トップページ > コミュニケ―ション > セックスレスの原因 > セックスできない生理中だからこそ!パートナーとスキンシップを

セックスできない生理中だからこそ!パートナーとスキンシップを

セックスできない生理中だからこそ!パートナーとスキンシップを

こんにちは、ライターの凛音です。
生理中は面倒なことが多くてブルーな時期。セックスもできないから、パートナーとの過ごし方も盛り上がりにかけるように感じますよね。
そんなときは、ちょっとしたスキンシップを増やして仲を深めていきましょう。

そこで今回は、「生理中のパートナーとのスキンシップ」についてご紹介。
生理中のパートナーとの愛の深め方をお話ししましょう。

スキンシップにはリラックス効果がある!

生理中はブルーな時期。
後半になって体調が楽になっても、デートではパートナーとセックスができずに、精神的に寂しい思いをするときがありますよね。
そんなときは、スキンシップの機会を増やして、セックスとは違う肌のぬくもりを感じてみましょう。

人間はスキンシップをとることで、オキシトシンというホルモンが分泌。
心拍数が落ち着きリラックスできる効果があるといわれています。
生理中はストレスも多いですし、肌の触れ合いは相手にとっても自分にとってもいいことなのです。

生理中はパートナーに触れる回数を増やして

セックスは肌に触れ合う時間が長いですし、究極のスキンシップではありますが、恋人との触れ合いによる愛情表現はセックスでなくても十分効果を発揮します。
ポイントは小さなスキンシップの回数を増やすこと。
セックスのできない生理中は、触れる回数を増やすことで、効果的なスキンシップをとることができるのです。
以下にいくつか例を紹介しましょう。

1. 挨拶しながら肌に触れる
「おはよう」「おやすみ」などの日常的な挨拶の中でさりげなく触れてみましょう。
肩や腰、ノリのよいパートナーならいたずらっぽくお尻などを触ってもいいかも。
それだけで2人に笑顔を呼び込みます。

2. 2人でいるときはどこかに触れておく
いつもべったりくっついていると、さすがにお互い疲れてしまいますが、足先や肩だけがそっと触れ合っている状態であれば、あまり気になりませんよね。
例えば家でテレビを見ているときに、パートナーの足に自分の足を付けてみたり、膝に手をおいてみたり。
小さなスキンシップですが、温かな肌のぬくもりを十分感じられます。

3. 寝る前にハグをする
セックスできない状態でパートナーと一緒にベッドに入るのは、寂しい気持ちになることもあります。
特に男性は、仕方ないと思いつつも、少し残念な気持ちもあるでしょう。
そこで、眠る前にハグをしましょう。
ギュッと抱き合うと、相手の感情とぬくもりが伝わり、幸せな気持ちになれるはず。
リラックスもできるので、そのあともぐっすり眠れますよ。

生理中に彼との旅行が重なってしまったり、デート中に急に生理になってしまったときも、このような発想の転換をすると逆に新鮮になれるもの。
がっかりせず、むしろ2人の愛がもっと深まるチャンスだと思ってぜひスキンシップを増やしてみてくださいね。

関連記事

生理中のセックスはあり?なし?
生理中のセックスと「子宮内膜症」には関連があるって本当?
生理の時に性行為をしてはいけない理由とは?
あなたの常識は間違ってるかも? 「正しい生理」を覚えよう!

ライタープロフィール

凜音凛音(りんね)
セクシャルコラムニスト
セクシャルコスメショップでの経験から、大人の恋愛やセックスに関するコラムを執筆。
フリーペーパー「Bex」にて女子力アップコラム連載中(名古屋限定)。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)鏡の前で自然な笑顔作りの研究