トップページ > 妊娠活動 > 女性の不妊症を招く性感染症(STD)とは? 怖さと予防法を知ろう

女性の不妊症を招く性感染症(STD)とは? 怖さと予防法を知ろう

女性の不妊症を招く性感染症(STD)とは? 怖さと予防法を知ろう

・性感染症の中には女性の不妊症を招くものがある
・不妊症になりやすい性感染症とは?
・性感染症から不妊症に至る経路とは

性感染症(STD・STI)とされる病気には多くの種類がありますが、特に女性の不妊症リスクを高めるものが「淋病」と「クラミジア感染症」です。
これは看護師の国家試験でも問われた問題で、炎症からさまざまな障害を引き起こす可能性があります。

淋病:

粘膜の接触で感染する淋菌に由来する病気で、炎症を引き起こします。
粘膜部から腹腔内に感染と炎症が進展すると子宮付属器官炎や骨盤腹膜炎になり、卵管などが癒着するために不妊症になるのです。
ある程度悪化するまでの自覚症状はほとんどありません。
おりものが増える程度なので、自覚が難しい性感染症(STD・STI)と言えるでしょう。

クラミジア感染症:

クラミジア感染症もまた炎症によって不妊症に至る病気です。
原因菌はクラミジア・トリコマティス。接触性感染症であり、卵管狭窄症の原因になることが知られています。
おりもの、腹痛などが自覚症状として現れるケースもありますが、多くは無自覚のうちに進行する病気です。

性感染症はどのような接触でうつるのか?

かつて性感染症は花街や風俗街で蔓延した病気でした。
そのために一般人には縁遠いというイメージが強いようですが、近年の性にまつわる意識の変化に伴って、性感染症リスクが高い人々の領域が変わってきたのです。
性行為についての最も大きな変化は行為の多様化だと考えられます。

・オーラルセックス(口淫)
・アナルセックス(肛門性交)
・ペッティング
・膣性交

例えば口と口との接触、キスだけでうつることも十分にあります。
実際、淋病については性器から口腔や咽頭部への感染が増えているそうです。
口腔、咽頭に淋病を持つ人物とキスをすれば、それだけで相手も淋病に感染してしまうでしょう。

女性のためだけではない性感染症予防

女性のためだけではない性感染症予防

今回ご紹介した性感染症、淋病とクラミジア感染症は、女性の不妊症を招くと言う側面からピックアップしました。
病変部が接触すれば容易に感染するため、感染予防には男性の側からの努力。

具体的にはコンドームの装着が欠かせません。
不妊症リスクを避けるために男性にコンドームを装着してもらおう、そう言ってしまうと女性のためだけの予防措置のような印象を与えてしまうかもしれないですが、実際にはいずれの病気も尿道炎や腎臓病その他の可能性を秘めているのです。

性感染症予防は男女双方のためであること。異変に気付いたら即座に、その可能性のある男女ペアで治療を受けることを心がけていただきたいと思います。

ちなみに、もしかしたら感染してしまったかも……?
そんな時には婦人科、産婦人科、レディースクリニックのほか、郵送型の検査方法もあります。
婦人科の受診をためらうような時にはこちらを利用するといいでしょう。
郵送型の検査キットは一般的な性病検査に加えてHIVなどの種類もあります。ぜひ検査機関に問い合わせてみてください。

関連記事:コンドームとピル以外にはどんな避妊法があるの?
性感染症(STD)にはどんな種類があるの? 男女で症状が違うって本当?
性感染症(STD・STI)の予防に!セーフセックスのためのコンドームの使い方指南書
男性が無自覚のうちに媒介してしまう性感染症(STD)がある!

ライタープロフィール

円谷円谷ミナミ
基本的に斜めの姿勢で世の中を見つめるフリーライター。
性的思考はボーダーレス。ただし多少女性に甘い。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)(沈思黙考・無言実行)
”秘すれば華”を人生を通して実現する方法を模索している。
乙女の窓辺~女性にまつわる、うわさの検証~の四コマ連載中