トップページ > 妊娠活動 > 不妊治療と仕事の両立をどう乗り越える?

不妊治療と仕事の両立をどう乗り越える?

不妊治療と仕事の両立をどう乗り越える?

こんにちは、ライターの凛音です。
不妊治療は体力以外に、時間的な負担が大きいもの。
仕事をしている女性にとって、両立にかなり苦労をされている方も少なくないでしょう。

不妊治療と仕事はどうバランスを取っていけばよいのでしょうか。
そこで、今回は不妊治療と仕事を上手に両立する方法についてご紹介します。

不妊治療を始めたら医師と上司に協力を求めよう

不妊治療を始めると、排卵前など時期を指定した検査を行うことがあるので、どうしても出勤日に通院する必要が出てきます。

そのたびに休みを取らなければならず仕事に支障が。逆に仕事の都合で休めずに検査を延期し、治療に支障が出る場合も。
どちらにしても仕事をしているとスムーズに治療が進まないケースが多いのです。

しかし、不妊治療はお金もかかりますので、簡単に仕事を辞めるという選択もできません。
両立でストレスを抱えても治療に差しさわりますので、どうにか上手に両立していく必要があるのです。

そこで、不妊治療を始めることになったら、医師と上司に都合を伝えておきましょう。

医師

治療を始めると、医師から「次は○月○日に来てください」とピンポイントで通院日を指定されることが多いです。

しかし毎回仕事の調整も難しいので、ホルモンの状態に関係ない治療の場合は、なるべく土日にしてもらうよう、始めに医師に告げておきましょう。

もしそれに対して医師が嫌がるようであれば、土日対応している病院に転院することも選択肢の一つです。
長く通う病院との相性は不妊治療の成功に大きくかかわりますので、病院選びは惜しまずに尽力することをオススメします。

上司

不妊治療については他人に言いにくいですが、上司に治療の話と、平日に休みを取ることが増える可能性があることを早めに伝えておくと、休むことに対して罪悪感が減り、少し気持ちが楽になります。
仕事の量を考慮してくれるということも期待できますし、普段から体を気遣ってくれる場合もあるでしょう。

ただし、まだまだ日本の会社では、理解の少ない上司や職場が多いのも事実。
伝え方によっては、逆に不信感を与えてしまうこともありますので、相談するかしないかは、自分のストレスが少ない方を選んで対応しましょう。

もし会社の理解が全くない、または休みが取れないほど仕事内容がハードすぎる場合は、不妊治療を優先して、比較的休みがとりやすい派遣社員や契約社員に雇用体系を変えるということも考えてみましょう。

体力的に楽な職場へと転職をしてもよいですが、余計なストレスが増す場合もありますので、治療と仕事の優先順位を考えて、できるだけストレスのない方法で上手に両立できる形を選びたいですね。

関連記事:不妊治療のサポートに使えるツールあれこれ
不妊治療の辛いストレスに…すぐできるメンタルケアとは
【ワークライフバランス】仕事を持つ女性と妊活
「妊活するなら仕事は辞めるべき」って本当?

ライタープロフィール

凜音

凛音(りんね)
セクシャルコラムニスト
セクシャルコスメショップでの経験から、大人の恋愛やセックスに関するコラムを執筆。
フリーペーパー「Bex」にて女子力アップコラム連載中(名古屋限定)。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)鏡の前で自然な笑顔作りの研究