トップページ > 妊娠活動 > 妊娠したらやめる…は遅い!妊活と喫煙の怖い話

妊娠したらやめる…は遅い!妊活と喫煙の怖い話

妊娠したらやめる…は遅い!妊活と喫煙の怖い話

こんにちは、ライターの凛音です。
現代では世界的に「タバコによる健康被害」が当たり前のように知られており、喫煙者の肩身が狭くなってきていますが、それでも愛煙家は喫煙を続けています。
違法なものでもなく、個人の自由なので「この世からタバコを消すべき!」とは言えません。
しかし、やはり妊活中の人ならば禁煙をオススメしたいもの。

そこで、今回は妊活中の喫煙がもたらす影響についてご紹介。
漠然と「体によくない」「妊娠力が下がる」というだけでなく、具体的に起こる恐ろしいお話です…。

タバコは男女ともに悪い影響を与える

タバコには発がん性があることや、妊娠中に吸うと胎児の成長に影響があることは学校でも習うことなので、知っている方は多いでしょう。
そのため、「妊娠したらやめればいい」と思っているかもしれませんが、妊活中でもタバコは多いに悪い影響を与えます。
しかも男性女性どちらにも妊娠を妨げる要因になるのです。

妊活中のタバコの怖い話

では具体的に妊活におけるタバコの怖い影響についてご紹介しましょう。

1. 女性ホルモンを低下させる
タバコを吸うと血流が悪くなるため、女性ホルモンが低下します。
それにより生理不順や無排卵を起こしやすくなり、妊娠力が激減してしまうのです。

さらに無排卵月経になると、生理が来ているのに排卵していないという事態になるので、排卵がないことに気づくのが遅れてしまうことも。
実は知らない間に妊娠の機会をどんどん逃してしまっている<かもしれないのです。

2. 卵子・精子の質を低下させる
血行不良が原因となり、卵巣に酸素や栄養が届かず、機能自体が低下することで、卵子の質も落ちてしまうことに。
また喫煙によって活性酸素が増え、卵子を老化させるともいわれています。
一度落ちた卵巣の機能を復活させるのは時間と体力が必要で、回復しないケースもあるのだとか…。

また、男性は喫煙により精子の数、運動率を低下させ、奇形の精子が増える原因にもなります。
女性だけが気を付けていても、精子の質が低ければ当然妊娠率は下がりますので、どちらも喫煙をやめなければ妊娠力向上にはつながりません。

3. 受精率、着床率が落ちる
タバコを吸っている人と吸っていない人では、受精率、着床率に違いがあるそう。
やはり喫煙している女性の方が妊娠に至るまでの期間が長くなるといわれています。

これは自然妊娠だけでなく体外受精でもいえることで、成功率が20%も低くなるのだとか。
また妊娠しても流産する率が高くなるので、タバコを吸うことは、妊娠・出産において大いに悪い影響を与えることがわかりますね。

いかがでしたか?
タバコはニコチン中毒だけでなく、口さみしさからやめられなくなるともいわれていますので、何か欲しいと思ったときは梅干しやフルーツジュースなど健康によいさっぱりしたものを摂ると、リフレッシュにもなってよいですよ!

妊活中はストレスも多いため、禁煙していてもついつい吸ってしまう…という方もいるかもしれません。
しかし、その後に与える影響は、さらなるストレスの元凶になってしまいますので、いつか出会う赤ちゃんのために、きっぱりやめることをオススメします。

関連記事:愛煙家女性のための妊活のはじめかた
タバコをやめられない女性達へ……禁煙治療に保険適用拡大
タバコやアルコール、カフェインはどうして悪いのか
生理痛を悪化させる原因がある! うっかりやってない? 生活習慣

ライタープロフィール

凜音凛音(りんね)
セクシャルコラムニスト
セクシャルコスメショップでの経験から、大人の恋愛やセックスに関するコラムを執筆。
フリーペーパー「Bex」にて女子力アップコラム連載中(名古屋限定)。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)鏡の前で自然な笑顔作りの研究