トップページ > 妊娠活動 > 「むくみ」は妊娠のサイン? どうしてむくむ? どんな対策がいいの?

「むくみ」は妊娠のサイン? どうしてむくむ? どんな対策がいいの?

「むくみ」は妊娠のサイン? どうしてむくむ? どんな対策がいいの?

妊娠にはさまざまなサインがあります。
しかし、受胎した瞬間から見る見るうちに身体が作り替わるとはいえ、1日2日で急激に変化するわけではありません。

そのために妊娠の発覚が遅れて、超敏感期に風邪薬などを飲んでしまい、不安を抱えたまま妊娠期間を過ごさなければならなくなってしまう女性が少なくありません。

知っておきたい妊娠の兆候に、「むくみ」があります。
これは黄体ホルモンの働きによって水分などを体内に抱え込む働きが強くなるためで、羊水を保持するために欠かせない機能です。

とはいえ母体の健康を考えると、過剰なむくみは望ましくないですよね。
どのように適正な範囲内に水分の滞留を抑えるか、それが妊娠中の母体を健康に管理する重要なカギとなるでしょう。

循環を促せばいいというものではない

循環を促せばいいというものではない

人体は基本性能として「恒常性」を持っています。
恒常性とは機能を働かせ続けようとする生体の本能のようなもので、不随意に臓器などが活動していく性質を意味します。

また、私たち人間はこの惰性とも言える恒常性によって心身の健康を維持している面があり、これによってサポートされている部分が多いのです。

特に水分の循環については断続的に促進され続けているので、妊娠期間中に「羊水」「胎盤」「胎児」を胎内に留めること、これ自体が不自然な状態だと考えられます。

むくみが酷いからと言って、循環を促進して水分の排出をむやみに活発化すれば、妊娠に悪影響が出るかもしれません。
妊娠期間中には医師の診断を受けて、適度な健康法を選択する必要があるのです。

母体に「良い」むくみ対策とは

母体に害をなさないむくみ対策としては、
ひとつ、ツボ押し
ひとつ、姿勢の工夫
ひとつ、飲食物の工夫
ひとつ、体温調節
この4つの観点から考えるといいでしょう。

■ツボ

妊娠中には循環機能が低下し、下半身から上半身へ血流を戻す力が弱くなります。
そこで、ひざ下中心にツボを刺激して停滞を防ぐ方法がおすすめです。

おすすめのツボは、足の中心線に並んでいるひざ裏の「委中」と、ふくらはぎの山にある「承筋」と、膝の裏と足首の中間地点にある「承山」、そして「承山」と「承筋」の中間にある「承間」です。

痛みを感じない程度に親指の腹で数秒間じっくり押し込んで刺激してみてください。
画期的と言えるほどの効果は実感できないかもしれませんが、深部には確実に働きかけられますよ。

■姿勢

末端に水分が溜まらないように、特に心臓から遠い部位を身体の下にしないように気を付けましょう。
具体的には、横になる際に足を高めにする。
座る時にも足置きを利用して血管を圧迫しないように心がける、といったところです。

■飲食物

妊娠中には利尿作用のある飲み物の代表である「お茶」を服用できません。
カフェインは避けるべき成分ですから、ノンカフェインで、かつ新陳代謝を高めてくれる成分を取り入れる必要があります。

むくみを促進する塩分の摂取を控えたり、水分の排出を促すカリウムの摂取を心がけたりといった工夫に効果が期待できるはずです。

■体温調節

身体が冷えると、そもそも低下している身体の機能がさらに抑制されることに。
締め付けない靴下を重ねたり、じっとしている時にはひざ掛けを使うようにしたり、また、飲み物は必ず常温以上で飲むようにしたりと、体温を発散する危険のある要素をなるべく避けるようにしてください。

どんなに頑張っても、妊娠期間中には不快感や体調不良を避けられない時があります。
しかし、事前にさまざまな可能性を考慮して体力の保持に努めておけば、回復にかかる時間を短くできるでしょう。
産後の回復のためにも、早めに妊娠中のむくみに関する知識を身に着けておくことをおすすめします。

関連記事:つわりだけじゃない「妊娠の兆候」ってどんなもの?
《妊活基礎知識》妊娠初期の「おりもの」の変化と、トラブルの見分け方
妊活を始めてついに!…いざ妊娠したらやるべきこと4つ
生理直後に妊娠発覚!? 着床出血と経血、どう見分ける?

ライタープロフィール

円谷円谷ミナミ
基本的に斜めの姿勢で世の中を見つめるフリーライター。
性的思考はボーダーレス。ただし多少女性に甘い。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)(沈思黙考・無言実行)
”秘すれば華”を人生を通して実現する方法を模索している。
乙女の窓辺~女性にまつわる、うわさの検証~の四コマ連載中