トップページ > 妊娠活動 > 【女性と栄養の話】タウリンは妊活男女に欠かせない成分です

【女性と栄養の話】タウリンは妊活男女に欠かせない成分です

【女性と栄養の話】タウリンは妊活男女に欠かせない成分です

妊活とは妊娠のための活動、つまり、妊娠の準備行動のことですが、この取り組みには栄養成分への知識が欠かせません。
今回は栄養系の健康食品で有名な「タウリン」について考えてみましょう。

タウリンには細胞を正常な状態に保つ作用(ホメオスタシス)があると言われていますが、具体的にはどのような働きをするのでしょうか。
また、妊活に際してはどのような意義をもつのでしょうか。

タウリンの基本

タウリンは、化合物としては「2-アミノエタンスルホン酸」という名称です。
通常は「2-」を略して「アミノエタンスルホン酸」と呼ばれます。
水溶性物質で加熱に強く、摂氏300度程度まで耐えるため、食品の調理過程で分解されにくい成分です。

人体の構成要素でもあり、体重1㎏あたり約1gの割合で存在しています。
その作用は肝臓の働きを促す消化機構の補助、肝細胞の再生促進、細胞膜の安定化、神経伝達補助、活性酸素、過酸化水素の放出を抑制して白血球の働きを助ける役割などです。
体感としては疲労回復効果を得られるでしょう。

コレステロール値を下げる

妊活に際してタウリンにどのような効果を期待できる?

妊活に取り組んでいる女性の場合、タウリンの効果のひとつである、ミトコンドリアを増やす機能に注目が集まります。
ミトコンドリアは細胞の活力そのものであり、体細胞内のミトコンドリアが増えればそれだけ細胞年齢が若返ったことになるのです。

この効果は卵巣内部にもおよび、卵子の品質を高めてくれると言われています。
妊娠しやすい卵子を作ると共にブドウ糖と脂肪のエネルギー変換効率が上がって身体の活力が増し、妊娠のための体力向上にも期待できるはずです。

また、この作用機序は男性にも有効だと考えられており、妊活に挑む夫婦が一緒にタウリンを摂取することでより一層妊娠確率を高められるかもしれません。
男性の場合はタウリンの摂取によって、精子の品質を向上させられると期待されています。

現代日本において男性の10人に1人が精子に異常を抱えているというデータもあります。
つまり、日本の不妊原因のおよそ50%は男性にあると考えられるのです。

男性不妊の原因として最たるものが精子の異常で、精子の奇形が通常よりも多いタイプ、精子の活動率が低いタイプ、精子そのものの数が少ないタイプなどが異常とされます。
精子の生産そのものが行われない男性の場合はタウリンへの期待は低いかもしれません。しかし、奇形率が高い、あるいは活動率が低いタイプの場合はタウリンのホメオスタシスが妊活のサポートになると思われます。

健康な心身を形成することが最も重要な妊活では複合的な栄養確保が必要ですので、食事を補う意味でのサプリメントの活用をおすすめします。
信頼できる製品を選んで、妊活の負担を少しでも軽くして下さい。
どれを選べばいいのか困った時には、医師や薬剤師に相談するといいでしょう。
盲点だった部分を指摘してくれるはずです。

関連記事:タウリンの基本情報【1】~タウリンの作用について
タウリンの基本情報【2】~なぜタウリンが必要なのか
タウリンを含む食品とおすすめの調理法
タウリンは妊娠してから禁忌になるの?ならないの?

ライタープロフィール

円谷円谷ミナミ
基本的に斜めの姿勢で世の中を見つめるフリーライター。
性的思考はボーダーレス。ただし多少女性に甘い。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)(沈思黙考・無言実行)
”秘すれば華”を人生を通して実現する方法を模索している。
乙女の窓辺~女性にまつわる、うわさの検証~の四コマ連載中