トップページ > 妊娠活動 > 妊娠してから困らないための「病院選び」のポイントとは?

妊娠してから困らないための「病院選び」のポイントとは?

妊娠してから困らないための「病院選び」のポイントとは?

「子どもを出産する病院を選ぶのは、妊娠がわかってから」……そんな風にイメージしている方も多いかと思います。
もちろん、出産方法にこだわりがないようであれば、それでも大丈夫でしょう。

けれどもし「こういう産み方ができたらいいな」という理想があるのであれば、病院探しは、妊娠がわかる前から行っていた方がよいかもしれません。

1、病院を探すのは、実は簡単ではありません

もし出産することになったら「あの先輩が生んだ病院にしようかな」「自分が生まれた病院で産めたらいいな」など、漠然と考えている人もいるかもしれません。けれど、その病院で本当に産める保証はありません。

大きな理由として、出産を扱っている病院が減っている、という問題があります。
自分の生まれた産院がまだ存在していたとしても、検診を行ってくれるだけの場所になっている可能性もあります。

また、出産病院は基本的に「試し」をすることができません。「A・B・C病院を経験してみたけど、中ではB病院が一番よかったかな」というような決め方をするのが困難ですから、実体験で見極めることが難しいです。

何より、病院を決めるべき妊娠期間中は、つわりなどで体調が悪かったり、職場でも環境を変えなければならない必要があったりと、落ち着いている暇を探すのが難しいことも多いものです。
自分が出産したい病院は、妊娠前からある程度の目星をつけておいた方がよいでしょう。

2、「里帰りするかどうか」もふまえ、出産する自治体を決めよう

「里帰りするかどうか」もふまえ、出産する自治体を決めよう

妊婦検診は、検査費用などがかかってしまうことも少なくありませんが、基本的には無料で受けられることになっています。
しかし、無料で受けるためのクーポンなどは、基本的に「自治体内にある病院でのみ有効」なものです。

もし里帰り出産をする場合、「実家も同じ自治体にある」「自分の自治体内の病院で検診・出産してから里帰りする」ならば問題はありません。
しかし「実家が別の自治体にあって、実家近くの病院で検診も出産も行う」ような場合は、基本的に窓口では、全額自費で支払いをする必要があります。
申請すれば後からお金が“返ってくる”こともありますが、全額でない場合や、ほとんど返ってこないような場合もあるようです。

3、無痛は希望する?

日本では、現在でも「自然分娩」が人気です。
しかし、出産の多くが「無痛分娩」で行われるような国もあり、日本でも無痛分娩は、少しずつ珍しくない出産方法になってきました。

無痛分娩を希望する女性が増えてきた一方で、実施可能な病院は、残念ながらまだあまり多くはありません。
「県内に1箇所しかない」というような場合もあるでしょう。

「日本産科麻酔学会」のホームページなどで一覧を検索することができますので(http://www.jsoap.com/painless_enfa.html)、こちらも事前に調べておくのがよいでしょう。

妊娠してから焦ってしまうことのないよう、様々な可能性を考え、事前調査などすすめておきましょうね。

関連記事:不妊治療の「病院選びのコツ」を知りたい!
行きつけの産婦人科、婦人科をつくる、選び方
いまさら聞けない妊活の基本 – 婦人科・産科病院や不妊クリニックはどう使い分ける?
あ、痛い!「その時」何科を受診すればいいの?

ライタープロフィール

佐原チハル_プロフィール写真佐原チハル
性に関わるユースワーカーを経てフリーライターに。
ノンセクシュアルでXジェンダー。ハニーと二人三脚で子育てに奮闘中。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)大好きなBL妄想で、日々腐女子力に磨きをかけている。