トップページ > 妊娠活動 > 海外で不妊治療するなら、タイが意外とお勧め!?

海外で不妊治療するなら、タイが意外とお勧め!?

海外で不妊治療するなら、タイが意外とお勧め!?

日本における不妊治療については、いままでのコラムで深~く掘り下げてきていますので、そろそろ食傷気味という人もいらっしゃるでしょうから、ちょっと目先を変えて、海外の不妊治療の実態をみていきましょう。

実際、不妊治療のために日本から海外へ渡航する人も年々増加傾向にあるようで、不妊治療の技術が最も高いと言われているアメリカでの治療を希望する人が多いようです。

欧米諸国に比べると、アジア諸国の場合は地理的に近いこともあって比較的身近に感じられると思いますが、そのなかでもタイで行われている不妊治療は費用対効果が優れていて、先進諸国からの技術提供を受けたり、海外経験のある医師が増加したこともあって、ここ数年で格段に良くなってきていて、それと共にニーズも増えているようなのです。

海外での不妊治療は、費用がかさんだり、言葉の壁があったりするので、気軽な気持ちで治療を始めるというわけにもいかず、まだまだ身近ではないといったところでしょうが、選択肢を増やすという意味でも、海外の不妊治療事情を知っておいて損はないのではないでしょうか。

海外で不妊治療するなら、タイが意外とお勧め!?

というわけで今回は、日本人旅行者の海外旅行先トップ10の常連に毎年なっているほど、多くの日本人を魅了し続け、日本との関係も濃い国、タイを取り上げて、タイ国の不妊治療事情に迫っていきます。

まず、タイといえば、居住している日本人の数の多さで知られています。
駐在員や留学生、定年後の移住者など、在留届を提出している正規の在住者数だけでも64千人(2014年)もいます。

在留届を提出しないで滞在している滞在者は、その倍以上いるとも言われていて、実際には10万人以上は在タイしているのではないかと噂されていたりします。

そんな訳で、タイの都市部では日本人向けサービスが大変充実していて、日本にいるのとほとんど変わらない生活ができてしまう、日本人にとっては夢のような場所がタイなのです。

とはいえ、タイと聞くとまだまだ貧困のイメージを持つ日本人が多いようで、タイの医療事情について不安に感じる人もいるかもしれません。

けれど実際には、地域差は大きいものの、首都バンコクでは日本の病院とほとんど変わらない医療水準になっていて、なかでも富裕層や外国人向けにサービスを提供する私立病院のなかには、日本では存在しないほど立派な施設の病院もあるくらいなのです。
そのような私立病院では、アメリカ、イギリスなど医療先進国で経験を積んだ医者を多く擁し、トップクラスの医療が受けられます。

また、日本人が安心して治療に専念できるためのサービスが充実していて、日本語通訳者数名が常駐しているのはもちろんのこと、日本人専用窓口を設けてあり、各種相談にも気軽に乗ってもらえるようになっているのです。

事実、タイではここ数年、メディカルツーリズムに国をあげて取り組んでいて、メキメキと力を発揮してきています。
世界レベルの医療を一流のホテルのように快適な環境で、しかもリーズナブルな価格で受けられ、さらに治療の合間には楽しい観光もできるとあって、医療目的で訪れる観光客が後を絶たないので。
病院側も良い意味で外国人慣れしていて、外国人向け医療についてのしっかりしたノウハウも確立されてきていますので、外国人として治療を受ける際にも安心して利用できるのではないでしょうか。

実際にバンコクで不妊治療を経験したことがある女性に聞いてみたところ、多数ある不妊治療専門病院のなかでも高級私立病院や規模の大きな病院では、日本と遜色ないレベルの不妊治療が受けられるそうです。

逆に、不妊治療に限っていうと、日本の場合には医療先進国であるにもかかわらず、倫理観や法律の縛りにがんじがらめになっている場合が多々あって、タイの場合にはそういった制約がほとんど無いので、着床前診断、第三者卵子提供、代理母など、より多くの選択肢を持てるのがメリットだということでした。

卵子の凍結保存も、2012年から開始されていて、年齢制限などに関してもほとんど制約なくトライできる環境が整っています。

海外で不妊治療するなら、タイが意外とお勧め!?

日本とタイの不妊治療の違いとして一例を挙げると、日本では命の選別になるという理由で受精卵の着床前診断は原則禁止されていますが、タイではこれがほぼ問題なく行えます。

妊娠継続に問題のある卵を事前に選別することができるので、流産の危険が減って妊娠・出産の確立がグンと上がります。着床前診断が難しい日本では、体外受精での妊娠率は約25%なのですが、着床前診断にaCGHを使うことができるタイでは70%以上になるそうで、それだけ見ても成功率が3倍も違うのです。

親となる身にとっては大変魅力的な検査なので、それを受けてみたいと思っても不思議ではないのではないでしょうか。

また、この染色体検査では男女の性別が分かります。
タイ政府の見解としては、現状は産み分けは一切禁止という姿勢のようですが、実際の医療現場では禁止になって以降も密かに産み分けが行われいるのが現状のようです。
なんでもマイペンライ(気にしない)の国らしいエピソードともいえます。

ここまで見てくると、「そんなに環境が整っているのなら、しばらくタイに滞在して旅行者気分でゆったり不妊治療するのもいいかも!?」なんて考え始めた人もいるかもしれませんね。

ただ、外国人向けサービスのあるタイの高級クリニックで治療を受ける場合には、日本で治療を受けるのとほとんど変わらないほどの費用がかかるそうで、タイへ何度も往復する交通費、体力、言葉の問題を考えたら日本国内での治療が一番、ということに結局はなるのではないかと思います。

不妊治療は、人によっては何度も何度もチャレンジしなければいけないものでもあり、長期戦を強いられることになった場合、海外での治療となると、費用面や精神・体力面の負担もさることながら、時間的にも継続して治療してゆくことが難しくなりそうです。

費用面では、日本に住民票がある在住者なら、年収制限をクリアし、特定の医療機関で不妊治療を受ける場合に限り、不妊治療助成金をもらえるというメリットも捨てがたい魅力で、タイで不妊治療をする場合にはこの助成金が支給されないので、なんとももったいない話になってしまうのです。

助成金は、国から支給されるものと、各自治体から支給されるものとがあり、支給額や支給回数にバラつきがあるものの、1回15万円、年2回助成してもらえるパターンが多いようで、つもりつもれば結構な額になります。ただでさえ費用がかさむ不妊治療ですから、それを利用しない手はありませんよね。

ただし、様々な事情により着床前診断を受けたいというニーズを持つ人の場合には、たとえ助成金を無にしても、制約が少ないタイで不妊治療を受けてみる価値はあるのかもしれません。

男女の産み分けについては、バレた時には厳しく処罰されるようですので、オススメはしませんが、どうしても後継ぎができなければ困るというような悩みを抱える人も少なからずいるようですし、その辺りは自己責任で、ということになるでしょうか。

たまたま夫の海外不妊の家族帯同などでタイ及びその近隣諸国に居住している人などであれば、もともと日本国からの助成金を受けらない身の上ですし、渡航費も安く抑えられるので、タイでの治療もより現実的に考えられると思いますので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事:「不妊治療に踏み切ってみようと思ったきっかけ」ってどんなものだった?
「早めに不妊治療の開始を考えてみた方がいい」条件とは?
不妊治療の漢方薬を体験したい! 需要拡大で海外弾丸ツアーも企画!?
世界の不妊治療成功率をランキングで見てみよう

ライタープロフィール

TOMO
長く海外生活を経験し、国際情勢に精通。美食&美酒、ファッション、旅をこよなく愛する。
現在は東京在住。翻訳家&ライターとしても活躍中。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き) 知的好奇心を持ち続けて日々を生きること。