トップページ > 妊娠活動 > 「妊活」って何するの?

「妊活」って何するの?

「妊活」って何するの?
こんにちは、ライターの佐原チハルです。
「妊活に興味はあるけれど、始めるタイミングがつかめない」「妊活って具体的には何をするの?」と考えている方、悩んでいる方は、少なくないと思います。
そこで今回は、妊活を始めるタイミングと、代表的な「妊活でやること」をご紹介してみたいと思います。

1、妊活を始めるタイミングはいつ?

妊活を開始するタイミングとして多いのは、結婚して少し経った頃や、子どもを授かろうとしても半年以上かなわなかった時、また高齢出産になる可能性が見えてきたとき、という場合が多いようです。

けれど妊活の一番の始めどきは「思い立った時」です。
体づくりや知識を身につけることは一朝一夕にはできませんし、早く始めて困ることも当然ありません。

また妊活ですること・できることはたくさんありますので、一気に全てを行うのではなく、より行いやすいもの・興味のあるものから順次とりかかってみる、というのもよいですね。

2、妊活って具体的に何をするの?

・妊娠や不妊に関しての知識をつけてみる
性行為はやみくもに行うよりも、体の仕組みを知った上で行った方が、子どもを授かれる可能性はやはりあがります。

・基礎体温をつけてみる
基礎体温の計測はどうしても面倒に感じられてしまいますが、予測式の体温計を使うことで計測時間を短縮したり、計測したデータを自動でグラフ化してくれる体温計を選んでみたりして、工夫してみましょう。

・睡眠をしっかりとれるようにし、食生活の改善もしてみる
睡眠ホルモンの分泌に影響を与えるものですので、しっかりと確保することが必要です。
また食事は体づくりの基本ですから、栄養バランスにより気をつけたものをとるようにできるとよいですね。
このほかにも、適度な運動を心がけたり、体を冷やさないようにしたりなどがあげられます。

3、妊活経験者・妊娠経験者からのオススメといえば?

上記のほかにも、実際に妊活・妊娠した人からオススメされているものがあります。
それが「葉酸を摂取すること」「婦人科で定期検診を受けること」です。

「葉酸」は、特に妊娠初期に必要とされる栄養素なのですが、実はこれ、妊娠中だけでなく妊娠前・妊娠を計画している段階から摂取しておくことが推奨されているものなのです。
厚生労働省によれば、それらの女性は400ug/日摂取することが望ましいとされています。

また、なんらかの疾患によって妊娠できない・しづらい体になっている可能性もあります。
定期的に検診を受けることで、それらの病気の早期発見ができれば、より深刻な事態になる前に治療を受けることができます。

妊活は、できること全てを同時にやり始めようと思うと、はじめはとても負担が大きくなってしまう可能性があります。
「今よりも30分早く寝られるようにしてみる」など、比較的簡単にできて、日頃の生活のプラスにもなるようなものから始めてみるのがオススメですよ!

関連記事:妊活ってなんだろう?
妊活は生まれた瞬間に始まる
「妊娠前から考えておきたい3つのこと」って?
不妊治療はどう始める?治療の流れとは

ライタープロフィール

佐原チハル_プロフィール写真
佐原チハル
性に関わるユースワーカーを経てフリーライターに。
ノンセクシュアルでXジェンダー。ハニーと二人三脚で子育てに奮闘中。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)大好きなBL妄想で、日々腐女子力に磨きをかけている。