トップページ > 妊娠活動 > 子供ができないから離婚?不妊で別れを選択するときに考えること

子供ができないから離婚?不妊で別れを選択するときに考えること

子供ができないから離婚?不妊で別れを選択するときに考えること

こんにちは、ライターの凛音です。
昔から子供ができないことが、夫婦の離縁の原因になるのはよくあることですが、現代においてもこの理由は別れの一因になり得ます。

ですが、本当に不妊を理由に離婚という道を選択してしまっていいのでしょうか?
そこで今回は、不妊による離婚を選択する前に考えるべきことについて見てみましょう。

関心度に温度差があると離婚を選びやすい

不妊治療や妊活を始めるにあたり、夫婦で関心度に温度差がある場合、やはり冷めている方がよりストレスを感じます。
しかもどちらかに不妊原因があれば、プレッシャーと引け目を感じ、どんどん心に余裕がなくなってきます。

しかし、一度始めたらお金も労力もつぎ込んでいますし、パートナーの気持ちを思うと、なかなか止めたいとは言い出せません。
そこから夫婦関係がギクシャクし始め、徐々に心がすれ違うようになり、極論として『離婚』という選択をしてしまうのです。

夫婦において優先度が高いのは子供?夫婦関係?

しかし、もしあなたが不妊を原因として離婚したいと思っているならば、まず一度冷静になりましょう。
別れるのは不妊治療と同じくらい精神的な苦痛を伴う上に、別れてしまってから後悔してもどうにもなりません。
以下の3点についてよく考えてみてください。

1.今のパートナーとの関係性は子供ができれば良好になれるのか
2.今後の夫婦の生活において子供が最重要か
3.他の誰かと結婚しても子供がいない人生でなければいけないのか

離婚を選ぶ前に、「子供」と「夫婦関係」の優先度を考えてみましょう。

不妊以外の部分で、あなたとパートナーの性格的な相性や不満に思う部分がないのであれば、子供がいない人生でも2人は良い夫婦でいられるはず。
もう少し相手との関係に期待を持ってみてもいいかもしれません。

しかし、2人にとって子供が人生最大のテーマであり、「子供ができないこと」が結婚生活において一番の問題なのであれば、妊娠しやすい年齢の間に別れを決断するのは前向きな選択肢である可能性があります。

もともとの夫婦の性格的な相性や関係性が原因で不妊治療がうまくいっていないと、今後子供ができてもまた離婚問題が勃発する可能性が。
離婚原因の根本が本当に不妊や子供の問題なのか、よく考えてから夫婦の方向性を選択したいですね。

関連記事:妊活・不妊治療離婚を防ぐ「観念」の話
40歳を超えてもできる?不妊治療のリミットとは
絶対子供は必要?産まない選択をしても人生は輝ける!
男性の本音に迫る! 本当は不妊治療についてどう思ってる?

ライタープロフィール

凜音凛音(りんね)
セクシャルコラムニスト
セクシャルコスメショップでの経験から、大人の恋愛やセックスに関するコラムを執筆。
フリーペーパー「Bex」にて女子力アップコラム連載中(名古屋限定)。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)鏡の前で自然な笑顔作りの研究