トップページ > 妊娠活動 > 妊活を始めるならまず最初に何をする? 現代女性の妊娠メソッド

妊活を始めるならまず最初に何をする? 現代女性の妊娠メソッド

妊活を始めるならまず最初に何をする? 現代女性の妊娠メソッド

妊活にはこれという制限がありません。
自力で行う健康法から、基礎体温票を用いた生理周期の管理とセックスのタイミング法、クリニックや婦人科で行う医学療法も含めて、あらゆる行動が「妊活」の一部。

また、どこからどこまでが妊活だという区切りがなく、さらには、期間の定めもないために、自力で妊活する女性たちは当該期間を「終わりのないトンネル」と呼びます。

現代女性の妊娠成功率の低下、年齢とともに弱くなる妊孕力などが社会的に問題視されるようになった結果、妊活や不妊治療という言葉は市民権を得ました。
しかしながら、実際に妊活を経験する女性は現状1割に過ぎないのです。

その理由は「何をしていいかわからない」「忙しくてなかなか踏み切れない」「不妊治療をしなければならないとしたら費用の負担が心配でとても考えられない」などというもの。

妊娠したい。いつか子どもを産みたいと願う女性は、そんな風に現実から目をそらすのではなく、「今、この時に必要な行動」を考えてください。
それこそが妊活の第一歩です。
身構える必要はありません。
何気ない日常の改善もまた妊活の一環なのですから。

始めの一歩が肝心! 忙しい女性こそきっちり眠ろう

始めの一歩が肝心! 忙しい女性こそきっちり眠ろう

美容業界で行われた実証実験で、人体、特に女性に対する睡眠の重要性が検証されました。
76名の女性が参加して、睡眠によるさまざまな健康増進効果が確認に至ったのです。

経済協力開発機構(OECD)加盟各国の平均睡眠時間を抽出して比較すると、日本はなんと最下位。
特に女性の平均睡眠時間が短く、厚生労働省の調査によると70歳未満では前年代を通じて1割以上が睡眠に不満を持っているのだとか。

社会人生活が始まる20代から不満の割合は上昇し、30代、40代でピークへ。
女性の妊娠可能年代に該当し、睡眠不足が少なからず健康状態に影響している現状が浮かび上がります。

睡眠不足になる原因はそれこそ人それぞれで、ストレス、プレッシャー、単に忙しいなど、誰もが眠れないだけの理由を持っています。

しかし、人の身体は眠りによって損失を補い、修復して機能を維持しているのです。
睡眠不足が続けば頭痛や倦怠感といった不定愁訴の領域にとどまらず、妊娠に必要な卵巣、子宮といった婦人科系器官も影響を免れ得ません。

睡眠不足は血行不良などに直結しますが、それは脳の働きが悪くなって、自律神経やホルモンバランスが崩れるからです。
女性の生理周期を整え、女性としての機能を守るもの。
その正体が自律神経と女性ホルモンですから、睡眠不足が妊娠に対する障害となることは自明でしょう。

●睡眠不足の人体への影響
・食べ過ぎ
・肥満
・倦怠感
・脳機能低下

(反応速度低下)
(認識力低下など)
・精神症状
(イライラ)
(記憶力低下)
(集中力低下)
(幻覚や幻聴など)
・脳血管障害リスク上昇
・代謝低下
・免疫力低下
・発がんリスク上昇
・糖尿病リスク上昇
・感染症リスク上昇

(風邪の感染率4倍に)
・老化の加速
・死亡率の上昇

(6.5時間未満の睡眠時間の場合死亡率20%上昇)

妊活のための「理想の睡眠時間」の議論

妊活という側面から理想の睡眠時間を検証したいのですが、まずかつての常識「理想は8時間睡眠」について考えてみましょう。

近年、この8時間という時間には根拠がないと言われるようになりました。
人の睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠が90分間隔で繰り返すので、8時間では快適な目覚めにならないというのです。

睡眠品質もまた体内時計を整える重要なポイントなので、すっきり起床できないようでは次の入眠と起床の障害になるのだとか。
レム睡眠のサイクルから導き出された理想的な睡眠時間は「4時間30分」「6時間」「7時間30分」で、妊娠を望む女性には「7時間30分」が最適です。

ただし、体力のない方は長時間眠り続けることそのものが困難なので、無理に眠ろうとすればストレスになって逆効果をもたらす可能性があります。
なるべく自然な眠りをムリなく得られるように調整してください。
そのためであるなら、夜間に6時間睡眠を確保し、昼間に1時間30分ほど昼寝するなどの工夫が有効でしょう。

妊活メソッドの第一歩。
睡眠の改善と、自分自身のために時間を使うところから始めることをおすすめします。

関連記事:妊活を始めるなら知っておきたい食事のこと
そろそろ赤ちゃんがほしい…心と体における妊活のタイミングとは?
妊娠してから困らないための「病院選び」のポイントとは?
「妊活」って何するの?

ライタープロフィール

円谷円谷ミナミ
基本的に斜めの姿勢で世の中を見つめるフリーライター。
性的思考はボーダーレス。ただし多少女性に甘い。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)(沈思黙考・無言実行)
”秘すれば華”を人生を通して実現する方法を模索している。
乙女の窓辺~女性にまつわる、うわさの検証~の四コマ連載中