トップページ > 妊娠活動 > 20代と30代では、「妊活」でも違いがある

20代と30代では、「妊活」でも違いがある

20代と30代では、「妊活」でも違いがある

こんにちは、佐原チハルです。
「妊活」を始めるきっかけで、現在一番多いと言われているのは「年齢が気になり始めたから」というものです。(※1)
けれど「妊活」は、20代で行うのと30代で行うのとでは、いろいろと違いが出てくるもののようなのです。

1、年齢による「妊娠のしやすさ」は、20代が有利なことが多い

「妊娠適齢期」という言葉はよく聞かれますが、当然のことながら「最も適しているのは●歳です」というような答えはなく、専門家が出している数字も「20代中頃から30代前半くらいまで」程度の、幅のあるものばかりです。
そして「妊娠」だけでなく「出産」のことも考えれば、“適した年齢”はより高くなるでしょう。

とはいえ、“妊娠”をまず目指すと考えるのであれば、やはり30代よりも20代の方が、妊娠しやすいと言えるでしょう。
30代を過ぎると少しずつ妊娠しにくくなっていき、35歳前後を境に、一気に妊娠が困難になってくることが多いと言われています。(※2)

ただし“若すぎる”と、月経も安定していなかったり、子宮や骨盤の発達が未成熟だったりすることもあるようですので、“月経さえ始まっていれば、若ければ若いほどいい”ということでもありません。

2、「体力」の面では20代が有利なことが多い

「体力」の面では20代が有利なことが多い

妊娠・出産だけでなく、育児には体力が必要です。

特に、里帰りできない・パートナーが時短制度の利用や育休取得が難しそう(取れてもせいぜい1週間程度)などの場合は、ダイレクトに、母胎の体力がものを言ってきます。

もちろん、どんな環境であれ、産後(特に1ヶ月程度)は安静にしていることが必要ですが、元々の体力で、辛さの度合いが変わって感じられることもあるでしょう。

30代の妊活では、「体力をつけておく」ことは、20代の時よりも重要になってきそうですね。

3、金銭的には30代の方が有利になることが多い

「妊活」も、こだわりを強めていけば、かかるお金が増えてくることがあります。
葉酸などのサプリメントの摂取だけでなく、「睡眠時間の確保された生活(=残業をしなくても給与的には困らない)」や「栄養バランスのいい食事」には、お金がかかるものなのです。

これは個人差のとても大きなものでもありますが、20代よりも30代の方が、金銭的に余裕のある場合が多いです。
「金銭的に無理せず、負担が少ない状態で妊活できる」という点では、30代の方が有利と言えそうです。

4、病院に相談にいくタイミングは、30代の場合は早めに判断を!

「2年」もしくは「1年」経っても妊娠しなかった場合は、不妊症の可能性があると言われていますね。
3年という論もありましたが、最近では「1年」が主流で、人によっては半年程度で進められる場合もあります。

30代の場合、前半に「妊活」を始めていたとしても、「2年後には35歳を過ぎている(=高齢出産になってしまう)」場合があります。
不妊治療を行うことや、医療的なアドバイスを受けて妊娠を目指すことを考えた場合でも、やはり35歳は超えていない方が望ましいと言えます。

そのため30代での妊活の場合は、2年と言わず、1年やそれ未満でも、検査を受けたり、専門家に相談に行ったりするタイミングを持つ方がいいでしょう。

不妊検査を行う場合、女性の場合は「最短でも2ヶ月」かかります。
月経周期に合わせて行われる検査項目が多々あるためです。
このことを考えても、早めの行動を心がけたいですね。

※1 http://baby.mikihouse.co.jp/information/post-120.html
※2 http://www.jsrm.or.jp/public/funinsho_qa17.html

関連記事:「35歳前には産めない!」時、諦めなくてはいけないの?
働き盛りの悩み…妊活と転職、どっちを優先させる?
「妊活するなら仕事は辞めるべき」って本当?
【ワークライフバランス】仕事を持つ女性と妊活

ライタープロフィール

佐原チハル_プロフィール写真佐原チハル
性に関わるユースワーカーを経てフリーライターに。
ノンセクシュアルでXジェンダー。ハニーと二人三脚で子育てに奮闘中。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)大好きなBL妄想で、日々腐女子力に磨きをかけている。