トップページ > 妊娠活動 > 甘え上手になれば、恋愛も妊活もうまくいく!

甘え上手になれば、恋愛も妊活もうまくいく!

不妊治療をサポートする民間の医療保険とは?

それなりに長く生きてきて、いままで色んなタイプの女性を見てきましたが、要所要所で男性に上手に甘えられる女性はやっぱり一番モテるし、末長く愛される傾向にあるようです。

同性が憧れるような女性、例えば才色兼備の外資系キャリアウーマンのような女性は、大多数の男性からはむしろ敬遠されがちで、それとは正反対の、上目遣いで媚を売るような甘えん坊タイプで、どちらかというと同性に嫌われる系の女性の方が、その事実をたとえ認めたくなくても、確実に男性ウケはいいのです。

それというのも、男性心理には父子本能としての保護要求があるので、自分より弱い存在を無条件に守りたくなるように脳の仕組みができているからです。
女性の可愛らしい態度やしぐさ、言動に触れることで、守ってあげたいモードに切り替わり、ブランド品を貢いだり、誠心誠意尽くしたりといったサービス精神でいっぱいになり、そういった諸々の行為によって、その女性への愛情をどんどん深めていくことにつながるのです。

色々と女性に尽くしてあげる過程で、その女性には尽くすだけの価値があると男性脳が錯覚することもあり、女性への執着心が増していくということもあります。

男性としては、何でも自分一人でうまくこなしてしまう女性に対して、理性として好意的に感じることはあっても、色々と自分を頼ってくれる、一人では何もできないような女性の存在に対しては、本能的に無条件で好ましく思ってしまいます。
本能が理性に勝る結果、自分を必要としてくれる方の女性に、軍配が上がることになるのです。

何でも一人で片付けられることは優れた資質ではありますが、男女間の事となると事情はまったく逆で、そういう女性とつきあっている男性の満足度は低めになってしまいます。
女性としては、もっと男性を頼って、自分のために色々と物事をしてもらうことが、男性に大きな喜びを与えることになり、その状態が続く限りは恋愛がうまくいくのです。

甘え上手になれば、恋愛も妊活もうまくいく!

本来なら、身も心も尽くしたくなるほどに愛せる男性と巡り会えることができれば、その人を尊敬し憧れる気持ちから、自然体で甘えられるはずなんです。
でも、大抵の女性は、そんな運命を感じられるような男性と一世一代の恋愛ができるわけではないので、少々不満はあっても、それなりに好意を持てる男性で妥協して、折り合いを付けながら恋愛をしますよね。

そんな時には、二人の関係をよりスムーズにするために、意図的に甘えてみるという手段は、かなり強力で見返りも大きいと思われるのです。
例えば、結婚して妊活中の女性の場合、独身時代のドキドキもなくなり、夫婦の関係において異性を感じる度合いが薄れていることでしょう。

でも、めでたく赤ちゃんを授かるためには、夜の営みも含めた夫婦生活がうまくいっていることが大前提なわけで、そんな時に、夫の前でかわいらしい女性をうまく演出し、愛情を深めてもらって、自然な流れで子作りに励むことって、すごく重要なことだと思うんですよね。

妊活に必死になっている女性を見ていると、絶対にセックスしないといけない日を設けて夫に早めの帰宅を強制したり、精子が増えるといわれる食材を夫に食べさせたりなど、受胎するための行動に必死になりすぎていて、二人の愛情を深めるという根本が見落とされていると感じることが多々あります。

子供を授かりたいなら、まず、夫に甘えることから始めてみましょう。
夫婦仲も深まる上、無理なく自然に赤ちゃんも授かる、というダブルに嬉しい効果が期待できるかもしれませんよ。

甘えると言っても、どうやって甘えたらいいか分からないという人は、まずは、誰でも簡単にできるような頼みごとをしてみることから始めてみるといいでしょう。
重い荷物を運んでもらったり、瓶の蓋を開けてもらったりなど、些細なこと良いのです。
そんな小さなことでも、頼られる安心感や信頼感を男性側に感じさせる効果があるので、二人の絆をいっそう深めることになるはずです。

男性に何かしてもらった場合には、お礼を言い、褒めることも忘れずに。
男性は、立てられたり褒められたりすると、有頂天になっていい気分になります。
そのような良い気分でいつもいさせてくれる女性へは、どんどん愛情を深めていくのが男性の性質なのです。
それを利用しない手はありませんよね。

女性の中には、「媚を売ってまで男性に好かれたくない」とか、「甘えるのは自分の価値を落としているようで嫌だ」なんていう意見もあって、独立心旺盛で勝気な性格の女性は特に、甘えられない人が多いようです。
尊敬も憧憬の念も持てない男性に対して、自分の意思を曲げてまで甘える意味が本当にあるのかと自問自答したり、甘えられない自分に悩んだりすることもあるでしょう。

でも、いくつか恋愛を経験し、甘えることで男性の愛情が深まることを実感していけば、そのような尖った部分が徐々に丸くなっていけるのではないでしょうか。
また、年齢を重ねるにつれて、段々と自我が薄れていき、人間的に成長すれば、好きな男性にはちゃんと甘えられるようになるということもあるのかなと思います。

甘えたい心理は皆が持っているもので、甘えたいのに甘えられない状態は、とても歯がゆくもったいないことです。
甘えを素直に表現することができれば、自分も幸せになり、相手も幸せにすることができるのですから、勇気を持って自分の中のくだらないバリアを突き破り、少しずつ日常の小さなことから男性に甘えてみるといいでしょう。

関連記事:セックスも恋愛もハッピー!心地良い存在になる8つのこと
妊活中のセックスを夫婦で楽しむ方法
恋愛関係を今よりもっと熱くする5つの簡単な方法
30歳からの恋愛が与える精神的な健康3つ

ライタープロフィール

TOMO
長く海外生活を経験し、国際情勢に精通。美食&美酒、ファッション、旅をこよなく愛する。
現在は東京在住。翻訳家&ライターとしても活躍中。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)
知的好奇心を持ち続けて日々を生きること。