トップページ > 妊娠活動 > 妊娠中のムダ毛処理について……妊娠時の脱毛リスク

妊娠中のムダ毛処理について……妊娠時の脱毛リスク

妊娠中のムダ毛処理について……妊娠時の脱毛リスク

妊娠中の女性でよく起こるムダ毛問題。
「ムダ毛が急に濃くなった」「急に範囲が広がった」など、お悩みが多発していると言います。
妊活、不妊治療をしている最中、女性は普段よりもいっそう自分の身体に対して注意深くなり、ムダ毛の放置など論外という意識が強くなるでしょう。
しかし、いざ妊娠となれば、多くの女性がムダ毛のケアをし続ける困難さに直面するはず。

発毛はホルモンバランスによって操作されており、ホルモンバランスが大きく変動する妊娠中には体質の変化や体毛の分布、濃さの変化が起こります。

中には「妊娠を経て体毛が薄くなった」「ムダ毛が少なくなった」という方もいるようですが、妊娠中にムダ毛が濃くなり、それまで生えなかったところにまで毛が生えてくるようになったという声が多数派なのです。

妊娠中のムダ毛はどのように考えればいいのでしょうか?

当たり前!? 妊娠中には毛深くなるもの

当たり前!? 妊娠中には毛深くなるもの

ムダ毛問題は通常の健康状態の女性ならば看過しがたい話題です。
人目に触れる状態で、下着の外にまでムダ毛が生えていると耐えがたいと思うことでしょう。

しかし、妊娠中には通常のようにサロンの脱毛などの施術は受けられません。
そもそも刺激を避けるべき時期ですし、光脱毛、レーザー脱毛の熱刺激でやけどになったり、皮膚トラブルが起きたりする可能性が高くなるからです。

そもそも妊娠中には毛深くなるもの。その認識を最初に行うべきです。
その上で、どうしても気になるムダ毛は刺激の少ない処理方法でケアするようにしてください。

妊娠中におすすめのムダ毛処理と避けたいポイント

妊娠中のムダ毛処理は、無理のない範囲で行いましょう。
お腹が出てきたら、かがんでお腹に余計な圧力をかけないように気を付けてください。
手の届く範囲内で、肌に傷をつけないことが重要です。

■電気シェーバー
体毛を引き抜くのではなく、肌に優しいシェーバーならば多少見づらい部位でも処理できます

■脱毛クリーム
妊娠中でも使える脱毛クリームを選んで、徐々に体毛を薄くしていく処理方法です

通常はカミソリを使用している方でも、お腹が出てくると肌に余計な傷をつける可能性があります。
また、正常に処理できてもカミソリ負けしやすくなるので、上記2種類の処理方法がおすすめです。

■避けたいポイント
・見えないところを無理して剃ろうとしない
・妊娠初期でもサロンやクリニックの脱毛は避ける
・カミソリや毛抜きで肌に傷をつけないように気を付ける
・脱毛クリームの成分は自己判断で決めない

毛抜きはムダ毛だけを引き抜くので肌の傷には関係ないと思われるかもしれませんが、体毛は皮膚が変化したものであって、皮膚の一部なのです。
毛根で毛細血管とつながっているので、無理やり引き抜いた毛穴は傷の状態になります。

なので、妊娠中にはなるべく毛抜きも避けたいところです。
脱毛クリームの成分についても、良し悪しを自分で判断せず、薬剤師や医師に相談して決めることをおすすめします。

いずれにしろ、妊娠中のムダ毛処理に無理は禁物。
どのように体毛が生えているかがホルモン分泌状況を知る手がかりになるという医師もいます。

妊娠中の「ありのままの自分」を開き直って認めるということも、ぜひ検討してみてください。
妊娠中に濃くなった体毛は、出産後に自然と薄く、元の状態に戻っていきます。

関連記事:妊娠中にうけられる予防接種・うけられない予防接種の違いって?
目指せBMI22!妊活中ダイエットのススメ
妊活中にしておきたい「検査」が知りたい!
妊娠したら控えたい「リンパドレナージュ」

ライタープロフィール

円谷円谷ミナミ
基本的に斜めの姿勢で世の中を見つめるフリーライター。
性的思考はボーダーレス。ただし多少女性に甘い。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)(沈思黙考・無言実行)
”秘すれば華”を人生を通して実現する方法を模索している。
乙女の窓辺~女性にまつわる、うわさの検証~の四コマ連載中