか、考えてみましょう。

妊娠の可能性は年々低下する

妊娠の適齢期は25~34歳といわれています。
それでも自然妊娠する確率は35歳からグッと下がり、25~34歳までは25%~30%だったのが35~39歳では18%、40~44歳で5%、45歳を超えるとわずか1%まで低下するそう。やはり妊活や不妊治療の結果が出やすいのは30代の間なのかもしれません。

ですが、やはり子供がほしいという気持ちは諦めきれないものですよね。
実際、30代後半から不妊治療を始める方が多く、40代でも頑張っている方はたくさんいます。

「始めるとやめられない…」リミットは自分で作る

妊娠が安定した時点で不妊治療は終了しますが、逆にいうと妊娠するまでは自分がやめない限り永遠に続きます。
不妊治療は費用もかかるので、ずっと続けるにはかなりの負担となりますし、薬や検査を繰り返すことで体と心も疲れるようになり、夫婦の仲がぎくしゃくしてしまうことも。

しかし、やめると今までかけた努力が無駄になる、少しの希望があるなら賭けたいという思いから、「妊娠する」ということに固執してしまい、何歳になっても続けたいと思うようになります。
医師も1%でも可能性があれば「やめた方がいい」とは言いにくいですし、患者さんの希望となると断れません。
そうなると、不妊治療のリミットとは実に自分で「もうやりきった」と思えたときといえるのです。

子供を持つことだけが人生ではない!

不妊治療を始めるときは、パートナーと話し合って2人のリミットを決めましょう。
そこまでは頑張って治療を続け、決めたリミットになったら潔く治療をやめて、自分とパートナーにとって最良な生き方を見つけることにベクトルを向けるとよいでしょう。

長い人生の中で、子供がいる親戚や友人を見て「うらやましい」と思ったり、他人に「お子さんは?」と聞かれて悲しい思いをしたりという場面はあるかもしれませんが、今の世の中、全員子供を人生のテーマにするものでもありませんし、子供が持てないことで人間として、女性として否定されるわけでもありません。生き方の選択肢はいくらでもあります。
あなたらしい生き方、パートナーと楽しく生きていく方法を探してみてください。

関連記事:【不妊治療】不妊症の定義・新基準適用は8月より
「35歳前には産めない!」時、諦めなくてはいけないの?
絶対子供は必要?産まない選択をしても人生は輝ける!
卵子凍結保存:成功率はどのくらい? 年齢リミットは何才?

ライタープロフィール

凜音

凛音(りんね)
セクシャルコラムニスト
セクシャルコスメショップでの経験から、大人の恋愛やセックスに関するコラムを執筆。
フリーペーパー「Bex」にて女子力アップコラム連載中(名古屋限定)。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)鏡の前で自然な笑顔作りの研究