トップページ > 妊娠活動 > 「35歳前には産めない!」時、諦めなくてはいけないの?

「35歳前には産めない!」時、諦めなくてはいけないの?

shutterstock_230098735

産むなら若い方がいい。
35歳以降の出産は“高齢出産”だからいろいろと難しいことが増える。

そもそも妊娠しにくくなる。「そんなこと言われなくてもわかってるよ!」という女性は多いかと思います。
それでも35歳以前の出産は難しい、という現状があります。
いろいろな社会的要因のせいで“卵子の老化”を招いてしまう「社会性不妊」についても、知られることが増えてきました。

どうにかしたくても、個人の努力だけではどうにもならないこの問題。
ではいっそ「高齢出産」を目指すとした場合、それに備えるために知っておくべきことなどはあるでしょうか。

1、「35歳がリミット」と言われている意味を知っておく

厳密には「35歳がリミットというわけではない」ことは、覚えておきたいところです。
実際には35歳で急激に変化が訪れるのではなく、30歳を超えたところから「少しずつ」、そして37〜38歳あたりで「急激な」変化が訪れると言われています。

ただし、当然ですが個人差があるので、一概には言えません。
高齢出産では、出産自体にリスクもありますが、その後の本番……つまり「育児」こそ、体力勝負であることを強く意識しておくことが必要です。
気力、体力、そしてサポート体制は、事前にしっかりとつくっておきましょう。

また子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科系疾患や、卵巣の病気、クラミジアなどにかかっている可能性がある場合は、リミットは「より早い」と考えていた方がよいかもしれません。
このような場合は通常の1年ではなく、半年程度で、不妊検査を受けることを考えてみてもいいですね。

2、いま「卵子の冷凍保存」が注目されている?

卵子の“モト”となる細胞は、女性であればすでに備えられた状態で生まれてくるとされています。
つまり30歳であれば30年、40歳であれば40年前のものである、ということです。これが「卵子の老化」です。
この「卵子の老化によって妊娠しにくくなる」のを防ぐために注目されているのが、冷凍保存の技術です。
技術は今後も進歩していくでしょうが、現在でも、冷凍保存した卵子を用いた妊娠でも母体・胎児に影響はない、ということがわかっています。

ただし、卵子の冷凍保存には、やはりお金がかかります。
冷凍保存をするにあたって70〜100万円程度、その後は保管料がかかることになります。

そして、いざその卵子で妊娠しようと思えば、また体外受精のための料金がかかってくることになります(30〜50万円程度)。
確実に妊娠できる保証もありません。
卵子の冷凍保存を考えるのであれば、しっかりと貯金をしておくことは必須のようですね。

3、「子どもがいないと幸せになれない」?

知識をつけること、気力を養い体力をつけておくこと、周囲の環境を整えておくこと、貯金をしておくこと……。
できる準備はたくさんあります。

けれど、35歳までに産まない・産めない、という時にすべきことは「高齢出産に備えること」だけではありません。
「産まないでいた時の展望を抱いてみる」というのもまた、しておきたいことのひとつです。

「子どもを持つこと」は、しあわせの必須条件ではありません。
子どもがいなければしあわせになれない、なんてことは、絶対にないのです。
そのことだけは、いつも忘れずにいたいですね。

関連記事:パートナーの年齢が高いと、不妊・流産のリスクが上がるって本当?
絶対子供は必要?産まない選択をしても人生は輝ける!
卵子凍結保存:成功率はどのくらい? 年齢リミットは何才?
40歳を超えてもできる?不妊治療のリミットとは

ライタープロフィール

佐原チハル_プロフィール写真

佐原チハル
性に関わるユースワーカーを経てフリーライターに。
ノンセクシュアルでXジェンダー。ハニーと二人三脚で子育てに奮闘中。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)大好きなBL妄想で、日々腐女子力に磨きをかけている。