トップページ > 妊娠活動 > 「パートナーシップがとれている」と感じる瞬間ってどんな時?

「パートナーシップがとれている」と感じる瞬間ってどんな時?

「パートナーシップがとれている」と感じる瞬間ってどんな時?

こんにちは、佐原チハルです。
「パートナーシップ」って、よく聞く言葉ですよね。
結婚や妊活をしている・していないにかかわらず、大切なものです。

でも「『パートナーシップ』ってなに?」とあらためて言われると、わからなくなってしまうこと、ありませんか?

そこで今回は、「これがパートナーシップだ」「私たち、パートナーシップがとれていてよかった!」と感じられた瞬間についての声を集めてみました。

1、家事も助け合えていると感じられたとき

「実家は父親が絶対に家事をしない人で、母親にばかり負担が寄っているのを見ていました。だから今、当たり前に一緒に家事をする夫を見ていると、一緒に生活するってこういうことだよな……」と思わされます。

「共働きだし、家事は完全に分担しているんですが、私は掃除が苦手で、夫は料理が苦手です。料理の中でも、私は作るのは好きだけど片付けは好きじゃない。夫はその反対です。そういうところを綺麗に分担できたとき、助け合えてるなぁって思えます。もちろん、うまくいかないこともあるけど、助け合っていこうってお互いに思えてるなっていう実感はある。こういうのってパートナーシップの大事な一部ですよね」
一緒に生活する場である“家”を整える仕事が“家事”です。その分担を、それぞれにとって心地よく行える・行おうとしあえることは、とても大きなポイントになりますね。

ただ、家事の分担に関しては“出産”が転機になってしまうことが多いと聞きます。
妻が産休。育休に入ることで、育児のみならず家事も大幅に頼られることになり、そのまま妻タスク扱いになってしまうことが多い、というのです。
どんな状況になっても、“お互いに・どちらもが”という気持ちは忘れないでいたいですね。

2、お互いに「我慢しない」けど「言い過ぎない」でいられている

お互いに「我慢しない」けど「言い過ぎない」でいられている

「私はもともと、あまり人に文句を言ったり、怒ったりができないタイプだったんです。でも夫に対しては、いろいろと言えてしまいます。最初は『夫に甘えちゃってるのかな』と思っていたんですが、夫は『感情を伝え合うのは大事なことだから、大丈夫』と言ってくれます。もちろん夫も、私にちゃんと話をしてくれます。そういうのの積み重ねが“パートナーシップを作る”ってことなんだろうと思っています」
これとは逆のパターンについても聞きました。

「言いたい事は我慢せずに言い合うのが大事、相手に理解してもらわなきゃ、」と思っていたんですが、夫に『言葉がきつすぎる』『僕にも僕の考えがあるんだから、少しは尊重してくれ』と言われたことがありました。それで、“言いたい事を伝える”ことと“言ったとおりにしてくれと要求する事”の違いを知ったというか。お互いに別の人間なんだから、価値観が違うのも当たり前で、それでも一緒にやっていきたいからこそ、言いすぎたり踏み込み過ぎたりしないでいることも大事なのかなと思いました。パートナーシップって、一緒にやっていく、というのが大事なので、何でもかんでも同じがいいってわけではないんですね

“自分で我慢しすぎない”“相手に我慢させすぎない”のバランスを保てることが大事なようです。

3、家族から“守ってくれた”とき

「夫側のご両親は、悪い人ではないのですが、結構保守的で。私が仕事を忙しくしていることとか、子どもはまだ数年考えられないと思っていることが嫌みたいなんです。その相違で、帰省の時に喧嘩になってしまったことがありました。その時夫が、完全に私の味方になってくれて、私を擁護してくれたんです。この人は、私がパートナーであることを本当に大切にしてくれているんだな、と、すごく感じられました」

“結婚は家同士のつながりだ”と言われてきました。今でもそうした意識は強く残っています。
そんな中、パートナーが「育った家」と向かいあってくれるというのは、とても心強いことですね。

「パートナーシップ」を感じられるシーンというのは、人それぞれ、たくさんあります。
また今回は“相手にしてもらったことで、私が感じられたもの”を多く集めましたが、“私がすることで、相手に感じてもらえたもの”もまた、日々の中には多くあるはずです。
それらがバランスよく、両方とあることが大切ですよね。
パートナーシップは、一朝一夕に築けるものではありません。地道な作業になりますが、毎日の積み重ねを大切にしていきたいですね。

関連記事:セックスできない生理中だからこそ!パートナーとスキンシップを
不妊治療中夫婦の日常生活で増やすといいこと3つ
【妊活】夫婦仲良しのタイミングは何時がいいの?

ライタープロフィール

佐原チハル_プロフィール写真

佐原チハル
性に関わるユースワーカーを経てフリーライターに。
ノンセクシュアルでXジェンダー。ハニーと二人三脚で子育てに奮闘中。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)大好きなBL妄想で、日々腐女子力に磨きをかけている。