トップページ > 妊娠活動 > 妊娠まで治療をしたいけどできれば受けたくない…男性の不妊治療への本音

妊娠まで治療をしたいけどできれば受けたくない…男性の不妊治療への本音

妊娠まで治療をしたいけどできれば受けたくない…男性の不妊治への本音妊娠まで治療をしたいけどできれば受けたくない…男性の不妊治への本音

こんにちは、ライターの凛音です。妊活女性の7割くらいから、夫があまり協力的でないという話を聞きます。
やはり不妊治療で病院に行くことを望まない夫が多いよう。
男性にとって不妊治療のイメージはどのように持たれているのでしょうか。

そこで、今回はアンケート結果から、20代男性の不妊治療に対するイメージについてご紹介。
若い男性が持つ、不妊治療に対する意外な本音が明らかになりました。

大多数の男性が「不妊治療に費用がかかっても協力して取り組み続けたい」

『20代男性の妊活に関する意識調査』(2016年8月~9月 ゲンナイ製薬調べ)によると、将来的に子供が欲しいと思っている男性442名に希望の子供の授かり方について聞いたところ、「自然に子供が授かることが理想」と答えたのが94.2%となり、ほとんどの方が自然妊娠を希望していました。

ですが、もし将来的に不妊で悩んだ場合についても聞いたところ、「不妊で悩んだら夫婦でなんでも相談し合いたい」と思っている人が54.8%、「不妊検査・治療は夫婦で協力して取り組むべきだ」が62.0%、そして「不妊検査・治療に費用がかかっても、子どもを授かるまで諦めたくはない」と思っているのは80.8%でした。

つまり、不妊で悩んだときは、夫婦で相談して検査や治療も協力し合いながら、たとえ費用がかかってもちゃんと進めていきたいと思っている男性が大多数ということ。
こんなに不妊治療に非協力的な夫の話が聞かれる世の中で、なんとも驚くべき結果となりました。

不妊でも検査には抵抗が…男性不妊の認知度が低いから?

しかし、同被験者に「もし不妊に悩んだとき、自分で実践できることは?」(複数回答)と聞いたところ、「医療機関で不妊検査を受ける」は28.1%、「医療機関で不妊治療を受ける」と答えたのは24.7%にとどまりました。
やはり不妊に直面しても、すぐに不妊検査や治療に進むということに、まだ男性は抵抗を感じているうです。

実は、同調査で「不妊症の約半数(48%)は男性に原因がある」ということを「知らなかった」と答えたのは70.6%も!
つまり、自分に原因があるかもしれないと認識していない男性が多く、いまだに「不妊治療は女性が行うもの」という意識を高く持っているため、自身で不妊治療へ行こうと思わないのかもしれません。
男性の妊活の意識レベルの低さがよくわかる結果ですよね。

男性の「協力的な妊活」には知識を与えて

以上の結果をまとめると、20代男性は「自然妊娠を希望しているけれど、もし不妊だとわかったら夫婦で話し合って治療へと進め、妊娠できるまで諦めずに続けるが、自身は検査・治療に行こうとは思っていない」ということになります。
女性から見れば、なんだかとても勝手な話だとは思いますが、やはりこの意識は妊娠や不妊に対する知識が足りないからこその結果なのではないでしょうか。

「不妊で悩んだときに自身で実践できること」の回答として最も多かったのは「妊娠・妊活について調べる」(60.2%)で、まず知識を得ようとしています。
知らないからこそ「調べよう」と思うわけですから、やはり知識の低さが浮き彫りになっています。

さらに次に多かった「パートナーと話し合う」、続いて「夫婦関係が良好に保てるようにする」とメンタルや関係性のケアを挙げているところを見ると、妻や結婚生活に対して真摯に向き合おうという姿勢が見られています。

つまり、実は男性はちゃんと妊活に協力したいと思っているけれど、知識が足りないばかりに積極性が足りないように見えてしまっているのかもしれません。
もしかすると、本人は「協力している!」と思っている可能性も。
やはり、まずは男性に妊娠や不妊の知識を植え付けることが、協力的な妊活のポイントなのです。

いかがでしたか?不妊に関する男性との温度差には、意外なポイントが隠れていました。
男性は話し合いたいと思っているようなので、頭ごなしに「なんで協力してくれないの!?」と怒るのではなく、まずはじっくりと意識のすり合わせをしてみましょう。
思い違いや勘違いを一つずつ解決していくことで、効率よく妊活が進められるかもしれません。

関連記事:男性の本音に迫る! 本当は不妊治療についてどう思ってる?
男性はなぜ不妊治療に対して積極的にならないのか
不妊症に関するアンケートキュアリ調べ・みんな不妊症についてどう思ってるの?

ライタープロフィール

凜音凛音(りんね)
セクシャルコラムニスト
セクシャルコスメショップでの経験から、大人の恋愛やセックスに関するコラムを執筆。
フリーペーパー「Bex」にて女子力アップコラム連載中(名古屋限定)。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)鏡の前で自然な笑顔作りの研究