トップページ > 妊娠活動 > 見るのがつらい…不妊治療中のマタニティマークとの向き合い方

見るのがつらい…不妊治療中のマタニティマークとの向き合い方

shutterstock_214170280.jpg

こんにちは、ライターの凛音です。
最近何かと話題になる『マタニティマーク』の問題。
必要と思っている人がいる中で、いらない、または面白くないと思っている人もあり賛否両論のよう。
特に不妊治療中の女性にとっては、マタニティマークに対する思いは複雑なのではないでしょうか。

そこで、今回は不妊治療中のマタニティマークとの向き合い方について考えてみましょう。
見るのがつらくならない考え方についてもご提案します。

マタニティマークは周囲に妊婦を配慮“させる”ためのもの?

そもそもマタニティマークとは何かというと、厚生労働省によると“妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの。”とされています。

つまりかみ砕いていうと、「妊娠初期で見た目だけではわかりにくい妊婦さんでも過ごしやすいよう、周囲から妊娠に気づいて配慮するためのもの」ということ。

どうやら周囲が配慮するように動かすようなイメージが、マタニティマークに対する考え方の違いに表れているのではないでしょうか?
人によっては、「妊娠したから配慮して」と言われているような気持ちになり、「病気でもないのに」「つらいなら最初から公共の交通機関を使うな」という声が出てしまうような気がするのです。

不妊治療中のマタニティマークには嫉妬心も

さらに、不妊治療中の女性がそのマークを見ると、「配慮」の前に「私は妊娠できました」という余裕やアピールにも思えてしまい、うらやましさと嫉妬が入り込んでしまうよう。

ネットでも『通りすがりの子連れの女性すら憎く思えて、その中でも「お腹に赤ちゃんがいます」と書かれたマタニティーマークをカバンにつけている女性を見かけるのが精神的に一番こたえました。』『100%妬みなのです…。

いつも「いいなぁ…私もぶらさげてみたいなぁ」と不妊治療中は思っていました。』という声もあり、やはり自身で醜い嫉妬と思いながらも、苦しい気持ちで見ている方が多いようです。

こんな思いを持ちながらも、さらに配慮を求められているように感じたら、「見たくない!」と思ってしまうのは仕方のないことなのかもしれません。

マタニティマークは初心者マークと同じただのシンボル!

しかし、マタニティマークを付けている人はたくさんいますし、緊急時に妊婦であるとわかる、優先席で座りやすいなど妊婦にとって利点があるのは間違いありません。
ならば、マークを見てもつらくないよう自分に暗示をかけましょう。

まず、マタニティマークが「配慮してほしい」というものではないことをしっかり頭に叩き込みましょう。
マタニティマークは配慮を訴えるものではなく、「妊娠中だ」という事実を伝える単なるシンボル。
いうなれば、初心者マークと同じです。

初心者マークを見たら「急にブレーキを踏むかも」「合流するときは気を付けておこう」など、その場の環境全体に対していろいろと判断しますよね。
それと同じように、マタニティマークを見たら「急ブレーキがかかったら危ないな」「押さないようにしよう」などドライに周囲の環境に対する判断をすればいいだけなのです。

そして「妊娠できました」というアピールも、考えすぎてしまっている可能性が。
私の周りの妊婦さんからも「渡されたから付けているだけ」「何かあったときのために一応付けている」「たまに付け忘れるときもあり、正直なくてもいい」という意見があるほどで、自分と胎児の身を守るために付けているという印象の方が強いです。

前述と同じように初心者マークに例えると、初心者マークを自慢のために付けている人はいませんよね?
要するに、見え方は自分の気持ち次第ということ。
自分が「妊娠アピール」と感じているだけなのです。

ある程度の親切心や配慮は必要ですが、もっとマークに対してドライに見ても罰は当たりません。
嫉妬や意地悪をしても気が晴れることはないですし、むしろ自己嫌悪に陥って余計に不愉快な気分になるはず。

不妊治療中のストレスは大敵ですし、できる限りストレスフリーに過ごすためにも、ただのシンボルだと冷静にドライに見て、余計な考えは払拭しましょう。
治療が苦しいときは難しいかもしれませんが、自分のためにも努力をしてみてくださいね。

関連記事:不妊治療のサポートに使えるツールあれこれ
自分が嫌いに…不妊治療中の嫉妬心を軽くするために
負のループ!不妊治療による不妊に陥らないために考えたいこと
苦しい妊活、不妊治療……前向きな自分を作る「言霊」のおはなし

ライタープロフィール

凜音凛音(りんね)
セクシャルコラムニスト
セクシャルコスメショップでの経験から、大人の恋愛やセックスに関するコラムを執筆。
フリーペーパー「Bex」にて女子力アップコラム連載中(名古屋限定)。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)鏡の前で自然な笑顔作りの研究