トップページ > コミュニケ―ション > セックスを楽しむ > 30歳からの恋愛が与える精神的な健康3つ

30歳からの恋愛が与える精神的な健康3つ

30歳からの恋愛が与える精神的な健康3つ

こんにちは、ライターの凛音です。
恋愛感情というのはいくつになってもあるものですが、縁がないと発展しないもの。
ずっと片思いのままで終わってしまったり、いい感じになったのにタイミングが合わずに自然消滅…なんていうこともよくあります。

そのたびに一喜一憂して、「恋愛って面倒くさい!」と思う方も多いのでは?でもだからといって、恋愛を避けていてはもったいない!

そこで今回は、「30歳からの恋愛が与える精神的健康」についてご紹介。
大人の女性にとって、恋愛にはこんなにいいことがあるのです!

大人の恋愛は傷つきやすい

年齢を重ねると、いいことも悪いことも経験します。
自分だけでなく、他人の経験談も情報として入っているため、本能よりも理屈で恋愛を進めがちです。

しかもある程度のプライドも育ってしまうため、認めることを恥ずかしいと思い、素直になれなくなります。
だから若いころよりもちょっとしたことで傷つきやすくなるのです。

大人の恋愛が与える精神的な健康3つ

そんな傷つきやすい大人の恋愛ですが、その心に負った傷が精神的に成長させます
さらにその成長から健康も叶えられるのです。
では大人の恋愛における、精神的健康を3つご紹介します。

1. すべての人間関係が良くなる
恋愛をして相手とコミュニケーションをとっていくと、必ず人間関係の上でいくつかの発見があるはず。特に理屈で恋をしがちな大人の女性なら、より考えながら恋愛を進めるので、学びがあるのです。

例えば、外に出たがらない彼氏に頭ごなしに「つまらないからどこか行こうよ!」と言うとケンカになりますが、「一緒に出掛けたら楽しいよ!○○君と一緒に行きたいな」と言うとまんざらでもない…というような言い方の問題などは、経験してみないとわからないものです。

このように、恋愛をすると良い人間関係を築くための気づきや学びがあるので、日々の人間関係にも必ず役立ちます。
一人でいては経験ができないので、発見も少ないですよね。
大人になればなるほど職場や友人、家族など関係が広くなるので、この学びは一生モノとして大切な経験になります。

2. 内外から若々しく元気でいられる
恋愛をすると、主にフェニルエチルアミン、エストロゲン、オキシトシン、ドーパミンという4つのホルモンが分泌されます。

すると、髪や肌がきれいになり、ドキドキして食欲が落ち、胸にハリがでて、性格も穏やかになるといわれています。
恋愛は内面も外面も女性らしさがアップし、若々しくいられるという、最高の美容効果が得られるのです。

精神的にも満たされて、いつもはつらつとしていられるので、免疫力も上がるそう。
恋愛は衰えを感じ始める30代女子の総合的な健康を作るエッセンスなのです。

3. 心に余裕ができる
30歳になると、同世代の友人のほとんどが既婚者となり、出産ラッシュが始まる頃。恋人がいない状態が長く続くと、結婚どころか恋愛に対する焦りがピークに達します。

特に一人暮らしだと、将来の不安や今後の生き方にもやもやすることが多く、気持ちに余裕がなくなりがちです。

しかし恋愛をしていれば、まずは今の恋愛を無事に過ごすことに集中するため、少し心に余裕ができます。
余裕があると生活にハリができ、仕事も集中できます。

つまり、いい恋愛ができればいい仕事もできるということ。
プライベートの充実として、恋愛はいい活力源になるのです。

いかがでしたか?
女性にとって恋愛はプラスに働くことが多いもの。
いい恋愛であればあるほど、人間として成長できます。

何事も経験が多いと大人としての幅が広がりますので、今恋愛から遠ざかっている方も、この機会にちょっぴり積極的になってみてはいかがでしょうか!?
今までの自分とは違う、新たなステージが開かれるかもしれませんよ。

関連記事

セックスも恋愛もハッピー!心地良い存在になる8つのこと
恥ずかしくて聞けない…30歳で処女って体に悪いの?
30代からの妊娠。女性が仕掛ける「妊娠テロ」とは?
甘え上手になれば、恋愛も妊活もうまくいく!

ライタープロフィール

凜音凛音(りんね)
セクシャルコラムニスト
セクシャルコスメショップでの経験から、大人の恋愛やセックスに関するコラムを執筆。
フリーペーパー「Bex」にて女子力アップコラム連載中(名古屋限定)。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)鏡の前で自然な笑顔作りの研究