トップページ > 妊娠活動 > 不妊鍼灸・不妊整体の効果は?治療院はどう選ぶ?

不妊鍼灸・不妊整体の効果は?治療院はどう選ぶ?

不妊鍼灸・不妊整体の効果は?治療院はどう選ぶ?

なにかしらの体の不調を感じたときに、整体や鍼灸を受けた経験がある女性は多いと思います。
実は、不妊治療においても、不妊治療を専門におこなう特化型の鍼灸院や整体院があり、ここ数年の不妊患者数の劇的な増加にともなって、そのようなスペシャルな施述をしてくれる治療院もどんどん増えているようです。

整体に比べると、鍼灸はあまり馴染みがなくて、ちょっぴり敷居が高い治療法のように感じる人もいるかもしれませんが、鍼灸治療といえば日本古来からの伝統的医療ですし、ユネスコの無形文化遺産に登録されるほど世界的にもその効果が認められている治療法なんです。

整体にしろ鍼灸にしろ、確かな技術を持った信頼できるセラピストとめぐり会うことができれば、妊娠しやすい体造りの一助になるはずで、病院での不妊治療に頼らない自然な妊娠を促す効果も期待できるでしょう。

また、不妊治療中のストレス緩和や体のコンディション作りにも、整体や鍼灸が大いに役立ってくれるはずです。
整体も鍼灸も、安心してトライしていただける治療手段ですので、今までにこういった治療院での施述を受けたことがない人も、気軽に一度体験してみると、新しい発見につながるかもしれませんよ。

とはいえ、鍼灸師の治療を実体験したことがあるのは日本人の約10%程度しかいなかったり、若年層で整体院を利用することに抵抗を持つ人が多いというような現実があるなかで、妊娠出産を望む比較的若い世代の女性が感じる治療院に対するハードルは、まだまだ高いようです。

今回は、治療院を身近なものに感じられるよう、鍼灸や整体治療を受けることによって得られるメリットや、賢い治療院の選び方について、あれこれと指南してみたいと思います。

妊活を開始して間もなく自然に受胎できれば良いのですが、そのようなラッキーな人は実際には少なくて、大方の場合は長期戦を強いられたり、不妊病院に通って不妊治療を受けることになります。

ただでさえ辛い不妊治療も、期間が長くなれば長くなるほど、精神的負担が増えてストレス過多になり、それゆえ神経バランスが不安定になって自律神経を乱しがちです。

そのような心身の状態が、血行不良や免疫力の低下などの様々な不調を引き起こし、妊娠しづらい体になってしまうのです。

そんな状態でたとえ奇跡的に赤ちゃんを授かったとしても、元気な赤ちゃんが育める保障はないですよね。
そのような時の救世主となりうるのが、鍼灸や整体なのです。

不妊鍼灸・不妊整体の効果は?治療院はどう選ぶ?

鍼灸や整体では、「母体である母親の健康を整えることができれば、自然と赤ちゃんを授かることができるのだ」という考えのもとに、まずは母体としての女性の体の不調を取り去って、体全体を整えていくことからスタートします。

健康な赤ちゃんを授かりたければ母親の体が健康でなければいけない、という大前提に立ち返り、ただ妊娠すればいいというのではなく、心身の状態を良好で健康なものへと導いていくための治療が施されることになります。

不妊病院では、懐妊だけを目的とした治療が行われるのと比べ、鍼灸や整体では、自然の摂理に即した体に優しい治療が行われるのです。

実は、人の体は特定の箇所を刺激することで、体の状態をより健康な状態へと導くことができるように造られています。この性質を利用した治療を行うのが、鍼灸や整体なのです。

不妊治療に特化した治療院では、子宮機能や造卵機能を高めるための施述が受けられるとあって、強力な誘発剤の多用によって採卵が困難になったり卵の質が低下してしまったりという深刻な悩みにも、ピンポイントで応えることができるのです。
不妊治療歴が長い人や40歳以上の女性が、不妊専門の鍼灸や整体を重宝する理由はそこにあります。

鍼灸や整体の場合は、一度の施述で劇的な体の変化を感じられるものではなく、何度かの施述によって徐々に体が良い状態へと改善されていくという具合ですので、1度の施述で期待していたほどの結果が出なくとも継続的に通ってみることをお勧めします。

同じセラピストに複数回診てもらうことで、自分の心身状態をセラピストによく理解してもらうことができれば、より効果の高い施述を受けることができるはずですし、顔馴染みのセラピストであれば、リラックスして施述を受けることができるため、治療の効果が現れやすくなると考えられるからです。

鍼灸か整体のどちらが自分に合うのかは、実際に経験してみるのが一番ですが、傾向として、40歳以上だったり長期の不妊治療経験者、または不妊兆候の多い女性の場合には、全身をしっかり整えることができる整体の方が、鍼灸よりも効果が出やすいと考えられているようです。

鍼灸と整体の両方を行っている治療院の場合には、まずどちらが自分に合うのか、専門家であるセラピストに相談してみると良いかもしれませんね。

ところで、不妊専門の鍼灸院や整体院が身近にない場合、一般の鍼灸院や整体院でも診てはもらえますが、その場合には少し注意が必要です。

と言うのも、不妊治療(高度生殖医療)についての知識を持つセラピストはまだ珍しく、不妊治療中の患者に合わない治療法が取られてしまう恐れがあるからです。

不妊治療に精通しているセラピストであれば、患者がどんな薬を飲んでどのような治療を受けているのか、体が現在どのような状態なのかを問診の段階で察知し、それぞれの患者に合ったベストな治療法を施してくれますので、リスクなく効果的な治療を受けることができます。
病院で不妊治療中の人は特に、家から遠くても不妊専門の治療院に通った方が安心でしょう。

不妊病院での不妊治療は、不妊で悩む女性にとっては最も有効な治療法ですが、鍼灸や整体も同時に活用して母体の健康状態を高めていくことで、より確実に懐妊へと向かうことができるでしょうし、元気で健康な赤ちゃんを授かる可能性を高めることができます。

妊娠力をアップさせ、本気で不妊に取り組みたいのなら、不妊病院と鍼灸・整体の同時並行で治療していくと、早期に良い結果が望めるかもしれませんよ。

関連記事:キュアリで発見・ポラリティセラピーってどんな健康法?
妊娠に向けて大切な期間の鍼灸治療について
整体と「妊娠しやすい体づくり」の関係ってあるの?
民間医療を西洋医学と組み合わせるための【統合医療】という考え方

ライタープロフィール

TOMO
長く海外生活を経験し、国際情勢に精通。美食&美酒、ファッション、旅をこよなく愛する。
現在は東京在住。翻訳家&ライターとしても活躍中。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)
知的好奇心を持ち続けて日々を生きること。