トップページ > 妊娠活動 > 忙しくても大丈夫! さっと作れる“夏バテ料理”とは?

忙しくても大丈夫! さっと作れる“夏バテ料理”とは?

忙しくても大丈夫! さっと作れる“夏バテ料理”とは?

こんにちは、佐原チハルです。
最近では、7月・8月を越えて9月まで、年によっては10月まで、まるで夏のような暑さが続きます。
「いつまでも夏バテが治らない!」という方、いらっしゃいませんか?夏バテの解消には食生活を整えることが大事、とは知っていても、たとえば仕事で疲れて帰ってきた後などでは、「しっかりと料理する気力なんて残ってないよ……」ということもありますよね。
そこで今回は、夏バテ解消に役立つ、“忙しくて疲れていても簡単に作れる料理”をご紹介してみたいと思います

1、「豚肉と玉ねぎ」を組み合わせる

「豚肉」は、とてもビタミン豊富な食材です。
中でも注目したいのが、ビタミンB1。ビタミンB1は、吸収した栄養素をエネルギーに変えるはたらきをしています。
そのためビタミンB1が不足すると、疲労感が抜けなかったり、胃腸の能力が落ちて食欲自体が減退したり、などの症状が出ます。
つまりビタミンB1の不足は、夏バテのもとなのです。

ビタミンB1は、豚肉のほか、うなぎにも豊富に含まれています。
しかし鰻は絶滅に瀕していますし、価格もお高いです。豚肉の方が手軽でリーズナブルですね。
豚肉を食べる際には、「玉ねぎ」をぜひセットにしましょう。
玉ねぎに含まれる硫化アリルという成分のおかげで、ビタミンB1の吸収が高まります。

<オススメの料理方法>
「玉ねぎと豚肉を一緒に炒める」。以上です。生姜焼きなどのタレで炒めるのもよいですし、塩胡椒だけでも十分に美味しいです。めんつゆで炒める場合は、溶き卵を一緒に混ぜて“親子丼風”にするのもオススメです!

2、メニューに枝豆とトマトを添える

メニューに枝豆とトマトを添える

枝豆といえば、「ビールと一緒に食べると美味しい!」というイメージが強いと思います。
美味しいだけではなく、枝豆にはアルコールの分解を促進し、肝機能を助けてくれる働きもありますので、栄養面からもオススメです。
さらに枝豆は、ビタミンB1・ビタミンB2が豊富に含まれているので、上述の豚肉同様のはたらきをしてくれます。

また、トマトもオススメです。
トマトは「抗酸化作用」が高いことが知られています。生活習慣病・ガン・肺疾患などへの予防効果があると言われているのです。
それだけでなく、トマトに含まれる「リコピン」は、メラニン生成を抑制したり、日焼け予防になったり、角質層の状態やシワを改善してくれる働きがあるのだそうです。
つまり、美肌効果ですね。夏は強烈な紫外線のせいで、肌へのダメージが大きくなります。
トマトはそれを予防したり、軽減してくれたりするのです。

<オススメの料理方法>
どちらも「添えて、塩を振って食べるだけ」で十分です。枝豆は4〜5分で茹であがりますし、トマトは洗って切るだけでよいので楽ですね。
枝豆を「茹でるのも面倒くさい!」という時は、冷凍のものを買ってしまいませよう。レンチンでよいので、さらに楽です。

なおトマトは、“油を使って加熱する”方法の方が、栄養を吸収しやすいそうです。
肉料理や野菜炒めなどでフライパンを使う場合には、隅で一緒に加熱してしまうのがよさそうです。

3、「とにかく肉!」を食べる

肉は“たんぱく質”源です。たんぱく質には「肉をつくる」「血をつくる」はたらきがあり、エネルギー源になることもあります。
まさに“からだをつくる”栄養素であり、疲労回復にも欠かせません。暑さのせいで疲れやすい夏には、特に重要ですね。

筆者は夏になると、時々無性に「焼肉が食べたい!」「肉をよこせ!」という気分になることがあります。
同じようなことを言っている友人も何人かいます。そんな時は、我慢せずに肉を食べましょう。
焼肉屋に行ってもいいですし、タレつき肉を買って帰ってもいいです。

お気に入りの「焼肉のタレ」を冷蔵庫に常備しておけると心強いですね。
「たっぷり肉を食べることがストレス発散になる」と言っている人も少なくありませんので、夏バテという身体的疲労だけでなく、心的疲労にも効果が見込めるかもしれませんよ。

関連記事:夏バテの夏にも妊孕力は下げたくない! 食べるべき食材と栄養素の話
栄養価が3倍!?妊活中こそ旬のものを食べよう!
リフレッシュとビタミン補給、妊活夫婦におすすめの「冷汁」レシピ
夏の栄養不足が「味覚障害」を連れてくる!? 妊活女性の元気を作る食事とは

ライタープロフィール

佐原チハル_プロフィール写真

佐原チハル
性に関わるユースワーカーを経てフリーライターに。
ノンセクシュアルでXジェンダー。ハニーと二人三脚で子育てに奮闘中。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)大好きなBL妄想で、日々腐女子力に磨きをかけている。