トップページ > 妊娠活動 > 《妊活基礎知識》妊娠初期の「おりもの」の変化と、トラブルの見分け方

《妊活基礎知識》妊娠初期の「おりもの」の変化と、トラブルの見分け方

《妊活基礎知識》妊娠初期の「おりもの」の変化と、トラブルの見分け方

「おりものがいつもと違うみたい」と感じたら、頑張って妊活した甲斐あり、めでたく妊娠したのかもしれません。

おりものの変化が小さい場合には、妊娠に気づかないで見過ごしてしまうこともあるかもしれませんが、妊婦さんの実に7割以上は、何かしらおりものの変化を実感しているという統計も出ていて、おりものの変化によって妊娠の事実に気付く人も多いらしいのです。

おりものの状態に変化があった時、それが前述のように妊娠のサインだと嬉しいのですが、妊娠初期の代表的なサインの一つである「茶おりもの」だと思っていたらただの不正出血だったりなど、しらないあいだに婦人科系の病気にかかって異常なおりものが出てしまっている場合もあります。

妊娠の兆候なのか異常のサインなのかを、おりものの状態で見分けることができれば、その後の対処もスムーズにできて安心ですので、妊娠初期のおりものの変化やトラブルの場合の対処法について見ていきましょう。

懐妊すると、おりものの状態になんらかの変化が現れます。
妊娠するとエストロゲンというホルモンの分泌が盛んになり、子宮頸管の分泌物が増えるため、おりものの量が増えるケースが多いです。

粘度や色にも変化が出ることがあり、普段は粘り気のある透明なおりものが、サラサラで薄いクリーム色に変化したりすることもあります。

また、妊娠すると膣内の酸性度が下がる傾向があるため、普段のおりものは酸っぱい匂いがしていたのが無臭になったという人がいるなど、人によってその変化は様々なようです。

前述した茶おりものは、母親のおなかの中で赤ちゃんがスクスクと成長していくなかで、毛細血管が切れて少量出血したのが、時間が経って酸化した状態でおりものに混ざって出てきたもので、色は茶褐色だったり赤茶色だったりします。

このように、妊娠初期にはおりものの状態に様々な変化が出て当然なのですが、そのなかにはトラブルが隠されていることがあるので、特に注意が必要です。

妊娠すると、膣内が酸性からアルカリ性に傾くために抵抗力が落ち、大腸菌など身の回りにありふれた菌にも感染しやすい状態になるため、異常なおりものが発生する可能性が一気に増えるのです。

病気のサインとしては、陰部にかゆみや痛みがあったり、おりものの匂いがきつくなったり、白い粉チーズのようなボロボロのおりものが出たり、色が透明やクリーム色以外の色に変色したりしていれば、異常なおりものと判断できます。

また、茶おりものに関していえば、血が酸化した茶色ベースではなく、鮮血が混ざったようなピンクや赤色のおりものが出る場合には、切迫流産やなにかしらのトラブルが発生している可能性が高いですので、病院での受診が必要になってきます。

《妊活基礎知識》妊娠初期の「おりもの」の変化と、トラブルの見分け方

実際、おりものの異常によって、婦人科系の大きな病気や性行為感染症が見つかることも珍しくありません。子宮外妊娠、切迫流産、子宮内膜症、カンジタ皮膚炎、クラミジア感染症、トリコモナス膣炎など、妊娠初期にかかりうるトラブルはたくさんあるのです。

おりものの状態は人によって千差万別なので、素人が正確な判断を下すのは難しく、あとで後悔しないためにも、少しでもおかしいなと感じたら、早めに医師に相談した方がいいかもしれませんね。

妊娠中は、膣内の抵抗力が落ちているので、おりものの異常がみられない場合でも、普段よりも陰部を通気性よく清潔に保つ努力を欠かさないように気をつけましょう。

おりものの量の増加に対応するには、下着を頻繁に変えてもいいでしょうし、おりものシートやナプキンを使う場合には、付けっぱなしにせずこまめに取り替えて雑菌の繁殖を防ぐように心がけてください。
おりものの状態を日々チェックする習慣を付けておけば、トラブルの際にもいち早く対応できて安心ですよ。

関連記事:日々進歩している「出生前検査」の種類と費用が知りたい!
性感染症はおりものにあらわれる?
「おりもの」ってそもそも何なの?
おりものは体調によって変わる……よくある「白っぽいおりもの」のこと

ライタープロフィール

TOMO
長く海外生活を経験し、国際情勢に精通。美食&美酒、ファッション、旅をこよなく愛する。
現在は東京在住。翻訳家&ライターとしても活躍中。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)
知的好奇心を持ち続けて日々を生きること。