トップページ > 妊娠活動 > 不妊症改善の漢方薬、どんな効果があるのか知りたい!

不妊症改善の漢方薬、どんな効果があるのか知りたい!

不妊症改善の漢方薬、どんな効果があるのか知りたい!

不妊治療をサポートする漢方薬にもいろんな種類と効果があります。
体質別に使い分ける必要があるので、それぞれの効果と使い分け方を把握しておきたいところ。
漢方薬の主な名前をご紹介します。

不妊症改善には体質で使い分ける漢方薬が人気! 体質別漢方薬

不妊症改善には体質で使い分ける漢方薬が人気! 体質別漢方薬

■虚弱体質で貧血などがある女性向けの漢方薬

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
:体力が弱い女性向けの漢方薬です。
月経に伴う不快な症状、冷え性、貧血、更年期障害などに効果を発揮します
・温経湯(うんけいとう)
:体力が弱い女性向けの漢方薬です。
基礎体温や月経の周期を整える効果があります
・補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
:下半身とともに胃腸などの働きも弱っている場合に適した処方です。
男性にも効果があり、男性においては精子を増やしたり運動率を上げたりといった効果があります
・健胃顆粒(けんいかりゅう)
:「気虚」の諸症状に効果を発揮します。
婦人科の悩みと消化器系の問題を抱える方に適した漢方薬です
・婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)
:排卵困難症などの女性に適した漢方薬です。
また、更年期障害の諸症状にも効果を発揮します
・参茸補血丸(さんじょうほけつがん)
:「気虚」の諸症状に効果を発揮します。
若返りにいいとされていますが胃への負担が大きいので、服用には注意が必要です

■冷え性や頻尿などがある女性向けの漢方薬

・八味地黄丸(はちみじおうがん)
:下半身の衰えに効果を発揮する漢方薬です。
不妊治療では卵巣の若返りを目的として処方されます。
不妊治療の世界では信頼性が高い漢方薬として知られています
・六味丸(ろくみがん)
:「八味地黄丸」同様、弱った下半身に働く漢方薬です。
腎に疲れがある時、泌尿器や卵巣が衰えている時に処方されます
・牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)
:「八味地黄丸」を基にした処方で、精神不安や不眠、そして、男性不妊に効果があります。
補中益気の漢方薬です
・杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)
:不妊治療中の低温期に用いられるケースが多い漢方薬で、頻尿や排尿困難、慢性疲労、疲労感、つかれ目、むくみ、視力低下などに効果が期待できます
・逍遙丸(しょうようがん)
:気の巡りを整える効果があり、大多数の不妊症の方に有益な漢方薬だと言われています
・加味逍遥散(かみしょうようさん)
:月経障害や冷え性、虚弱体質、精神不安や更年期障害の症状を改善する漢方薬です

■血の巡りに問題がある女性向けの漢方薬

・芎帰調血飲第一加減 (きゅうきちょうけついんだいいちかげん)
:気血水の流れを改善する漢方薬として人気の「芎帰調血飲第一加減」は、貧血や骨盤内のうっ血解消などで生理痛、体力低下、産後の衰弱などの際に役立ちます
・冠元顆粒(かんげんかりゅう)
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
:血の巡りを改善して月経前症候群(PMS)の症状を改善したり、子宮内膜症、子宮筋腫などの症状を軽減したり、更年期障害を穏やかにしたりします。
足の冷え、冷えのぼせがある方にも適した漢方薬です
・参馬補腎丸(さんばほじんがん)
:貧血改善や巡りの改善、生理症状改善で、着床と胎児の発育に耐え得る環境づくりに役立つ漢方薬です。
また、男性においては精力増強と精子の運動率を上げる働きがあります
・瓊玉膏(けいぎょくこう)
:力強い生命活動をサポートする漢方薬。「命の根本を育む」とされています。
体に栄養を取り込む働きが弱っている時におすすめです
・紫河車(しかしゃ)
:「補益」の漢方薬で、強壮作用に信頼性があります。西洋名で「プラセンタ」のことです
・桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
:血の巡りを助け、冷えのぼせや生理痛、生理不順、便秘などの改善に役立ちます
・田七人参(でんしちにんじん)
:血液が滞った時に効果を発揮する漢方薬です。
滋養強壮、免疫力増強の効果があります。
子宮内膜症などの疾患がある女性にも良いとされています

男性不妊症に対しても有益な不妊症対策の漢方薬

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)と呼ばれる漢方薬は、つまり、「益気」を体内に補う働きを促進する、あるいは改善するものです。

女性の不妊症と男性の不妊症は、割合としては5対5の半々。
女性側だけでなく、男性不妊症に効果がある漢方薬もぜひチェックしておいてください。

漢方薬は生薬の組み合わせで無数の種類があります。
今回ご紹介したもの以外にも多数の漢方薬がありますので、医師、薬剤師、漢方薬局にご相談の上で服用するものを選ぶといいでしょう。

関連記事:妊活・不妊治療と縁が深い漢方の話
【漢方の定義】妊活に漢方を!そもそも漢方ってなに?
不妊治療の漢方薬を体験したい! 需要拡大で海外弾丸ツアーも企画!?
生理時の鎮痛剤は体に悪いから避けるべき!? 安全に飲める痛み止めは?

ライタープロフィール

円谷円谷ミナミ
基本的に斜めの姿勢で世の中を見つめるフリーライター。
性的思考はボーダーレス。ただし多少女性に甘い。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)(沈思黙考・無言実行)
”秘すれば華”を人生を通して実現する方法を模索している。
乙女の窓辺~女性にまつわる、うわさの検証~の四コマ連載中